• メインテートジェネリック (Biselect5) 5mg 1箱10錠 X 10  Intas社│高血圧、狭心症のお薬です。

メインテートジェネリック (Biselect5) 5mg 1箱10錠 X 10 Intas社│高血圧、狭心症のお薬です。

  • Intas Pharmaceuticals Ltd
  • MI00185
  • 配送可能時点で順次配送致します。(新コロナ影響)

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 2,001 円
($18.05)
2,001 円
($18.05)
- OR -

Biselect5とはどのような薬ですか?

Biselect5の有効成分はビソプロロールです。ビソプロロールはベータ遮断薬と呼ばれる薬のグループに属しています。心臓の働きすぎを抑えます。
これらの薬は、特に心臓において、いくつかの神経インパルスに対する体の反応に影響を及ぼすことによって作用します。

ビソプロロールは血圧を上げる神経の働きを抑えて心臓から拍出される血液の量(心拍出量)を抑えたり、血管の収縮を弱めたりして、血圧を下げ血液の循環を効率よくします。

Biselect5は心臓への負担を軽減します。

 心不全は、心筋が弱く、身体のニーズを満たすのに十分な血液を送り出すことができないときに起こります。ビソプロロールフマレート錠であるBiselect5は安定した慢性心不全の治療に使用されます。
それらは、この状態に適した他の薬(ACE阻害薬、利尿薬、強心配糖体など)と組み合わせて使用​​されます。心臓病の治療では、最も一般的に使用されている薬です。 

心臓を(保護、休憩、楽、力づける)

高血圧の初期症状はどのようなものですか?

初期症状は運動をした時の動悸や息切れを感じるようになったり、足がむくむという症状もみられます。ひどいと頭痛などが出る人もいます。初期状態で自覚症状はなく、高血圧が見つかる人の多くは、職場や市町村の健康診断です。 

高血圧はどのような症状がありますか?

高血圧に自覚症状はほとんどありません。稀に頭痛や耳鳴り、肩こり、しびれ、めまいなどを感じる方がいますが、それらは合併症の症状かもしれません。
さらに、胸痛、動悸、呼吸困難、むくみなども同様です。放っておくと心臓の病気にもなります。心不全や心筋梗塞、糖尿病など大病につながるため注意が必要です。 

家庭での血圧測定の勧め

定期的な血圧測定のすすめ

病院では緊張する等の要因で高血圧と診断されますが、平常時は正常血圧となる方もいらっしゃいます。


病室で待ち時間が長くイライラ、病院ではなぜか緊張してしまう。等はないでしょうか。
このような場合は「白衣高血圧」と呼ばれ直ちに服用治療の必要はありません。

統一された判定基準はないのですが、以下を目安とすると良いでしょう。
病院:140~150/90mmHg以上
家庭:120~135/80~85mmHg未満

また、一方病院では低いのに、家庭などの測定では血圧が高い方もおられます。
このような場合は「仮面高血圧」と呼ばれ動脈硬化になりやすい状態ですので別途治療が必要になります。

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。

商 品 説 明

■商品名

Biselect 5 (ビセレクト 5)

■一般名(有効成分名)

ビソプロロールフマル酸塩 5mg

(Bisoprolol Fumarate 5mg)

■効果

高血圧の治療
安定した慢性狭心症の治療
ACE阻害薬、利尿薬、および任意に強心配糖体に加えて、収縮期左室機能の低下を伴う安定した慢性心不全の治療

■用法・用量

<高血圧症および慢性安定狭心症の治療>

- 成人 -
投与量は個別に調整する必要があります。通常、5mg1錠)を11回経口投与します。120mgの最大推奨投与量です。

腎障害のある患者
重度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス<20 ml / min)を有する患者では、1110 mgを超えてはいけません。この投与量は、最終的に半分に分割することができます。

重度の肝障害のある患者
投与量の調整は必要ありませんが、注意深いモニタリングが必要です。

- 高齢者 -
投与量の調整は通常必要ありません。可能な限り低い投与量から始めてください。

- 未成年 -
ビソプロロールは子供には経験がないので、子供には使用しないことをお勧めします。

治療中止
治療を急に中止しないでください。1週間に1回の投与量を半分にすることで、投与量をゆっくり減らしてください。

 <安定した慢性心不全の治療>

- 成人 -
CHFの標準治療は、ACE阻害薬(またはACE阻害薬に不耐性の場合はアンジオテンシン受容体遮断薬)、β遮断薬、利尿薬、および適切な場合には強心配糖体からなる。ビソプロロール治療が開始されるとき、患者は安定していなければなりません(急性不全なし)。

■注意事項

特に次のような症状がある場合は、服用前に医師、薬剤師または看護師に相談してください。

  • 糖尿病
  • 厳しい食事制限
  • 心臓のリズムの乱れ、安静時の激しい胸痛などの特定の心臓病
  • 腎臓や肝臓に関する問題
  • 四肢の血行障害
  • 喘息または慢性肺疾患
  • 鱗状の発疹の歴史(乾癬)
  • 副腎腫瘍(褐色細胞腫)
  • 甲状腺障害

この他、持病などがある場合は医師に伝えてください。
この薬はアレルギー反応を起こす可能性を高める可能性があります。

必要以上にビソプロロールを服用している場合は、直ちに医師に相談してください。どのような対策が必要かは、主治医が決定します。
過剰摂取の症状には、めまい、ふらつき、疲労感、息切れ、喘鳴などがあります。また、心拍数の低下、血圧の低下、心臓の作用不足、血糖値の低下(空腹感、発汗、動悸など)がある場合があります。

ビソプロロールの服用を忘れた場合
忘れた分を補うため、一度に2回分の服用をしないでください。

ビソプロロールの服用を中止した場合
主治医のアドバイスがない限り、ビソプロロールの服用を中止しないでください。状態がはるかに悪化する可能性があります。

この薬の使用に関してさらに質問がある場合は、医師、薬剤師または看護師にお尋ねください。

■副作用

  • 頭痛や関節の痛み
  • のどの痛みと鼻水
  • 睡眠障害
  • 疲れ
  • 下記の症状があらわれた場合はすぐに医師に相談してください
  • 呼吸の問題
  • 視力と目の痛みの問題
  • 気管支痙攣
  • 不整脈
  • 胸をなびく

これは副作用の完全なリストではありません。薬に対して何らかの副作用がある場合は、医師に連絡してください。

■商品名(日本市場)

メインテート(田辺三菱製薬)、ウェルビー(サンド)、ビソプロロールフマル(日本ジェネリック、全星薬品工業、沢井製薬、武田テバファーマ、東和薬品、日医工、日新製薬)

■メーカー

Intas Pharmaceuticals Ltd

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: メインテート, ビソプロロール, 不整脈, メインテート, 高血圧, ビセレクト, Biselect5, 血圧, 狭心, ベータ遮断薬