タダラフィル

タダラフィルの目次

1.タダラフィルについて
2.タダラフィルの特徴
3.タダラフィルが利用できない人
4.タダラフィルの入手先
5.タダラフィルのどように服用するか
6.タダラフィルは飲み過ぎたらどうなりますか?
7.タダラフィルの副作用
8.他の薬に関する注意
9.よくある質問

1.タダラフィルについて

タダラフィルは、ED(勃起不全)及び前立腺肥大症(良性前立腺肥大症)、肺高血圧症(肺への血管の血圧の問題)の治療に使用される薬です。
前立腺肥大症は高齢になると高確率で発生しますが、症状としては排尿障害程度で緊急的な治療は必要もない場合が多いようです。
ED対策としてタダラフィルを服用をしていたら実は前立腺肥大症の予防にもなるようです。

医師から説明を受けずにご自身でタダラフィルの情報を調べている人の大半はED(勃起不全)関係となるでしょう。
ED症状の原因としては加齢や心理的なトラウマなど様々な理由で勃起に支障がでる状態ですがタダラフィルには、このED状態を改善する効能があり、ED勃起不全の原因となる物質の分泌の抑制、陰茎への血流を増加させます。
タダラフィルの服用だけではED(勃起不全)は完治効果はないようですが、服用時の一時的ではありますがED患者の3分の2には効果があるとの統計データが示しています。

多くの場合のEDの症状は年齢と共に症状が強くなっていくのは、ED患者の体では勃起活動を阻害する物質が分泌されやすい状態となっています。
タダラフィルはこの物質の活動を抑制する働きがあるので、服用し効果が継続している間は勃起がしやすい本来の状態になります。

*この物質は本来は自然に分泌され性行為後には男性器が小さく収縮するように助けてくれる物質です。何かの症状で勃起が何時間も止まらない状態が起きれば男性器が損壊する恐れもあります。

2.タダラフィルの特徴

タダラフィルの服用からED(勃起不全)へ効果が出るには約60分かかるとされていますが、個人差がみられるようで効果が出るまで2~3時間という場合もあるようです。
他のED治療薬はでは食事の影響(胃の中に食べ物があると)を受けて効果が出ない場合がありますが、このタダラフィルは食事をしても殆ど影響が出ないとされています。
服用から効果の持続時間は約36時間ですが、タダラフィルは服用だけでは勃起は起こらなく、服用後に性的に興奮や刺激で初めて勃起が開始します。

タダラフィルで最もうれしい特徴としては、副作用が起きにくいとされています。
ですが、起きにくくはありますが副作用の症例としては、「頭痛、腰痛、筋肉痛、腕や脚の痛み、顔面紅潮、鼻づまり、消化不良」等が報告されています。

硝酸系のお薬(しょうさん:狭心症などの胸痛へ投与される)を服用されている場合はタダラフィルとの服用は危険です。
形容服用は急な血圧の低下を引き起こす可能性があります危険ですので、現在服用中のお薬との併用については、医師または薬剤師に相談してください。

タダラフィルは、シアリス(勃起不全の場合)とアドサーカ(肺動脈性肺高血圧症)のブランド名でイーライリリー・アンド・カンパニー製薬から先発薬として発売されています。
2016年に当タダラフィルの製薬特許は満了しており、他メーカーよりジェネリックが販売を開始されています。

