• パリエット  (Pariet) 20mg 28錠/箱 │先発薬-消化性潰瘍治療薬です。

パリエット (Pariet) 20mg 28錠/箱 │先発薬-消化性潰瘍治療薬です。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 1,924 円 1,924 円
- OR -

▶パリエット20mgとは?

パリエット20mgは胃酸分泌を抑制する効果があり、胃酸による食道炎などの症状を改善致します。

先発薬ですのが病院処方での呼び名と異なりますが「ラベプラゾールナトリウム 錠」と同じ製品です。

胃酸分泌を抑制することで、過度の胃酸が胃壁に 潰瘍かいよう を形成することを防ぎ、逆流性食道炎からおこる痛みや胸やけを和らげる効果があります。

商 品 説 明

■商品名

パリエット20mg 1箱28錠

■一般名(有効成分名)

ラベプラゾールナトリウム

■効果

胃の壁細胞にはプロトンポンプと呼ばれる機構があり、胃酸の分泌に重要な役割を果たしています。パリエットはこのプロトンポンプの働きを強力に阻害することで、胃酸分泌を抑制し、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍などを治療します。

■用法・用量

成人の方は、20mgを1日1回服用します。服用するタイミングは食前でも食後でも構いません。服用する時間帯には特に制限はありませんが、毎日同じ時間に服用すると安定した効果を得ることができます。

■注意事項

  • アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を服用中の方はパリエットを服用することができません。
  • 他に治療中のご病気がある方、服用中の薬がある方はパリエットを服用できない場合があるので、必ず事前に医師に相談するようにしてください。
  • 高齢の方、小児の方、妊娠中の方、授乳中の方は服用前に医師に相談するようにしてください。
  • 肝障害のある方は服用前に医師に相談するようにしてください。

■副作用

パリエットは安全性が高く、副作用の少ない薬とされていますが、下痢、腹痛、便秘、肝機能検査値異常、味覚異常などが生じる可能性があります。服用後に異常が見られた場合は、すぐに服用を中止して医師に相談してください。

■主成分

ラベプラゾールナトリウム

■商品名(日本市場)

パリエット錠5mg/パリエット錠10mg/パリエット錠20mg

■メーカー

Johnson & Johnson

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ラベプラゾール - Wikipedia

医療用医薬品 : ラベプラゾールナトリウム


▶パリエット20mgによる逆流性食道炎の治療

パリエットによる逆流性食道炎のしくみと治療

パリエット20mgはプロトンポンプ阻害剤(PPI)と呼ばれるタイプの 制酸薬せいさんやく (胃酸を中和)で、非常に強力な胃酸分泌の抑制作用があります。
つまりパリエットの服用で胃酸を少なくできます。胃酸が逆流する事で起きる逆流性食道炎の大きな原因に胃酸の過剰分泌があります。
胃酸の過剰による食道への逆流で、胸焼け、ゲップ、食道の詰まり感、食道が痛いなどの症状が起こります。
逆流性食道炎は症状が重いと外科手術が必要な事な事もありますが、軽症であればパリエット20mgのような内服薬で胃酸の分泌を抑えられ症状の改善が期待できます。

▶逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは胃酸や食物などが胃から食道に向かって逆流することで、食道が胃液や胃酸によって傷つけられる病気のことで、胸やけ、胸痛、げっぷ、食道の詰まり感、食道が痛い、などの症状を伴います。逆流性食道炎は、食道潰瘍、悪性リンパ腫、食道静脈瘤などと共に、食道に起こる疾患として知られています。

食事(特に暴食や夜食)の後に胸やけやもたれを感じたり、ゲップが出たりするようであれば逆流性食道炎を発症している可能性があります。近年、仕事のストレス、食生活の欧米化、生活習慣の多様化などに伴って逆流性食道炎が急増しており、大きな問題となっています。

逆流性食道炎は放置しておくと食道癌のリスクが高まるとも言われているため、症状に気づいた場合は早急に治療することが必要になります。

▶パリエット20mgで逆流性食道炎を治療しましょう

逆流性食道炎は不規則な食生活(飲み過ぎ、食べ過ぎ)、仕事のストレスなども関係して発症します。食道の詰まり感や違和感から始まり、食道が痛いと感じることも多くなるようです。次第に、胸やけやゲップなどの症状も出始め、お腹が膨れたり、口臭もひどくなるなども症状の1つです。
逆流性食道炎は放置しておくとますます悪化し、食道がんのリスクファクターにもなります。こうした事態を避けるためにも一刻も早く治療を開始する必要があります。パリエットは大変、優れた 制酸薬せいさんやく で、多くの人で消化性潰瘍の症状を劇的に改善することが可能です。

しかしながら、パリエットを服用しても、相変わらず炭酸飲料、アルコールの過剰摂取を継続していたり、ストレスが解消されない状態ですと回復が遅くなります。

食後に直ぐに横になるのも良くないようです。

ストレスをためないように、炭酸飲料を控える、食後直ぐに横にならない等なども考慮して投薬治療を継続してください。

▶パリエット20mgを個人輸入するメリットとは?

パリエットの個人輸入には以下のようなメリットがあります。

➀医療費を節約できる
パリエットは国内の医療機関で処方してもらうこともできますが、薬代の他にも診察料、検査料、薬局での調剤費用など様々な負担が発生します。一方で、パリエットを通販(個人輸入)で購入する場合は基本的には薬代のみの比較的安価でパリエット20mgを購入できます。

➁受診の手間を節約できる
一般に医療機関では診察と薬局の両方で長時間待たされる傾向があります。また、病院までの時間もかかるため、お薬を貰うためだけなのに半日がかりとなることも珍しくありません。
一方で、パリエットを個人輸入する場合は、インターネットのサイトに必要事項を入力するだけで済むためほとんど手間がかかりません。このため、仕事の忙しい方でもすぐに治療を開始できます。


▽▲▽▲パリエット 20mgのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲



口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 胃炎