• ザイロリック300mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│痛風に広く処方される治療薬です。

ザイロリック300mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│痛風に広く処方される治療薬です。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,598 円 3,598 円
- OR -

ザイロリック300mgで尿酸値を下げる


ザイロリック300mgでは尿酸値を下げるために服用されますが、尿酸値の正常値は7.0㎎/dl以下とされています。
もし、これ以上になると高尿酸血症とされ痛風発作の危険性が高まります。
高尿酸血症を発症する男女比は9:1と男性に多く初期症状としては足の指や関節に激しい痛みと熱感、腫れが出てきます。
その症状は関節のみならず、アキレス腱などにも及び、日常生活に支障をきたす病気です。

悪化すると激痛に加え、足の甲が腫れ、靴を履くのも困難になってくるのです。高尿酸血症は痛風発作だけではなく尿路結石や腎臓病なども併発することがあります。健康診断での血液検査で尿酸値が高値を示して病気がわかる場合も多くなっています。

商 品 説 明

■商品名

ザイロリック (Zyroric) 300mg 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

アロプリノール300㎎

■効果

有効成分であるアロプリノールが、プリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸の生成を抑制する働きがあります。それにより抗尿酸血症からくる痛風などを起こさない効果があります。

■用法・用量

通常、成人は有効成分のアロプリノールとして、200㎎~300㎎を2~3回に分けて食後に服用する。年齢、症状によって適宜増減する。

■注意事項

服用を勝手に中止はしないでください。肝臓の悪い人は、定期的に肝臓の検査をしてください。腎臓が悪い人は、血中濃度が上がる危険性があるので、体に異変があれば服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

■副作用

重大な副作用
重い皮膚・粘膜障害:発疹、発赤、みずぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱間や痛み、掻痒感、唇や口内のただれ、咽頭痛、目の充血、発熱、全身倦怠感
ショック・アナフィラキシー症状:悪心・胸部不快感、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え、しびれ、蕁麻疹、全身発赤、顔やのどの腫れ、喘鳴、めまい、血圧低下、意識低下
重い血液成分の異常:発熱、咽頭痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血、歯肉出血
肝臓の症状:倦怠感、食欲不振、嘔気、発熱、発疹、掻痒感、黄疸・黄染、尿が茶褐色
腎臓の症状:尿量減少、無尿、排尿混濁・泡立ち、血尿、浮腫、倦怠感、嘔気、側腹部通、腰痛、発熱、発疹
間質性肺炎:から咳、呼吸苦、息切れ、発熱
横紋筋融解症:手足のしびれ、こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
 
その他の副作用
発疹、蕁麻疹、掻痒感
食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢

■主成分

アロプリノール

■商品名(日本市場)

ザイロリック錠100㎎(GSK)、アロプリノール錠100㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠100㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠100㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠100㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠100㎎「TCK」(辰巳)、アロプリノール錠100㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠100㎎「ZE」(全星)、アロプリノール錠100㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠100㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ケトブン錠100㎎(コーアイセイ)、アロプリノール錠100㎎「トーワ」(東和)、サロベール錠(大日本住友)、ノイファン錠100㎎(ナガセ)、アノプロリン錠100㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠100㎎「ケミファ」(ケミファ)、アロプリノール錠100㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠100㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠100㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠100㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠100㎎「ファイザー」(ナガセ)、ザイロリック50㎎(GSK)、アロプリノール錠50㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠50㎎「ZE」(全星)、アノプロリン錠50㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠50㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠50㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠50㎎「ケミファ」(ケミファ)、ノイファン錠50㎎(ナガセ)、サロベール錠50㎎(大日本住友)、アロプリノール錠50㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠50㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠50㎎「トーワ」(東和)、アロプリノール錠50㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠50㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠50㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠50㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠50㎎「TKC」(辰巳)、アロプリノール錠50㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠50㎎「イセイ」(コーアイセイ)、アロプリノール錠50㎎「ファイザー」(ナガセ)

■メーカー

Glaxo SmithKline

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


▶ザイロリック300mgで高尿酸血症の予防と治療

プリン体はビールやレバー、エビ、カツオ、枝豆など含まれ摂取に注意

痛風の原因の高尿酸血症は、プリン体の摂取により血液内の尿酸値が高くなる傾向があります。
ザイロリック300mgで尿酸値を下げられますが、日常の食生活において尿酸値を高くするプリン体を多く含む食べ物の摂取を控えるなども対策も必要です。
プリン体が多く含む食事としては、エビやレバー、枝豆、アルコール(特にビール)等に高めに含まれています。
また、水分の摂取不足でも血液の濃度が高まり、尿酸が結晶化されやすくなるので水分も多めにとるようにする必要が有ります。
運動時の発汗による水分不足でも痛風が発生する危険性も高まります。

ザイロリック300mg以外の食生活ケア

お薬(ザイロリック300mg)以外での日常での食生活でのケア

アルカリ性食品の例(ほうれん草、ジャガイモ、バナナ、わかめ等)

①よく言われるプリン体を多く含む食事やアルコールを控える。

②乳製品をとる
  乳製品は尿酸の排せつを促す働きがあります。1日200mlを目安に。

③アルカリ性食品の摂取

  高アルカリ性食品を摂取すると尿酸が尿として排せつしやすくなります。
  逆に酸性食品(高プリン体食品)は避けてください。

痛風はザイロリック300mgでしか治らない?

水分を多くとり尿から尿酸を排せつする習慣

ザイロリック300mgのような強力な作用があるお薬は、やはり少なからずお体に負担がかかります。
健康な人ならばお薬を飲んでも正常に代謝で排泄されますが、それでも出来る事ならお薬に頼らなく尿酸値を下げたいですね。
よく行われる痛風対策ではビールを飲まない、高プリン体の食品を避けるなどが一般的だと思います。

ですが、実は尿酸生成の8,9割方は体内で行われ1,2割が食べ物から生成されると言われています。
つまり、プリン体が多い食事をしていたとしても要因として大きなものでは無いかもしれません、つまり、痛風の治療などは食事制限だけでは限界があるようです。

日ごろからビールを浴びるように飲んでいれば、それが通常よりも大きな原因となるかもしれません。

①尿酸の排せつに問題(通常は尿として排泄される)

②プリン体の尿酸合成がも多い(多くなった)

尿酸値が高くなる人の根本原因を診察等で診断する事は難しいため、ザイロリック300mgと生活習慣の見直しでの対策が必要です。

ザイロリック300mgを通販購入のメリットとは?

ザイロリック300mgは1969年から発売されて長く痛風患者に利用されてきております。発売元はグラクソスミスクラインであり国内処方のメーカーでもあるために不安なく購入することが出来ます。
ザイロリック300mgの通販(個人輸入)ですと病院の長い待ち時間も必要なく、自宅で夜中でも注文が出来るのでお薬を切らして症状が悪化する等の心配がありません。




レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: アロプリノール, 高尿酸, 痛風, グラクソスミスクライン