• メリスロン MERISLON 6mg 1箱100錠 エーザイ│回転性めまいの対処に使用されます。

メリスロン MERISLON 6mg 1箱100錠 エーザイ│回転性めまいの対処に使用されます。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,548 円 3,548 円
- OR -

▶メリスロンとは?

メリスロンとは

メリスロンは、メニエール病の治療に使用されます。
日常的に疲れ等で
目眩(めまい)がおこって気持ちが悪い、「ふわふわ」した感じや、ぐるぐると回転するようなものがありますが、

その中でも、回転性の目眩、耳鳴り、耳閉感、難聴といった症状が合わさって起こる場合、メニエール病の可能性も高くなってきます。

メニエール病は30代~40代の女性に多く、数日から数カ月の間に繰り返し起こるのが特徴です。
内耳にリンパ液が溜まり症状を引き起こすのですが、ストレスが原因であるともいわれています。

商 品 説 明

■商品名

メリスロン MERISLON 6mg 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

ビタヒスチンメシル酸塩

■効果

有効成分であるビタヒスチンメシル酸塩が、内耳の血流量を増加させ、リンパ液の滞りを改善して回転性の目眩を和らげます。

■用法・用量

通常、成人は1日1~2錠(6~12㎎)を1日3回毎食後服用します。
但し病状や年齢によって増減されます。

■注意事項

飲み忘れた場合は早めに1回量を服用してください。次の服用までの時間が近い場合は1回飛ばし、2回量を1度に服用しないでください。誤って多く飲んでしまった場合は医師や薬剤師に相談してください。気道の収縮や胃酸の分泌が起こるために、気管支喘息や胃潰瘍がある方は医師に相談してから服用してください。

■副作用

発疹、嘔気、嘔吐
このような症状が出現した場合は、医師に相談してください。

■商品名(日本市場)

ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「テバ」(武田テバファーマ株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「テバ」(武田テバファーマ株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「TCK」(辰巳化学株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「TCK」(辰巳化学株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「イセイ」(コーアイセイ株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「イセイ」(コーアイセイ株式会社)、デアノサート6㎎(コーアイセイ株式会社)、デアノサート12㎎(コーアイセイ株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「日医工」(日医工株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「日医工」(日医工株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「TSU」(鶴原製薬株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「TSU」(鶴原製薬株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「CEO」(セオリアファーマ株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「CEO」(セオリアファーマ株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「トーワ」(東和薬品株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「トーワ」(東和薬品株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠6㎎「JD」(ジェイドルフ製薬株式会社)、ベタヒスチンメシル酸塩錠12㎎「JD」(ジェイドルフ製薬株式会社)

■メーカー

エーザイ株式会社

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


▶メリスロンによるメニエール病の治療

メニエール病の原因


メリスロンはビタヒスチンメシル酸塩というヒスタミン類似物質で、内耳の毛細血管の浸透を高めることにより、 内リンパ水腫の改善を行います。また、メリスロンには耳の筋肉を和らげる効果もあるため、 耳鳴りや耳閉感の改善に効果があります。内リンパ水腫が改善することで、回転性の目眩は徐々に収まってくるのですが、メニエール病は繰り返し起こる病気なので再発に注意が必要です。 再発に前兆はなく、朝起きたらいきなり目眩があるといったことも珍しくありません。メニエール病を発症した場合の対処としては、早急な鎮暈剤の服用が重要です。Eisaiのメリスロンは、服用してから1時間~1時間半で血中濃度が最大となり、最高8時間持続する即効性のある鎮暈剤です。メリスロンと併用して、利尿剤やステロイドを使用し、症状を抑えていきますが、再発しないようにストレスを溜めない生活を心がけることが重要です。

メニエール病の予防と治療

メニエール病の予防としては、睡眠不足にならないようにし、適度な運動や趣味を持ち、ストレスを溜めないことが有効といわれています。また、タバコは血流を妨げるために本数を減らすか、禁煙が望ましいとされています。クヨクヨと悩まず、リラックスして日常を過ごすと発症のリスクも下がりますが、気を付けていても100%発症しないという保証はありません。
メニエール病を発症した場合、ステロイド治療やリンパの圧を下げるイソバイトでの治療が行われます。
メニエール病のような 回転性の目眩には内耳の リンパ水腫(内リンパ水腫)を改善することも重要で、特にメリスロン(
ビタヒスチンメシル酸塩)が効果的となっています。

副作用対策には用法、用量を守るように

お薬ですので頻度などは個人差がありますが必ず副作用の明記があります。稀に発生する「発疹、嘔気、嘔吐(1.15%の確率)」のメリスロンの副作用ですが、用法、用量を守るり安全に使用をして下さい。

メリスロンで記憶力が向上?

眩暈症状の改善として用いられるメリスロンですが、2019年1月に発表された東京・北海・京都大学の研究チーム報告によるとメリスロンに記憶力向上の作用についての報告がされています。
単純な記憶試験では2倍の近くの記憶力の向上が判明したとの事です。
まだ研究段階ではありますが、メカニズムが解明されればアルツハイマー、認知症などの改善薬への応用も期待されています。
このテストは被験者は少数のパイロットテストで服用量も通常服用量のの3~6倍の用量という事もあります。

メリスロンの使用体験談

メニエール病になってから、数回再発しています。一度発症すると回転性のめまいや耳鳴りが続いて歩くことも大変になってきます。その都度病院に行き、治療を受けていました。休日の場合は緊急で受け入れてくれる病院を探すのも大変でしたが、個人輸入でメリスロンを購入出来る事を知り、軽いめまいが起こった時にもすぐに対応出来るようになりました。今ではメリスロンのおかげでめまいのコントロールが出来るようになり、大変助かっています。

メリスロンを個人輸入で用いるメリットとは?

メリスロンを個人輸入するメリットとして、目眩が起こった時にいつでも対処できるということがあげられます。個人輸入ではサイトで必要事項を記入するだけで購入することが出来るので、薬がなくなってしまっても、いつでも購入することができます。また、ストックとして常備しておくことも可能で、発症してから病院に慌てていかなければならないということもなくなります。目眩はいつ起こるかわからず、夜間や休日の場合があります。手元に薬がある場合、焦らずに服用することが出来るので安心です。また、個人輸入することで薬価のみであるために、医療費の削減にもつながります。



レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ビタヒスチンメシル酸塩, メニエール病, エーザイ