• ニゾニド (Nizonide) 500mg 1シート6錠 Lupin社│寄生生物による食中毒などに使用されます。(箱なし)

ニゾニド (Nizonide) 500mg 1シート6錠 Lupin社│寄生生物による食中毒などに使用されます。(箱なし)

  • Lupin
  • MI00132
  • 在庫あり

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,226 円 3,226 円
商品 x 2 3,505 円 1,752 円
商品 x 3 3,807 円 1,269 円
- OR -

▶ニゾニド(ニタゾキサニド)は虫下し薬として下痢へ対応

ニゾニドは正規のジェネリック品で「米国ではアリニア」という製品名で知られております。
ニゾニドは虫下しとして寄生生物、細菌、ウィルスなどから下痢の治療効果があります。
*投薬は「肝炎治療薬(B,C型)」としても期待されています。

途上国などでは下水道施設などの問題や、キャンプなどのアウトドアでの飲食より寄生虫(クリプトスポリジウムやジアルジア)が原因となり下痢の症状を起こす場合があります。
これら寄生虫は水道水(塩素)にも抵抗を持ち水道水から感染する可能性もあります。
日本は安全性の高い水道設備ではありますが(過去に数件程度の報告)、安全性が高がために水に対する危機意識の欠如で外国などで簡単に感染し下痢を起こす場合があります。
また、アウトドアのキャンプ等でも間接的に、これら寄生虫や感染源を取り込んでしまう場合もあります。
*不衛生な水だけでなく同性愛者間での感染も予想されます。

海外では定期的に虫下しを服用するのも珍しくありません。

主な症状としては下痢、衰弱感、体重減少、腹痛、悪心や脂肪便などがあげられる。有症症例では下痢が必ず起きます。
軽度の発熱を伴う場合もあり、体力や免疫機能が低下している人は、重症・難治性・再発性・致死性下痢症になることがあるので注意が必要です。
7日程度の潜伏期間を経て下痢、吐き気、腹痛などの症状が1~2週間程度続きます。
つまり、下痢の症状が
数日間継続する場合は寄生虫などの原生動物が原因が疑われます。
クリプトスポリジウム原虫⇒哺乳類(人間)

注意したい点としては、これら寄生虫は、とても頑丈な構造で生命力が高く冷凍や消毒(塩素)をしても死滅しにくいとされています。
ですので、海外ではアイスなどどの冷蔵食品でも感染する可能性があります。

▶ニタゾキサニドは個人輸入から利用が可能

ニタゾキサニドは日本では販売されておらず個人利用ならば海外から個人輸入が可能です。

ニゾニドは海外でも入手する場合は処方箋(医師の診断)が必要な場合が多く特に海外旅行の準備として携帯しておくと良いでしょう。
アメリカではニゾニドと同一の対寄生虫の下痢止めは承認されております(2003年から販売)。

た、C型肝炎に対して効果があるのではないかとされており、C型肝炎治療薬としての開発が進められています。2009年には、日本の製薬会社である中外製薬がアメリカのロマークラボラトリー社からニタゾキサニドの日本における独占的開発、製造、販売権を取得しているので、今後日本でもニタゾキサニドを使用した治療が行われる日も近いです。

▶ニゾニド(ニタゾキサニド)の下痢だけでなく肝炎にも

日本国内では下水道が完備され、衛生品質が世界的にも高いため下痢によりニゾニドが選択される機会はほんと無いでしょう。
ですが、一旦、国外にでれば「水道水を口にするな!」「必ず煮沸しろ!」と教えられるかもしれません。
海外では衛生管理に問題がある飲食店だけでなく「寿司」店など生鮮食品を取り扱う日本料理屋が見かける事がありますが海外通の人からは怖くて食する事が出来ないでしょう。
これこそが、寄生虫や食中毒の温床なのでしょう。

海外旅行時の細菌、寄生虫への注意

これらのようにニゾニド(有効成分:ニタゾキサニド(Nitazoxanide))が一般的な下痢止めとして選択されています。

原虫が原因であるクリプトスポリジウム症、トリコモナス症、ジアルジア症、ファスシオラシス、寄生虫様感染、アメーバ症などの治療に用いられています。
これらは、多くの場合は自然に治癒しますが長期間続く下痢に耐えられなく、早々に投薬治療が櫃余となるでしょう。
近年では研究が進んだ結果、B,C型肝炎にも効果があるのではないかとされており、現在も研究が進められています。現在日本では、未承認ではありますが、世界中の医療機関で用いられています。

