• ジャヌビア 100mg(Januvia)1箱7錠 MSD社|2型糖尿病患者の処方薬です。

ジャヌビア 100mg(Januvia)1箱7錠 MSD社|2型糖尿病患者の処方薬です。

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 5,956 円 5,956 円
- OR -

▶ジャヌビア100mgとは?

ジャヌビア100mgは2型糖尿病に効果がありインスリンの分泌を促すホルモンのGLP-1の働きを高め、小腸から分泌されるインクレチンに作用します。
ジャヌビアには12.5㎎、25㎎、50㎎、100㎎の錠剤タイプがあります。(当製品は100㎎/錠)

高血糖の時だけに作用しインスリンの分泌を促す効果があり、糖尿病薬のデメリットだった低血糖になりにくいメリットがあります。
糖尿病治療の基本は食事療法、運動療法であり、これらを十分に行ったうえで効果が不十分な場合に限りジュヌビアの使用を検討してください。


ジャヌビアのポイント❕ 厚生労働省の認可を受けている
他の血糖降下剤より安全
血糖値が気になる方
2型糖尿病の方

▶用法 注意事項 等

商品名

ジャヌビア100㎎ 7錠

一般名(有効成分名)

シタグリプチン・リン酸塩水和物

効果

有効成分であるシタグリプチン酸塩水和物が高血糖時にインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールして糖尿病の改善に効果を発揮します。

用法・用量

・腎機能が正常、または軽度腎機能障害

通常、成人は1日1回、2錠を服用しますが、効果が不十分の場合は状態をみながら1日1回、4錠まで増量する場合があります。
・中等度腎機能障害

通常成人は1日1回、1錠を服用しますが、効果が不十分の場合は状態をみながら1日1回2錠まで増量する場合があります。

・重度腎機能障害、末期腎不全

通常、成人は1日1回、12.5㎎を服用しますが、効果が不十分の場合は状態をみながら1日1回、2錠まで増量する場合があります。

注意事項

・飲み忘れたことに気付いた場合はすぐに1回分の服用をしてください。ただし次の服用までの時間が短い場合は服用をせずに、次回の時間で1回分の服用をして下さい。絶対に2回分を服用しないでください。
・誤って多く服用した場合はすぐに医師や薬剤師に相談してください。
・医師の指示がない状態で服用を中止しないでください。

副作用

・アナフィラキシー反応:呼吸困難、蕁麻疹、目や口唇周囲の腫れ、しゃがれ声、動悸
・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):発熱、まぶたや眼のはれや充血、口唇や口内、陰部のただれ、赤い発疹
・剥脱性皮膚炎:発熱、全身の発疹、皮膚の剥離
・低血糖症状:寒気、空腹感、手足の震え、ふらつき、脱力感、冷や汗、めまい、頭痛、動悸
・肝機能障害、黄疸:食欲不振、全身倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、嘔気・嘔吐、皮膚掻痒感、尿が褐色になる
・急性腎障害:尿量減少、全身のむくみ、全身倦怠感、瞼のはれ、意識低下
・急性膵炎:激しい上腹部の痛み、腰背部の痛み、嘔気・嘔吐、発熱
・間質性肺炎:発熱、から咳、呼吸困難
・腸閉塞:排便・排ガスの停止、激しい腹痛、腹部膨満感、嘔気・嘔吐
・横紋筋融解症:筋力低下、筋肉の痛み、赤褐色尿
・血小板減少:出血が止まりにくい、内出血、皮下出血、歯茎の出血、鼻血
・類天疱瘡:水ぶくれ、びらん、紅斑

以上の症状がみられた場合は服用を中止し、医師に相談してください。

主成分

シダグリプチンリン酸塩水和物

商品名(日本市場)

ジャヌビア100㎎(MSD)、ジャヌビア50㎎(MSD)、ジャヌビア25㎎(MSD)、ジャヌビア12.5㎎(MSD)

メーカー

MSD Pharmaceuticals Pvt. Ltd.

