• ザイロリック100mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│高尿酸血症に広く処方される治療薬です。

ザイロリック100mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│高尿酸血症に広く処方される治療薬です。

オプション:

数量 価格 単価
商品 x 1 2,911 円
($26.25)
2,911 円
($26.25)
- OR -

高尿酸血症とは?

血液中の尿酸値が高度になり、その状態が長く続くことで尿酸の結晶が出来ます。(尿酸塩結晶)結晶が関節などに沈着することで強い炎症が起き、痛風発作と言われる激痛や腫れ、発熱を起こします。最初の発作は足の親指の付け根に激しい痛みと腫れが出現し、24時間でピークを迎え12週間ほどで軽減していきます。「痛風」を発症するのは男性に多く、その率は90%以上という男女差のはっきりした症状でもあります。

・高尿酸血症の予防と治療

尿酸血症の人の多くは肥満の人であり、予防の方法として減量があげられます。減量を行う事で尿酸値も下がり、痛風以外の合併症である腎臓病や尿路結石、高血圧やメタボリックシンドロームの改善にもつながります。適度なカロリーでバランスの取れた食事を心がけることと、適度な運動を行う事が重要です。強度な運動を行う事で逆に痛風発作を起こすこともあるので運動量には注意が必要です。

体内で尿酸に変わるプリン体の摂取を控える工夫も必要です。プリン体はビールやレバー、エビ、カツオ、枝豆などに多く含まれているので食べる際には摂り過ぎないようにしましょう。高尿酸血症は、薬物治療も有効で、ザイロリックが特におすすめです。
プリン体が多い食事

・ザイロリックでの高尿酸血症の治療

ザイロリックは体内のプリン体が尿酸を作り出す酵素を阻害し、尿酸の生成を抑制して高尿酸血症や痛風発作などを予防する働きがあります。

・ザイロリックの使用体験談

健康診断で尿酸値が高いことを指摘されていたのですが、自分は大丈夫と思って放置していました。ビールが好きで、毎日ビールを飲んでいたのが悪かったのか、あるとき突然脚に激痛が走りました。病院に行くと痛風と言われました。それからも何度も発作を繰り返していたのですが、出張もあり、きちんと薬を飲めていませんでした。病院に行きたくても行けない日々が続き、症状も悪化していたのですが、友人に個人輸入の存在を教えてもらったのです。疑心暗鬼で注文してみましたが、処方されているものと同じ成分のものが届きほっとしました。それからいつも手元に薬があるので、飲めない状況がなくなり、症状も改善していて発作も最近起きなくなりました。

・ザイロリックを個人輸入で用いるメリットとは?

高尿酸血症からくる痛風発作は、いつ起こるか予測不可能です。高尿酸血症は食事療法、運動療法でコントロールしながら、薬物治療の継続が必要不可欠です。しかし定期的な通院が難しいとい人も少なくなく、投薬を中断してしまう場合もあります。個人輸入では、いつでも、ネット環境さえ整っていれば必要事項を記入するだけで購入することが出来るため手軽に購入できます。ストックを取っておくことで投薬中断のリスクも下がるので非常に便利です。

・ザイロリックで高尿酸血症の治療をしましょう。

高尿酸血症は、尿酸塩の結晶が関節などに溜まり、激しい痛みを起こしたり、尿路結石や腎臓病を引き起こす非常に怖い疾患です。個人輸入でザイロリックを購入し、抗尿酸血症の治療をしましょう。


 三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


商 品 説 明

■商品名

ザイロリック (Zyroric 100mg 1100

■一般名(有効成分名)

アロプリノール100

■効果

有効成分であるアロプリノールが、プリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸の生成を抑制する働きがあります。それにより抗尿酸血症からくる痛風などを起こさない効果があります。

■用法・用量

通常、成人は有効成分のアロプリノールとして、200㎎(2錠)~300㎎(3錠)を23回に分けて食後に服用する。年齢、症状によって適宜増減する。

■注意事項

服用を勝手に中止はしないでください。肝臓の悪い人は、定期的に肝臓の検査をしてください。腎臓が悪い人は、血中濃度が上がる危険性があるので、体に異変があれば服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

■副作用

重大な副作用
重い皮膚・粘膜障害:発疹、発赤、みずぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱間や痛み、掻痒感、唇や口内のただれ、咽頭痛、目の充血、発熱、全身倦怠感
ショック・アナフィラキシー症状:悪心・胸部不快感、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え、しびれ、蕁麻疹、全身発赤、顔やのどの腫れ、喘鳴、めまい、血圧低下、意識低下
重い血液成分の異常:発熱、咽頭痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血、歯肉出血
肝臓の症状:倦怠感、食欲不振、嘔気、発熱、発疹、掻痒感、黄疸・黄染、尿が茶褐色
腎臓の症状:尿量減少、無尿、排尿混濁・泡立ち、血尿、浮腫、倦怠感、嘔気、側腹部通、腰痛、発熱、発疹
間質性肺炎:から咳、呼吸苦、息切れ、発熱
横紋筋融解症:手足のしびれ、こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
 
その他の副作用
発疹、蕁麻疹、掻痒感、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢

■主成分

アロプリノール

■商品名(日本市場)

ザイロリック錠100㎎(GSK)、アロプリノール錠100㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠100㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠100㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠100㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠100㎎「TCK」(辰巳)、アロプリノール錠100㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠100㎎「ZE」(全星)、アロプリノール錠100㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠100㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ケトブン錠100㎎(コーアイセイ)、アロプリノール錠100㎎「トーワ」(東和)、サロベール錠(大日本住友)、ノイファン錠100㎎(ナガセ)、アノプロリン錠100㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠100㎎「ケミファ」(ケミファ)、アロプリノール錠100㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠100㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠100㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠100㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠100㎎「ファイザー」(ナガセ)、ザイロリック50㎎(GSK)、アロプリノール錠50㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠50㎎「ZE」(全星)、アノプロリン錠50㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠50㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠50㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠50㎎「ケミファ」(ケミファ)、ノイファン錠50㎎(ナガセ)、サロベール錠50㎎(大日本住友)、アロプリノール錠50㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠50㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠50㎎「トーワ」(東和)、アロプリノール錠50㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠50㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠50㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠50㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠50㎎「TKC」(辰巳)、アロプリノール錠50㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠50㎎「イセイ」(コーアイセイ)、アロプリノール錠50㎎「ファイザー」(ナガセ)

■メーカー

Glaxo SmithKline

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ザイロリック, アロプリノール, 痛風, 高乳酸血症, Zyloric, ザイロリック, GSK, 尿酸, 血症