▶コロナウィルスへの治療薬としての期待

ニゾニド(ニタゾキサニド)はコロナの治療薬として効果が期待できそうとして一時、話題にはなりました。
近年では、ジェネリックなど既存のお薬をコロナ治療や予防に流用するという点では「イベルメクチン」が知られるようになりました。
また新薬も出てきておりますので、ニゾニドとコロナ治療のニュースは下火になったようです。

コロナに対応できる薬が無いとしていた時はニゾニドも希望の薬とされていたようでした。
こういった使い込まれた(古い)お薬も、どのように利用されるか分かりませんが、いろいろと期待したものです。

薬が他の病気への流用が可能な場合は医薬メーカーとしてはジェネリックで医薬特許が保護されなく独占的な利益は得られませんが、
患者にとっては長い間で安全性が確認され、副作用も出尽くしている事からも積極的に利用したいモノです。

参考資料:
コロナ薬候補を数十種類 スパコン「富岳」で京大発見

中外製薬-ニタゾキサニドの国内ライセンス取得

▶ニゾニド(ニタゾキサニド):服用方法

ニゾニド の服用方法

成人がクリプトスポリジウム症、トリコモナス症、ジアルジア症、寄生虫様感染、アメーバ症に用いる場合には、500mgを3日間連続で12時間ごとに服用し、ファスシオラシスに用いる場合には、500mgを7日間連続で12時間ごとに服用します。

4~11歳の小児がクリプトスポリジウム症、トリコモナス症、ジアルジア症、寄生虫様感染、アメーバ症に用いる場合には、200mgを3日間連続で12時間ごとに服用し、ファスシオラシスに用いる場合には、200mgを7日間連続で12時間ごとに服用します。

また、ニゾニド を服用する際には、食事と一緒に服用すること必要があります。

服用を忘れた場合
もし服用を忘れた場合はすぐに
ニゾニド を服用してください。ただし、次に飲む時間が近い場合は忘れた分は飲まず1回分を飛ばしてください。
*2回分の服用はしなようにお願い致します。

その他の注意点

下痢による脱水症状を防ぐために、水、スポーツ飲料、フルーツジュース、スープなどを少量を頻繁に摂取してください。

▶ニゾニド(ニタゾキサニド):副作用

ニゾニドの服用による副作用としては1%以下の低い確率ではありますが、以下の症状の報告があります。
・吐き気
・食欲不振
・食欲増進
・腹部膨満感
・発熱
・倦怠感
・めまい
など。

ニゾニド を服用する際には、ニタゾキサニドに対してアレルギーをお持ちの方、その他の併用薬がある方、肝臓病、腎臓病、HIVの既往歴のある方は医師や薬剤師に相談しましょう。
ニゾニド は、熱に弱い性質を持っているために、15~30度の室温で保管する必要があります。
また、火気、湿気、直射日光を避けて保存する必要があります。

▶ニゾニド(ニタゾキサニド):注意事項

また、動物試験の結果ではありますが胎児への影響、発がん性についての問題は報告されていません。

・妊娠および妊娠の予定の有る方

 授乳より成分ニゾニド の子供への影響が分かっておりません。

・HIVや免疫異常の方は医師に相談してください。

・12歳未満の子供への投与は医師へ相談下さい。

ニゾニドは安全に使用することができる医薬品であるといえます。

注意:ニゾニドは「シート販売」として1注文6錠(1シート)とさせて頂いております。

▶用法 注意事項 等

商品名

ニゾニド(Nizonide) 500mg

一般名(有効成分名)

ニタゾキサニド(Nitazoxanide)

効果

アメーバ症、その他原虫病における下痢や寄生虫の感染症を治療に使用します。

用法・用量

この錠剤は12時間ごとに3日間定期的に食事と一緒に摂取します。

毎日ほぼ同じような時間に服用してください。

状態が改善しても途中で服用を止めたりしないでください。

注意事項

過剰摂取の場合は、直ぐに医師に相談してください。>

服用を忘れたとしても1回の服用量を2倍等に増やさないでください。

副作用

ニゾニドの軽度な副作用として、胃痛、吐き気(嘔吐)、頭痛、めまい、尿の一時的な変色、皮膚の発疹やかみゆ

主成分

ニタゾキサニド(Nitazoxanide)

商品名(日本市場)

-----------

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ニタゾキサニド - Wikipedia

DRUG: ニタゾキサニド


▽▲▽▲ニゾニド のネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲




口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: 食中毒, ニゾニド, Nizonide, ニタゾキサニド, 寄生虫, コロナ, オミクロン, 肝炎, 新型コロナ, ウィルス, 虫下し, アリニア