• ディラトレンド25mg(Dilatrend) アーチスト ジェネリック  (カルベジロール) 1箱30錠 デバ社│高血圧、狭心症などに効果あり。

ディラトレンド25mg(Dilatrend) アーチスト ジェネリック (カルベジロール) 1箱30錠 デバ社│高血圧、狭心症などに効果あり。

  • Deva
  • MI00251
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,437 円 3,437 円
- OR -

商 品 説 明

■商品名

ディラトレンド25mg 1箱30錠

■一般名(有効成分名)

カルベジロール

■効果

本態性高血圧症(軽症?中等症)

腎実質性高血圧症
狭心症
頻脈性心房細動

■用法・用量

本態性高血圧症(軽症?中等症)、腎実質性高血圧症

カルベジロールとして、通常、成人1回10?20mg(6.25mg錠1.6~3.2錠、25mg錠0.4~0.8錠)を1日1回経口投与してください。なお、年齢、症状により適宜増減します。
カルベジロールとして、通常、成人1回10~20mg(6.25mg錠1.6~3.2錠、25mg錠0.4~0.8錠)を1日1回経口投与してください。なお、年齢、症状により適宜増減します。
カルベジロールとして、通常、成人1回20mg(6.25mg錠3.2錠、25mg錠0.8錠)を1日1回経口投与してください。なお、年齢、症状により適宜増減します。
カルベジロールとして、通常、成人1回5mgを1日1回経口投与から開始し、効果が不十分な場合には10mgを1日1回、20mgを1日1回へ段階的に増量します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、最大投与量は20mgを1日1回までです。
単独投与で急激に血圧が上昇するおそれがあります。α遮断薬で初期治療を行った後に本剤を投与し、常にα遮断薬を併用してください。
必ず1回1.25mg又はさらに低用量の、1日2回投与から開始ししてください。忍容性及び治療上の有効性を基に個々の症状に応じて維持量を設定してください。

腎実質性高血圧症

狭心症

頻脈性心房細動

※注意 褐色細胞腫の患者

慢性心不全の場合

本剤の投与初期及び増量時は、心不全の悪化、浮腫、体重増加、めまい、低血圧、徐脈、血糖値の変動、及び腎機能の悪化が起こりやすいので、観察を十分に行い、忍容性を確認してください。医師のサポートのもとご使用ください。

■注意事項

次の方は使用禁止です。

著しい洞性徐脈、過敏症、肺高血圧による右心不全、気管支痙攣、気管支喘息、心原性ショック、代謝性アシドーシス、糖尿病性ケトアシドーシス、洞房ブロック、高度徐脈、房室ブロック<2?3度>、未治療の褐色細胞腫、強心薬を静脈内投与する必要のある心不全、血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全、非代償性心不全
妊婦や産婦の方は使用禁止です。高齢者(65歳?)が使用する場合は慎重に投与を行ってください。

■副作用

眩暈、動悸、徐脈、倦怠感、血糖値上昇、尿糖、総コレステロール上昇、クレアチニン上昇、頭痛、低血圧

■主成分

カルベジロールCarvedilol 25mg

■商品名(日本市場)

アーチスト(第一三共)、カルベジロール(日本ジェネリック、Meファルマ、MeijiSeikaファルマ、共和薬品工業、沢井製薬、ニプロESファーマ、武田薬品工業、武田テバファーマ、東和薬品、ファイザー、マイラン製薬、辰巳化学、興和、興和創薬、日医工、ニプロ)

■メーカー

Deva


ディラトレンド25mgはアーチスト・ジェネリック

ディラトレンド25mgは高血圧、狭心症等その他の心臓系の問題に処方されるお薬です。
先発薬の「アーチスト」と同成分で、主成分のCavedilol(カルベジロール)で交感神経の血管にあるα受容体と心臓にあるβ受容体の両方に作用します。

高血圧改善について

ディラトレンド25mg(有効成分:カルペジロール)は血圧効果薬アーチストのジェネリック薬品です。
アーチストと同成分ですのでディラトレンドは効果が同じですので、服用方法等は処方されているお薬と同じです。
一般的な服用タイミングとしては、朝食の後に服用される方が多いようです。
一日一回のお薬の場合、朝服用することで特に効果を得られるということではなく、朝食を取る時間はほぼ毎日同じで忘れにくいという理由からです。
医師の判断により、血圧の上がり具合では、昼や夜に服用することを指示される場合もあります。

狭心症の基準

狭心症とは、どのくらいの頻度で発作が起きる場合をいうのでしょうか。
若い時は狭心症というものに触れる機会が少ないため、どういった症状のものなのかピンとこない方が多く、ただの胸の圧迫で済ませてしまう場合があります。また、それほど頻繁に症状が出るわけではないので、あまり気にも止めず、健全な人でも少しくらいはあるだろうと判断されてしまいます。
胸の圧迫感を引き起こす疾患には、狭心症の他に心因性の心臓神経症、胸痛症候群、肋間神経痛、帯状疱疹、肋胸膜炎、流行性筋痛症、逆流性食道炎、大動脈解離、不整脈、僧坊弁逸脱症候群、逆流性食道炎などがあります。年齢や症状の性質(悪化因子、改善因子、持続時間、圧痛の有無など)を確認し、いくつかに候補をしぼります。それからそれに対応する検査を行います。これらの疾患から狭心症を推定するのに頻度は関係ありません。

狭心症は自然治癒することができますか?

狭心症の症状があるといわれました場合、薬や手術ではなく、生活改善などで自然治癒させることができるのでしょうか。
狭心症とは人間の心臓に血液送る大きな血管が詰まりかけている血管の内部が少し詰まって血液が送りにくい状態ですので、胸が苦しくなったりします、狭心症を大きく分けると運動等をした時に発生する労作時狭心症です。反対に寝ている時に等に発症する安静時狭心症です。何れも胸が痛んだり苦しくなったりします。
大体5~15分位で収まりますがこの病気では亡くなることはありませんが、冠動脈のどれか1本でも詰まれば狭心症ではなく心筋梗塞です。心筋梗塞だと死亡する可能性もあります。生活改善では治る事はありません。

ディラトレンドの有効成分のカルベジロール はαβ遮断薬と呼ばれており、β1受容体遮断作用による心機能の抑制と、α1受容体の遮断作用による血管拡張作用などにより、高血圧や狭心症などを改善します。

それぞれの受容体阻害比率は、

β1:β2 受容体遮断効力比=7:1
α :β受容体遮断効力比 =1:8

とされています。

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: カルベジロール, アーチスト, 高血圧, 狭心症, αβ遮断薬, ディラトレンド, 血圧, 狭心症, デバ, Deva