3.タダラフィルが利用できない人

勃起不全のタダラフィル(シアリス)は、18歳以上の男性が服用できます。

女性や子供向けではありませんので、特に女性が個人輸入(通販)購入する場合は、女性名義でお受け取りになると税関で受け取り拒否される可能性があります。

男性パトナーのために女性が代わりにタダラフィル製品を購入する場合は、実際に利用される人(男性)を宛先にするようにしてください。

ちなみに、女性や子供でもタダラフィル製品は、肺動脈性肺高血圧症(アドサーカ)の治療薬として、成人(男女)と1歳以上の子供でも購入ができます。

次の場合はタダラフィルを服用しないでください。

・過去にタダラフィル(シアリス)や他の薬に対でアレルギー反応を起こしたとがある。

・胸痛のために硝酸塩と呼ばれる薬を服用している。

・深刻な心臓または肝臓の問題がある。

・最近、脳卒中または心臓発作を起こしたことがある。

・制御が難しい低血圧、高血圧を持っている。

・目の血流の減少により視力に異常があった事がある。

次のような場合は、タダラフィルを服用する前に医師に確認してください。

・鎌状赤血球貧血症(赤血球の異常)、白血病(血液細胞の癌)または多発性骨髄腫(骨髄癌)を有する。

・陰茎の変形やペロニー病(陰茎硬化症)を有する。

・肝臓や腎臓に問題がある。

・心臓に疾患を有する。性行為に心臓が耐えられるか医師に相談が必要です。

4.タダラフィルの入手先

病院処方:勃起不全、両性の残率線肥大症の症状をお持ちでしたら病院でタダラフィルの処方が可能です。
しかしながら、勃起不全に対する処方は保険適用ができないため高額医療となります。

薬局入手:処方箋があれば購入が可能ですが、マツキヨやAmazon等での入手は出来ません。

ネット通販:海外通販(個人輸入として)ならば可能です。日本では個人利用が目的であれば処方箋、税金等が不要で購入が可能です。
タダラフィルは安全なED(勃起不全)の治療薬ですが、特にお体に不安があるようでしたらネット通販前に医師の診断を受ける事をお勧めします。

5.タダラフィルのどように服用するか

タダラフィルは医薬品ですので用法用量を守って服用してください。ED(勃起不全)の症状に応じて最大20mg/日まで利用が可能です。

軽度なED(勃起不全)ならば2.5mgからの利用も可能です。
*日本国内では錠剤タイプは最大20mgとなっています。

タダラフィルは分割で錠剤の形状が壊れ服用をしても効果には影響しませんので、ご自身の症状に応じてカットして減薬できます。

前立腺肥大症においてタダラフィルは2.5mg又は5mgです。通常成人の場合は5mgを1日1回の服用をします。

肺高血圧症の場合は40mgを1日1回服用します。
*腎臓、肝臓に問題がある場合は10mgまで減らす事も可能です。

6.タダラフィルは飲み過ぎたらどうなりますか?

タダラフィルは20㎎/日が既定の最大量と考えられていますが、タダラフィルを超過して飲みすぎますと、以下のような不快な副作用が発生する可能性があります。

・頭痛

めまい

消化不良

鼻詰まり

視力の異常

タダラフィルを超過して服用量し、副作用がでても通常は薬効が切れれば副作用も治まりますが、心配な場合は医師に相談してください。

7.タダラフィルの副作用

すべての薬と同様にお薬には必ず副作用の明記がされています。
タダラフィルは一部の人々に副作用を引き起こす可能性があります。多くの人は副作用がないか軽微なものしかありません。

一般的な副作用

一般的な副作用は100人に1人以上で発生します。

これらの副作用がでても、薬を継続使用が可能ですが、これらの副作用が気になるか、継続する場合は医師または薬剤師にご相談下さい。

・頭痛

気分が悪い(吐き気)

顔面紅潮を含むほてり

消化不良

鼻詰まり

・筋肉痛

深刻な副作用

 深刻な副作用はまれであり、1,000人に1人未満で発生します。

次のような症状が出たらすぐに医師に連絡してください。

・胸の痛み
 性行為中又は行為後に発生した場合は、半座位(ベット上で上半身を45度程度上げた状態)でリラックスしてみてください。

・痛みを伴う勃起
 勃起が痛みを伴う状態が4時間以上続く場合は、すぐに医師に相談してください。

・視力や聴覚に突然異常を感じた。

・深刻な皮膚反応
 症状には、発疹やじんましん等の赤い斑点、顔や眼の周りの腫れなど。

・発作

・重篤なアレルギー反応
 稀に、タダラフィルに対して深刻なアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こす可能性があります。

