• デパケンジェネリック [バルパリン] Valparin 500mg 1箱100錠 サノフィ社│てんかんおよび双極性障害

デパケンジェネリック [バルパリン] Valparin 500mg 1箱100錠 サノフィ社│てんかんおよび双極性障害

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,398 円 3,398 円
- OR -

▶バルパリン500mgとは?

バルパリン500mgはデパケンのジェネリックで有効成分(バルプロ酸ナトリウム)が500mg配合されています。
「抗てんかん」薬で脳の興奮や発作、痙攣、躁うつ病、片頭痛などを抑える「バルプロ酸ナトリウム」が500mg配合されています。
また、バルパリンは「予防」としての効果もありますので、症状が出る前に定期的に服用する事で発症及び発症時の症状の軽減も期待できます。

バルパリンの先発薬デパケンは国内では最も普及しています。

商 品 説 明

■商品名

デパケンジェネリック [バルパリン] Valparin 500mg 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

バルプロ酸ナトリウム

■効果

・各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)およびてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療

・躁うつ病の躁状態の治療

・片頭痛発作の発症抑制

■用法・用量

・各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)及びてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療
・躁病及び躁うつ病の躁状態の治療

通常、1日量バルプロ酸ナトリウムとして400~1200mgを1日2~3回に分けて経口投与します。ただし、年齢や症状に応じて適宜増減してください。

・片頭痛発作の発症抑制

通常、1日量バルプロ酸ナトリウムとして400~800mg(500mg錠0.8~1.6錠)を1日2~3回に分けて経口投与します。
なお、年齢や症状に応じ適宜増減するが、1日量として1,000mg(500mg錠2錠)を超えてはいけません。

■注意事項

重篤な肝障害を持つ患者は使用できません。
肝障害が強くあらわれ致死的になる場合があります。

本剤を投与中はカルバペネム系抗生物質(パニペネム・ベタミプロン、メロペネム水和物、イミペネム水和物・シラスタチンナトリウム、ビアペネム、ドリペネム水和物、テビペネム ピボキシル)を併用することは出来ません。

尿素サイクル異常症の患者は使用することが出来ません。
重篤な高アンモニア血症があらわれる場合があります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人は原則使用できません。特に必要とする場合は慎重に投与してください。

取扱い上の注意として、 誤用を避けるため,他の容器に移しかえて保存したり、小児の手の届くところに保管しないようにしてください。使用する際は医師に相談してください。

■副作用

劇症肝炎等の重篤な肝障害、高アンモニア血症を伴う意識障害、溶血性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、重篤な血小板減少、顆粒球減少、急性膵炎、間質性腎炎、ファンコニー症候群、中毒性表皮壊死融解症、過敏症症候群、脳の萎縮、認知症様症状、パーキンソン様症状、横紋筋融解症、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、間質性肺炎、好酸球性肺炎
上記な副作用があらわれる場合があるので、十分に観察をおこない、異常を感じた際は、すみやかに医師の診断を受けてください。

■主成分

Sodium Valproate 500mg

バルプロ酸ナトリウム 500mg

■商品名(日本市場)

デパケン(協和発酵キリン)、バレリン(大日本住友製薬)

■メーカー

Sanofi-Synthelabo Pvt. Ltd.

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

バルプロ酸ナトリウム - Wikipedia


▶バルパリン500mgと「てんかん」の関係

バルパリン500mgは「全般てんかん」の発作の第一選択薬として広く使用され、脳の神経細胞における過剰な興奮を抑制します。
「全般てんかん」は脳に器質的(物質的、物理的に特定できる損壊、障がい)な原因がなく、脳波の異常も脳全体に巻き起こっている状態。
ならびに部分発作および乳児痙攣の第二選択治療として使用されます。てんかん重積症の治療に静脈内投与にも成功しています

バルパリン500mgは気分障害や片頭痛などの改善効果があります。

「てんかん」はてんかん発作を繰り返す(慢性疾患)脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病します。
人は身体を動かし、感覚的に様々な事を感じられるのは脳と体全体に張り巡らされている神経細胞の電気信号が活躍しています。

このように、人の脳と体中のの神経はつながっており、弱い電気信号により情報伝達、指示をしていいます。
ですが、てんかん患者は、この電気信号が急に乱れ、激しい電気的な興奮により痙攣(けいれん)を起こしたり意識を失います。
部分的に体が一部が「ピクピク」としたり、痺れたりと小さな傍からみても「てんかん」と分からないものもあります。

てんかんには以下のように部分発作と全般発作に大部されます。

てんかん発作は部分と全般発作に大別

▶てんかんはストレスが原因ですか?

まず先に、「てんかん」と「てんかん発作」の違いを説明します。
「てんかん発作」は誰にでも起こり得ます。そして、「てんかん」はその「てんかん発作」が慢性的に起こる疾患のことをいいます。

「てんかん発作」は過剰なストレスも誘因の一つに挙げられています。ただし、健康な人がでストレス、鬱病、ノイローゼでも、必ずしも「てんかん」になりやすいと言う事でもありません。何故かと言うと、一般的にストレスというと、精神的なストレスで、例えば人間関係や仕事の悩みなどを想像しがちです。
この場合(てんかん発作の誘因)に関しては、肉体的なストレスのほうが要因になりやすいためです。例えば、慣れない肉体労働や寝不足などです。

「てんかん」とは生まれつきの体質だけでなく、外傷だったり腫瘍だったり、肉体的なストレスが原因でもなり得るということです。
発作が起きる原因はストレスであるとは一概には言えません。
なぜかと言うと、てんかん発作は、実際はリラックスした状態の時に起こりやすいからです。休憩中や入浴中、仕事が一段落ついてホッとした時などです。
理由のもう一つは、「非てんかん性心因性発作」と「てんかん発作」の区別がつきにくく、「てんかん発作」と思われる発作は、本当は「非てんかん性心因発作」である可能性も高いからです。
「非てんかん性心因性発作」は、ヒステリー発作、義痙攣などとも言い、ストレスと大きく関係があります。

てんかんを持つ人の中にもこの「非てんかん性心因性発作」を起こす人が2割ほどいますが、そのたびに区別することは困難です。
さっきの発作はストレスが原因だと思う場合は、てんかん発作ではなく心因性の発作である可能性も考えなくてはいけません。

前出した通り、健康な人がストレス、鬱病、ノイローゼの人は「てんかん」になりやすい訳ではありません。しかし、てんかんの人がストレスをためて鬱病やノイローゼになりやすい可能性はあります。
また、てんかん発作は、脳の器質的異常がなくても起こります。
てんかん発作を慢性的に起こす原因(てんかんになる原因)は、器質的異常が原因だとはっきりわかっている場合も、そうでない場合もあるということです。

現代医学では「てんかん」については、まだ解明されてない事が多くあります。

口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: てんかん