• ザイロリック300mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│痛風に広く処方される治療薬です。

ザイロリック300mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│痛風に広く処方される治療薬です。

  • Glaxosmithkline
  • MI00266
  • 配送可能時点で順次配送致します。(新コロナ影響)

オプション:

数量 価格 単価
商品 x 1 3,598 円
($32.45)
3,598 円
($32.45)
- OR -

高尿酸血症とは?

尿酸値の正常値は7.0/dl以下とされていて、それ以上になると高尿酸血症とされています。高尿酸血症を発症する男女比は9:1と男性に多く、初期症状としては足の指や関節に激しい痛みと熱感、腫れが出てきます。その症状は関節のみならず、アキレス腱などにも及び、日常生活に支障をきたす病気です。

悪化すると激痛に加え、足の甲が腫れ、靴を履くのも困難になってくるのです。高尿酸血症は痛風発作だけではなく、尿路結石や腎臓病なども併発することがあります。健康診断での血液検査で尿酸値が高値を示して病気がわかる場合も多くなっています。

・高尿酸血症の予防と治療


高尿酸血症は、プリン体の摂取により血液内の尿酸値が高くなるので、プリン体を多く含む食べ物の摂取を控える必要があります。エビやレバー、枝豆などに多く含まれておりアルコール(特にビール)の種類によってはプリン体含有率が高いものがあるので注意が必要です。 適度な運動を行う事も高尿酸血症の予防には有効ですが、強度の運動で痛風発作を起こしてしまう事があるので、調子を見ながら運動量をコントロールする必要があります。また、薬物治療が有効であり、一般的に処方される薬剤としてザイロリックが有名です。

・日常からケアをしましょう!

①よく言われるプリン体を多く含む食事やアルコールを控える。
②乳製品をとる
  乳製品は尿酸の排せつを促す働きがあります。1日200mlを目安に。
③アルカリ性食品の摂取

アルカリ性食品で尿酸の排せつを促す

  摂取する事で尿酸が尿中に溶けだして排せつしやすくなります。
  逆に酸性食品は避けてください。

・意外に危険な激しい運動

運動により汗を流せば尿酸も一緒に流れ出る感覚をお持ちかもしれません。

しかし、ながら汗による体内の水分量が少なくなり尿からの尿酸の排せつが減ってしま事により、尿酸がたまりやすくなります。
水分を多くとり尿から尿酸を排せつする習慣を作る必要もあります。

尿酸の元になるプリン体の8、9割は体内生成され、1,2割が食事等から摂取されます。
尿酸値が高い方は以下のような要因もあります。
①尿酸の排せつに問題。
②プリン体の生成が人よりも多い。

体内生成が8,9割方ですので日常生活の中での努力や注意だけでは回避が難しい場合もあります。

・ザイロリックでの高尿酸血症の治療

上記のように努力や注意だけでは高尿酸状態が回避が難しい場合があり、お体の状況によってはお薬治療の選択を検討が必要でしょう。

ザイロリックの主成分(アロプリノール)は体内のプリン体が尿酸を作り出す酵素を阻害します。
これにより、尿酸の生成を抑制して高尿酸血症や痛風発作などを予防する働きがあります。

・ザイロリックの使用体験談

ビールが好きで、毎日缶ビール3本くらいは飲んでいました。会社の飲み会も多く、食事も高カロリーになっていて、細菌は体重が増えてしまっていました。ある日、突然親指に激しい痛みと熱感、腫れが出て、病院を受診しました。整形外科外来を受診すると痛風だといわれ、内科に紹介されザイロリックを処方されました。徐々に痛みや腫れが軽減したのですが、なかなか会社を休んで病院に行くという事ができず薬がなくなってそのままになっていました。
しかし、あの痛みをもう感じるのは嫌だと思っていたときに、先輩から個人輸入を教えてもらいました。病院で出してもらっている内容やメーカーが同じだったので、思い切って購入しました。ネットで簡単に申し込め、すぐに送られてきたので不安はありませんでした。今でも個人輸入で服用し、薬が切れることなく過ごすことができています。

・ザイロリックを個人輸入で用いるメリットとは?

