• ザイロリック100mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│高尿酸血症に広く処方される治療薬です。

ザイロリック100mg(Zyloric)1箱100錠 GSK社│高尿酸血症に広く処方される治療薬です。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 2,911 円 2,911 円
- OR -

▶ザイロリック100mgとは?

  ザイロリック100mgは、痛風の治療と予防に使用される薬です。痛風は、体内の尿酸値が高くなる事で尿酸が関節や腎臓の周りで尿酸が結晶化し痛み伴います。

ザイロリック100mgは尿酸値を下げ、低い状態を保つ効果があるため、尿酸値が高い方や痛風の治療にご使用ください。

痛風発作がない場合でも服用し続ける必要があり、不用意に服用を止めると関節や腎臓に更に多くの結晶が形成されるため症状が悪化する可能性もあります。
尿酸値の多い食事を避けたり、たくさんの水分を摂取する等、ザイロリックの服用以外の対策も併せて行いましょう。


商 品 説 明

■商品名

ザイロリック (Zyroric) 100mg 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

アロプリノール100㎎

■効果

有効成分であるアロプリノールが、プリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸の生成を抑制する働きがあります。それにより抗尿酸血症からくる痛風などを起こさない効果があります。

■用法・用量

通常、成人は有効成分のアロプリノールとして、200㎎(2錠)~300㎎(3錠)を2~3回に分けて食後に服用する。年齢、症状によって適宜増減する。

■注意事項

服用を勝手に中止はしないでください。肝臓の悪い人は、定期的に肝臓の検査をしてください。腎臓が悪い人は、血中濃度が上がる危険性があるので、体に異変があれば服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

■副作用

重大な副作用
重い皮膚・粘膜障害:発疹、発赤、みずぶくれ、膿、皮がむける、皮膚の熱間や痛み、掻痒感、唇や口内のただれ、咽頭痛、目の充血、発熱、全身倦怠感
ショック・アナフィラキシー症状:悪心・胸部不快感、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え、しびれ、蕁麻疹、全身発赤、顔やのどの腫れ、喘鳴、めまい、血圧低下、意識低下
重い血液成分の異常:発熱、咽頭痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血、歯肉出血
肝臓の症状:倦怠感、食欲不振、嘔気、発熱、発疹、掻痒感、黄疸・黄染、尿が茶褐色
腎臓の症状:尿量減少、無尿、排尿混濁・泡立ち、血尿、浮腫、倦怠感、嘔気、側腹部通、腰痛、発熱、発疹
間質性肺炎:から咳、呼吸苦、息切れ、発熱
横紋筋融解症:手足のしびれ、こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
 
その他の副作用
発疹、蕁麻疹、掻痒感、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢

■主成分

アロプリノール

■商品名(日本市場)

ザイロリック錠100㎎(GSK)、アロプリノール錠100㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠100㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠100㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠100㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠100㎎「TCK」(辰巳)、アロプリノール錠100㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠100㎎「ZE」(全星)、アロプリノール錠100㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠100㎎「イセイ」(コーアイセイ)、ケトブン錠100㎎(コーアイセイ)、アロプリノール錠100㎎「トーワ」(東和)、サロベール錠(大日本住友)、ノイファン錠100㎎(ナガセ)、アノプロリン錠100㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠100㎎「ケミファ」(ケミファ)、アロプリノール錠100㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠100㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠100㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠100㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠100㎎「ファイザー」(ナガセ)、ザイロリック50㎎(GSK)、アロプリノール錠50㎎「日医工」(日医工)、アロプリノール錠50㎎「ZE」(全星)、アノプロリン錠50㎎(アルフレッサ)、アロプリノール錠50㎎「アメル」(共和)、アロプリノール錠50㎎「杏林」(杏林)、アロプリノール錠50㎎「ケミファ」(ケミファ)、ノイファン錠50㎎(ナガセ)、サロベール錠50㎎(大日本住友)、アロプリノール錠50㎎「タカタ」(高田)、アロプリノール錠50㎎「サワイ」(沢井)、アロプリノール錠50㎎「トーワ」(東和)、アロプリノール錠50㎎「テバ」(武田)、アロプリノール錠50㎎「ツルハラ」(鶴原)、アロプリノール錠50㎎「日新」(日新)、アロプリノール錠50㎎「あゆみ」(あゆみ)、アロプリノール錠50㎎「TKC」(辰巳)、アロプリノール錠50㎎「タナベ」(ニプロ)、アロプリノール錠50㎎「イセイ」(コーアイセイ)、アロプリノール錠50㎎「ファイザー」(ナガセ)

■メーカー

Glaxo SmithKline

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

アロプリノール - Wikipedia

痛風 - Wikipedia

尿酸 - Wikipedia

プリン (化学) - Wikipedia

痛風の発生するメカニズムとは?

血液中の尿酸値が高いと血液に溶けきれなかった尿酸が結晶となり、結晶が関節などに沈着し蓄積していきます。蓄積された尿酸の結晶は身体が異物として認識するために炎症が起き、それが痛や発熱をし痛風発作を発生します。
最初の発作は足の親指の付け根に激しい痛みと腫れが出現し、24時間でピークを迎え1~2週間ほどで軽減していきます。「痛風」を発症するのは男性に多く、その率は90%以上という男女差のはっきりした症状でもあります。

ザイロリック100mgで痛風の予防と治療

痛風を発症する多くは肥満傾向があり、予防の方法として減量があげられます。減量を行う事で尿酸値も下がり、痛風以外の合併症である腎臓病や尿路結石、高血圧やメタボリックシンドロームの改善にもつながります。
適度なカロリーでバランスの取れた食事を心がけることと適度な運動を行う事が重要です。激しい運動には注意が必要で、発汗により血液の濃度が高まり尿酸の結晶化が起きやすくなるのでなど運動の際にも十分に水分をとる必要が有ります。

また、体内で尿酸に変わるプリン体の摂取を控える工夫も必要です。プリン体はビールやレバー、エビ、カツオ、枝豆などに多く含まれているので食べる際には摂り過ぎないようにしましょう。高尿酸血症は、薬物治療も有効で、ザイロリックが特におすすめです。

プリン体はビールやレバー、エビ、カツオ、枝豆などに多く含まれている

▶ザイロリック100mgは尿路結石に注意

ザイロリック100mgを使用中はオシッコ中での尿酸量が増加するため尿路結石のリスクスクが高まる傾向が有ります。
そのため、尿アルカリ化薬で予防する事も出来ますが、通常は水やお茶をたくさん飲んで尿酸を尿として排泄しやすくする事が必要です。

日ごろから水分を多めにとるようにしましょう!


■参考サイト

服用方法・副作用等の注意事項に感じては次のサイトも参考にしています。

医療用医薬品:ザイロリック







レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 痛風