• コンコール (Concor) 10mg 1箱30錠 ビソプロロールフマル酸塩・日系会社・第一三共販売元│血圧を下げる薬です。

コンコール (Concor) 10mg 1箱30錠 ビソプロロールフマル酸塩・日系会社・第一三共販売元│血圧を下げる薬です。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 5,135 円 5,135 円
商品 x 3 7,696 円 2,565 円
商品 x 5 10,673 円 2,135 円
商品 x 10 13,000 円 1,300 円
- OR -

高血圧とは?

心臓はポンプのように血液を血管を通して各器官に送り出します。
この血液を送り出す力は血管の壁を押しだし、圧力がかかります。
そして、この血液の圧力が正常値より高い状態が続くことを高血圧といいます。

血流となりかっ間の壁を押す圧力となり伝わる

上記のように高い圧力で血液が血管を循環します。

①心臓が収縮
②血管に血液が流れる(血流
③血管の壁を押す圧力が伝わる 血圧

日本では高血圧の人の潜在的な患者者は約4,300万人といわれています。
国民の3人に1が発病する可能性がある国民病とも考えられていて、食生活(特に塩分摂取)・身体活動・飲酒などが影響し、また、遺伝や年齢(高齢化)も関連する生活習慣病となります。
多くの方は年齢と共に血圧を気にし始めますが、それは高血圧が体に及ぶ危険性を認識しているからでしょう。
それは間違いではありません、多くの場合は高齢と共に高血圧が問題になってきます。

高血圧は何が問題なのか?

人は日常生活の中で血圧の上下があります。一時的に高い血圧状態となる事があります。ですが、それ自体は大きな問題ではありません。
これは、一時的な高い血圧の状態ではなく、高血圧状態が「継続」することが問題になります。
高い圧力で多くの血液が体中を循環すると「健康そう」な感じがしますが、実は、長期間に及び継続する事は、血管が損傷し出血したり、詰まり易くなることで血液循環しにくくなります。
年齢と共に血管が損傷しやすくなります。それは、心臓の中、脳の中の血管が損傷し、血管が破裂した場合の身体への影響が甚大なモノだという事です。

高血圧により血管障害につながる

血管の異常により、特に動脈硬化と血管の閉塞・破綻、脳や心臓の血管障害、慢性腎臓病など重要な臓器へ合併症を引き起こすことが重大な問題なのです。

高血圧などの投薬治療のタイミング

一時的な血圧の上昇は大きな問題とはならないが、継続する事での血管障害が大きな問題を引き起こすことも分かって頂けたかと思います。
つまり、日ごろの血圧の管理で血管に負担をかけないようにする事が重要になります。

知らず知らずの内に継続した高血圧状態となっていないように健康診断による血圧を確認する事は重要になります。
高血圧症状に対する対処としては、危険度合いから投薬治療が必要かの判断がされます。

《血圧のリスク》

軽度から中等度:生活習慣改善から開始します。

重度(高血圧:180/110mmHg以上):すぐに薬物治療の適用が必要。

ーー

軽度の状態から投薬治療を開始しておくことも考慮されますが安全性や費用もありますので医師に相談してからの開始が望まれます。

隠れ高血圧の発見の勧め

高血圧が軽度の場合等においても血圧測定をお勧めします。
環境、タイミング(「早朝」「夜間」等)、身体心理状態(「ストレス時」)等、によっても血圧が異なる場合があり、その血圧の変動幅が4倍の差がある場合もあるようです。

仮面と白衣高血圧

その血圧上昇が短期的ならば良いですが、状況による血圧の変化としてよく言われるのが、「仮面高血圧」と「白衣高血圧」です。

「白衣高血圧」は、健康診断や医師の前では血圧が高めですが、実は日常では平常値の方もおります。
これは医師も理解している場合があるので、不要な投薬治療をされる可能性もありますが大きな問題ではありません。
ですが、
「仮面高血圧」というのが特に怖く、病院での検診では「正常」ですが、実は日常的に高血圧だったりします。
つまり、高血圧症の発見が遅れ、重度になって初めて気づく事になります。

やはり、お勧めとしては小まめな測定「寝起きと、就寝前」になります。

コンコールの効果、働き

薬物治療におけるコンコールの働きとしては、心臓の過剰な働きがを緩やかにし血圧を下げる働きがあります。
血圧が高く、心臓が働きすぎで、脈が乱れ、胸の圧迫感や胸痛があるといった症状を、交感神経の興奮を心臓に伝える「β1受容体」を遮断することで症状を抑えます。
*アドレナリンとレニンの放出も減少させ、降圧作用、抗狭心症作用、抗不整脈作用、抗心不全作用
通常、本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全(虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく)および頻脈性心房細動の治療に用いられます。

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。

商 品 説 明

■商品名

コンコール 10mg 30錠/箱

■一般名(有効成分名)

ビソプロロールフマル酸塩 (Bisoprolol Fumarate)

■効果

  • 本態性高血圧症(軽症-中等症)
  • 狭心症
  • 心室性期外収縮
  • 虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
  • 頻脈性心房細動

■用法・用量

成人の場合、1日1回で5mgを服用しますが、年齢、症状などにより適宜増減します。

*本製品は1錠10mgです。

■注意事項

房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、著しい洞性徐脈、洞不全症候群のある方、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方、心原性ショックのある方、非代償性の心不全の方、強心薬又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全の方、肺高血圧による右心不全のある方、重度の末梢循環障害のある方、未治療の褐色細胞腫の方、妊婦又は妊娠している可能性のある方、本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方は服用することができません。服用前に確認して、これらに当てはまる方は服用しないで下さい。

■副作用

徐脈、心胸比増大、低血圧、動悸、めまい、倦怠感、浮腫、脱力感、気分不快感、疲労感、四肢冷感、悪寒、しびれ感など副作用が起こる場合があります。
心房細動、心室性期外収縮、胸痛 、心不全、房室ブロックなど重大な副作用が起こる場合もありますので、なにか症状が出た場合には、服用を中止して医者に相談するなど、適切な処置をしてください。

■商品名(日本市場)

コンコール (Concor) 5mg (第一三共)


■メーカー

Dai-ichi Sankyo

 













レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: コンコール, フマル酸ビソプロロール, 血圧降下, β遮断剤, メインテート, 心臓, 血圧, メルク, ビソプロロールフマル, Merck, 本態性高血圧症, 狭心症, 心室性期外収縮, , 心不全, 頻脈性心房細動