高尿酸血症は、血液内の尿酸値を常に下げる必要があります。ザイロリックの発売元はグラクソスミスクラインであり、国内で処方されているメーカーでもあるために不安なく購入することが出来ます。外来の長い待ち時間も必要なく、自宅で夜中でも注文できることから治療中断のリスクも下がるメリットがあります。

・ザイロリックで高尿酸血症の治療をしましょう。

痛風発作はいつ、どこで起こるかわかりません。激痛や腫れは日常生活に悪影響を及ぼし、悪化すると継続した激しい痛みと腫れが続きます。血液内の尿酸値を下げ、正しく治療を行うためにザイロリックを個人輸入して飲み忘れがないようにしましょう。

 

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


商 品 説 明

■商品名

ザイロリック (Zyroric300mg 1100

■一般名(有効成分名)

アロプリノール300

■効果

有効成分であるアロプリノールが、プリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸の生成を抑制する働きがあります。それにより抗尿酸血症からくる痛風などを起こさない効果があります。

■用法・用量

通常、成人は有効成分のアロプリノールとして、200㎎~300㎎を23回に分けて食後に服用する。年齢、症状によって適宜増減する。

■注意事項

服用を勝手に中止はしないでください。肝臓の悪い人は、定期的に肝臓の検査をしてください。腎臓が悪い人は、血中濃度が上がる危険性があるので、体に異変があれば服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

■副作用

重大な副作用
重い皮膚・粘膜障害:発疹、発赤、みずぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱間や痛み、掻痒感、唇や口内のただれ、咽頭痛、目の充血、発熱、全身倦怠感
ショック・アナフィラキシー症状:悪心・胸部不快感、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え、しびれ、蕁麻疹、全身発赤、顔やのどの腫れ、喘鳴、めまい、血圧低下、意識低下
重い血液成分の異常:発熱、咽頭痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血、歯肉出血
肝臓の症状:倦怠感、食欲不振、嘔気、発熱、発疹、掻痒感、黄疸・黄染、尿が茶褐色
腎臓の症状:尿量減少、無尿、排尿混濁・泡立ち、血尿、浮腫、倦怠感、嘔気、側腹部通、腰痛、発熱、発疹
間質性肺炎:から咳、呼吸苦、息切れ、発熱
横紋筋融解症:手足のしびれ、こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
 
その他の副作用
発疹、蕁麻疹、掻痒感
食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢

■主成分

アロプリノール

■商品名(日本市場)

ザイロリック錠100㎎(GSK)、アロプリノール錠100㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠100㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠100㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠100㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠100㎎「TCK」(辰巳)、アロプリノール錠100㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠100㎎「ZE」(全星)、アロプリノール錠100㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠100㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ケトブン錠100㎎(コーアイセイ)、アロプリノール錠100㎎「トーワ」(東和)、サロベール錠(大日本住友)、ノイファン錠100㎎(ナガセ)、アノプロリン錠100㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠100㎎「ケミファ」(ケミファ)、アロプリノール錠100㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠100㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠100㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠100㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠100㎎「ファイザー」(ナガセ)、ザイロリック50㎎(GSK)、アロプリノール錠50㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠50㎎「ZE」(全星)、アノプロリン錠50㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠50㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠50㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠50㎎「ケミファ」(ケミファ)、ノイファン錠50㎎(ナガセ)、サロベール錠50㎎(大日本住友)、アロプリノール錠50㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠50㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠50㎎「トーワ」(東和)、アロプリノール錠50㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠50㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠50㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠50㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠50㎎「TKC」(辰巳)、アロプリノール錠50㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠50㎎「イセイ」(コーアイセイ)、アロプリノール錠50㎎「ファイザー」(ナガセ)

■メーカー

Glaxo SmithKline

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ザイロリック, アロプリノール, 痛風, 高乳酸血症, Zyloric, 尿酸, 血症, 痛風, Glaxo