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

シダグリプチン - Wikipedia

▶ジュヌビアによる糖尿病への効果

糖尿病とは、血液中の糖の濃度が慢性的に高い状態になる病気です。そして以下に説明しますがジュヌビアはⅡ型タイプの糖尿病に対応したお薬です。

糖尿病になる原因として大きく分けて2種類が考えられています。
1.Ⅰ型糖尿病:インスリンを分泌する細胞を誤ってリンパが攻撃をして破壊する。(主に若年層で発症する)
   *膵β細胞が破壊されていしまいます。
2.Ⅱ型糖尿病:中高年の食生活の乱れや運動不足から発症する(糖尿病の95%がⅡ型と言われている)糖尿病の発生する流れどちらも、放置すると血液がドロドロな状態が続き、これに脂質異常症が加われば心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクも高くなります。
また糖尿病の3大合併症である「糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害」を発症するリスクも高くなります。
糖尿病の無自覚・無症状で進行をし「多尿や口渇、多飲が出現し、気付く人も多く」の症状で糖尿病に気づく時点では悪化している事もあるので日ごろから注意が必要です。

▶糖尿病でも体重が増えにくいジャヌビア100㎎

糖尿病治療中に体重が増えるてしまう場合がありますが、ジャヌビア100㎎は体重が増えにくい種類の糖尿病治療薬です。
一般的に糖尿病は痩せてしまう傾向がありますが、治療の経過の中で太りやすくなってしますようです。
これは糖尿病は血糖値が高くなると尿に糖(尿糖)が含まれて出るので、糖(エネルギー)が尿で体外へ排泄されます。
このように食事からエネルギーの利用ができなるので、脂肪や筋肉をエネルギーとして分解し始めてしまいます。これが糖尿病で激やせする原因になります。
そして筋肉量の減少は体が必要とするエネルギー(基礎代謝)が少なくなってしまいます。
ジャヌビアで糖尿病治療を続けると血糖値の状態が良くなり、徐々に糖尿が出なくなり体内で利用できるエネルギーが増加する事になります。
ですが、既に体の筋肉量が激減し、基礎代謝の低下、日常、必要としてるエネルギーが少なくなっているため太りやすい体質となってしまいます。

つまり良くある誤解としては、糖尿病治療で太りやすくなるのではなくて、本来の健康な状態に戻ったが、これまでの食事量ではエネルギー過多になるなどで体重増加になります。
糖尿病治療薬はどれも同じような傾向がありますが。ジュヌビア100㎎は体重増加がしにくいとされています。

糖尿病の予防と治療

なかでも2型糖尿病は、日本人の糖尿病患者の約9割を占めるとされていて、中高年の生活習慣病が問題となっているのも事実です。原因としては食生活の欧米化により、高カロリーの食品を好む傾向により肥満になるという事があげられます。また、車での移動が増えることにより運動不足も糖尿病に罹患する確率が上がっています。糖尿病の予防には、バランスの取れた食生活を心がけ、適度な運動を行う事が重要です。それでも糖尿病になったしまった場合には、食事療法や運動療法に合わせて薬での治療が併用されます。糖尿病患者に処方される内服薬は数多くありますが、ジャヌビアは日本での2型糖尿病患者に広く処方されている糖尿病治療薬です。

ジャヌビアの使用体験談

若いころは、不摂生していて偏った食事をしていても太るといったことがありませんでした。そのころと同じような生活習慣だったことで、めっきり太ってしまいました。あるとき、異常に喉が渇き尿の回数も増えたことで病院を受診しました。糖尿病という事がわかったのですが、糖尿病はよく耳にする病気なので軽く考えていました。病院にいく習慣もなく、「1回くらい飲み忘れても大丈夫だろう」と思って病院も不定期になっていました。

あるとき目が見えにくくなり、眼科を受診したところ糖尿病性網膜症と言われました。きちんと薬を内服していなかったことを後悔したのですが、今から出来る事を、と思い、忙しい時でも薬を切らさない方法を探しました。個人輸入でジャヌビアが購入出来ることを知り、また、メーカーも同じものだったことで安心して購入にいたりました。いまでもついつい病院に行くのを忘がちですが、個人輸入でストックしているので飲み忘れる、内服薬がなくなるということはなくなり、安心した治療が受けられています。

ジャヌビアを個人輸入で用いるメリットとは?

糖尿病の好発年齢である中高年は、働き盛りの人も多く病院に行けないといった場合も出てきます。治療が行われないことで高血糖の状態が続くと、合併症のリスクは高くなるばかりです。しかし、ストックが手元にあれば治療が中断してしまうリスクも下がることにより、個人輸入で購入するメリットは十分にあります。また、ネットで購入することが出来るのでいつ、どこででも購入することができ、非常に便利です。

▽当店取り扱いのジュヌビア

ジャヌビア 25mg(Januvia)1箱7錠 MSD社|2型糖尿病患者の処方薬です。 ジャヌビア 50mg(Januvia)1箱7錠 MSD社|2型糖尿病患者の処方薬です。

口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: 糖尿病, 2型糖尿病, 血糖値, シダグリプチン, 高血糖