• プレマリン(PREMARIN)0.625mg 1箱28錠 Pfizer社│女性ホルモン(卵胞ホルモン)補助製剤

プレマリン(PREMARIN)0.625mg 1箱28錠 Pfizer社│女性ホルモン(卵胞ホルモン)補助製剤

  • pfizer
  • MI00257
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 1,946 円 1,946 円
商品 x 2 箱 3,615 円 1,807 円
商品 x 7 箱 13,351 円 1,907 円
- OR -

▶プレマリンとは?

プレマリンは 女性に必須のホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)を含んだ薬剤です。
飲むことで女性における様々な身体の調子を整える事ができ、更年期障害もホルモン不足から起きる問題の一つです。

女性は35歳をピークとして「 エストロゲン(卵胞ホルモン)」が著しく低下していくのが一般的です。

このような、 エストロゲンの低下により更年期障害だけでなく、様々な女性特有の不調が発生しがちです。
プレマリンの服用は、女性ホルモンのエストロゲンを補充する事で「女性」パワーの補充が可能です。

商 品 説 明

■商品名

プレマリン 0.625㎎ 1箱28錠

■一般名(有効成分名)

結合型エストロゲン

■効果

有効成分である結合型エストロゲンがホルモンバランスを整え、イライラやめまい、不安、肩こり、頭痛、のぼせや顔のほてりなどの婦人科疾患の症状を改善します。
通常、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、膣炎、機能性出血の治療に使われます。

女性ホルモンの代替として、不妊治療などや更年期障害を和らげるためにも使われています。


■用法・用量

成人は1日1~2錠(0.625㎎~1.25㎎)を服用します。
機能性出血や膣炎の場合は1日1~6錠を症状に合わせて服用します。

■注意事項

禁忌>
(病気や症状に応じた注意事項)
エストロゲン依存性腫瘍
過敏症
血栓性静脈炎
子宮内膜癌
重篤な肝障害
乳癌
脳卒中
肺塞栓症
診断の確定していない異常性器出血
冠動脈性心疾患
動脈性血栓塞栓疾患
未治療の子宮内膜増殖症

慎重投与>
肝障害、子宮内膜症、子宮筋腫、心疾患、腎疾患、てんかん、糖尿病、手術前4週間または長期臥床中、乳がん家族素因がある場合、乳房結節がある、全身性エリテマトーデス、偏頭痛

以上の場合は症状を悪化させる場合があります。
※思春期前の少女にも慎重投与が望ましい。

重要な基本的注意>
外国において、黄体ホルモンとの併用投与を長期的に行った場合、乳がんや脳卒中、冠動脈性心疾患の発症が増加するという報告がありますので、長期服用する場合は定期的に婦人科を受診してください。

併用注意>
イプリフラボン:エストロゲンの作用を増加させる
血糖降下剤:血糖降下剤の効果が減弱し、血糖値が上昇する
副腎皮質ホルモン:薬剤の作用が増強する場合がある

■副作用

重大な副作用(頻度不明)>
血栓症
下肢の疼痛・浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、めまい、四肢麻痺、意識障害、急性視力障害が起こった場合は直ちに服用を中止し、医師に相談してください。

その他の副作用>
電解質代謝:ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加)
生殖器:帯下(おりもの)増加、不正出血、経血量の変化
乳房:乳房痛、乳房緊満感
過敏症:発疹、蕁麻疹、血管浮腫
消化器:腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、膵炎
皮膚:色素沈着、脱毛
精神神経系:頭痛、めまい
肝臓:肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P上昇等)
呼吸器:呼吸困難
循環器:血圧低下

以上の症状がみられた場合は服用を中止し、医師に相談してください。

■商品名(日本市場)

プレマリン0.625㎎(ファイザー)

■メーカー

ファイザー製薬

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

結合型エストロゲン - Wikipedia

「プレマリン」に関する各種文書

結合型エストロゲン製剤-結合型エストロゲン錠

医薬品インタビューフォーム(プレマリン錠0.625mg)

プレマリン錠0.625mg

くすりのしおり(プレマリン錠 0.625mg)


▶更年期障害とは?

プレマリンはエストロゲンを補充する薬剤ですが、女性は閉経となる前後5年、およそ45歳~55歳にあたる女性は卵巣機能が低下し、急激にエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが減少します。エストロゲンが減少とは、女性ホルモンのバランスが崩れとなり様々な体調不良を引き起こします。その内の1つが更年期障害と少々されますが、主な症状として 顔のほてり(ホットフラッシュ)や発汗、のぼせ、めまいなどがあります。
そして、体の症状だけでなく、倦怠感や不眠、不安、抑うつ、記銘力低下など精神的な症状にまで及ぶます。
加齢と共に太りやすい体質になった人もいるかと思いますが、これはエストロゲンの減少は脂質の代謝が落ちるので太りやすい体質へと変化していくためでもあります。
月経は、定期的にきていたものが月に2回になったり、不正出血を起こすなど不規則な状態になり、だんだんと閉経へと移行していきます。また、卵巣がんなどで両方の卵巣を摘出した場合もエストロゲンの分泌が減少し、更年期に似た症状を呈します。女性にとってホルモンバランスは心身共に健康になるために適切に保っていることが理想的です。

▶プレマリンのデメリット

プレマリンが更年期障害に有効ですが、必ずしも良いことばかりではありません。
副作用とまではいいませんが報告されている稀に発生する事象としては、「ちょっとした出血」「乳房のはり」「多少の体重増加」なが言われています。
これらのデメリットはメリットの反映であるとも見て取れます。 乳腺が活発化するのでバストアップ、女性らしい体つきが結果的に体重の増加と見えるのかもしれません。

また、以前、考えられていた子宮がんなどのリスクは無いと証明されていますが、乳ガンにおいては、5年以上プレマリンを継続する場合は乳がんの発生リスクが25%増加すると言われています。
しかしながら、定期的な乳がん検査をしていれば多くを心配する事は無いでしょうし、エストロゲンの低下から招く様々な病気や老化の方が人生においては大きなリスクでは無いでしょうか。

▶プレマリンの通販購入

更年期障害と診断をされれば確実に保険適用により出費を抑えた治療が可能です。しかしながら、ネット通販でのプレマリンの購入すれば通院の時間や交通費、病院での待ち時間などコストが発生は発生しないで済みます。もちろん定期健康診断を受けていれば問題ありませんが、プレマリンの長期利用は乳ガン検査を毎年行うべきです。病院でもネット通販でプレマリンを使用していると話をすれば問題ございません。プレマリンで女性ホルモン補充は多くの女性特有の問題が改善され、女性らしい体つきも取り戻せる可能性が有りますので、病院と通販プレマリンをうまく組み合わせてご利用頂きたいです。





口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 女性ホルモン