妊娠と母乳育児

タダラフィルは妊娠中や授乳中はお勧めできません。

8.他の薬に関する注意

いくつかの薬はタダラフィルと併用ができません。

タダラフィルを利用を開始する前に、以下の薬を服用している場合は医師に相談してください。

・狭心症などの胸痛のための硝酸塩

・肺高血圧症のためのリオシグアト

タダラフィルとハーブ療法およびサプリメントとの併用は、タダラフィルの効果を阻害し、副作用を引き起こす可能性のある成分が含まれている場合がありますので、よく確認、調べてからご利用下さい。

9.よくある質問

▶タダラフィルはどのように機能しますか?

タダラフィルは、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害剤と呼ばれる薬のグループに属しています。 性的な興奮や刺激により一時的に陰茎への血流を増やすことによってED(勃起不全)の症状が有る場合は機能します。
また、胸部の血管を弛緩させる効能で、肺高血圧症で機能します。 これにより、肺への血液供給が増加し、心臓の負担が軽減されます。

▶タダラフィルの効果がありません。

タダラフィルは心理的なストレスや外科手術、糖尿病等が原因でなければ、利用者の3分の2の人には統計データとして効果がある事が分かっています。
何かしらトラウマによる重度なストレスを受けていたり、別の疾病が影響してなければ確実にED(勃起不全)へ効果があります。
また、効果が感じられない人の中では服用法に誤りがある場合があります。
タダラフィルは胃の中に食べ物や牛乳などの乳製品で服用すると、十分に効果が得られなくなります。
あとは効果持続時間が4~5時となっていますので、服用してから時間が経ちすぎると次第に効果が弱くなりますので、性行為のタイミングに合わせて服用が必要です。

▶服用のタイミングを教えてください。

タダラフィルは服用から通常30~60分以内に性的な興奮や刺激で勃起を得る事が出来ます。
勃起が必要なタイミングで服用をして下さい。
約36時間の効果持続時間でウィークエンドピルとも呼ばれ、週末を通して効果を実感できます。
お薬との相性が悪かった場合は副作用の継続も長いため、初めて利用される人は少量から利用ください。
これは、血液中のタダラフィルは24時間程度が完全に排泄されるので、それまで微弱な効果が継続する場合もあるようです。

▶毎日飲んでも大丈夫でしょうか?

タダラフィルは制限は1日20mgとなっています。これは1回ではなく1日の許容量ですので、これ以上の服用をしないでください。
しかしながらタダラフィルの効果持続時間36時間と長いため、毎日服用が本当に問題がないかはの証明は得られてないので、36時間以降での服用をお勧めします。
前立腺肥大症や肺高血圧症の場合は1日の服用成分量が少ないため、適用量の範囲内であれば毎日の服用でも問題はありません。

▶勃起不全の治療薬は他にどんなのがありますか?

日本で承認されているお薬は以下の3種類です。どちらも「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害剤」と呼ばれるタイプで薬効は同じです。
シルデナフィル(バイアグラ)-効果持続時間が約5時間
・バルデナフィル(レビトラ)-効果持続時間が約4時間
特にタダラフィルは効果持続時間が長いのですが、タダラフィルと比べると効果の強さ(硬さ)が異なるようです。
また、ホルモンの問題での勃起不全の場合において、タダラフィルなどでは効果がない場合がありますが、アルプロスタジルという男性器へ直接注射するようなタイプもあります。

▶タダラフィルは女性も使用がでますか?

肺高血圧症の治療にはタダラフィルの使用はできます。
ですが、性的な問題に対しては男性同様に女性器への血流が改善されるようですが催淫剤や媚薬のような効能は確認されていません。

▶アルコールでの服用は大丈夫ですか?

少量のアルコールならば問題はないとされています。しかし、アルコールへの適用量の個人差がありますので、どの程度のアルコールの服用が可能かは明確にはされていません。