• コンコール (Concor) 5mg 30錠/箱 |メインテートのジェネリックの主成分ビソプロロールフマル酸塩│血圧を下げる薬です。

コンコール (Concor) 5mg 30錠/箱 |メインテートのジェネリックの主成分ビソプロロールフマル酸塩│血圧を下げる薬です。

*海外からの配送は通常郵便よりお時間を要します。
お早目のご注文をお願いします。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,950 円 3,950 円
- OR -

▶コンコール5mgとは?

コンコール5mgは病院処方と同じメインテートの正規のジェネリック品です。コンコールは過剰な心臓の活動を抑制する効果があります。
第一三共製のコンコールとパッケージが英語版ですが同じ商品です。

血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全にご使用いただけます。



以下のような症状におススメ 高血圧の方
不整脈、狭心症の方
脳卒中や心臓病、腎臓病の予防をしたい方

▶用法 注意事項 等

商品名

コンコール 5mg 30錠/箱

一般名(有効成分名)

ビソプロロールフマル酸塩 (Bisoprolol Fumarate)

効果

  • 本態性高血圧症(軽症?中等症)
  • 狭心症
  • 心室性期外収縮
  • 虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
  • 頻脈性心房細動

用法・用量

成人の場合、1日1回で5mgを服用しますが、年齢、症状などにより適宜増減します。

注意事項

房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、著しい洞性徐脈、洞不全症候群のある方、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方、心原性ショックのある方、非代償性の心不全の方、強心薬又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全の方、肺高血圧による右心不全のある方、重度の末梢循環障害のある方、未治療の褐色細胞腫の方、妊婦又は妊娠している可能性のある方、本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方は服用することができません。服用前に確認して、これらに当てはまる方は服用しないで下さい。

副作用

徐脈、心胸比増大、低血圧、動悸、めまい、倦怠感、浮腫、脱力感、気分不快感、疲労感、四肢冷感、悪寒、しびれ感など副作用が起こる場合があります。

心房細動、心室性期外収縮、胸痛 、心不全、房室ブロックなど重大な副作用が起こる場合もありますので、なにか症状が出た場合には、服用を中止して医者に相談するなど、適切な処置をしてください。

商品名(日本市場)

コンコール (Concor) 5mg (第一三共)

メーカー

Dai-ichi Sankyo

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ビソプロロール - Wikipedia


▶メインテート・ジェネリック(コンコール5mg)とは?

メインテートのジェネリックである、コンコール5mgは、 心臓を休ませ、血圧を下げるお薬です。服用により過剰な心臓の活動を抑制することで、高血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全の治療に使用されています。

コンコール5mg はDaiichi-Sankyo(第一三共)によって製造・販売されており。先発薬の「メインテート錠」は田辺三菱製薬(2011年)より販売され、現在では世界100ヵ国以上で承認・販売されています。
メインテートもコンコール5mgも同じ成分ですので、どちらも同じ効果で多くの医療機関で循環器系疾患の患者のために処方されております。
1日1回服用することで24時間にわたって良好な効果が得られます。

コンコール5mgの服用は拍動をおさえて血圧を下げますので、服用量には十分に注意してください、過剰摂取による血圧の下げすぎは大変、危険です。

高血圧の調整をし心臓を休ませる

▶メインテート(コンコール5mg)とサイレント・キラーの出現を予防

メインテート・ジェネリックのコンコール5mgは高血圧に対応したお薬です。この高血圧は原因がはっきりと分かってはいません。体質や遺伝なども関係しているなど、多数の要因が重なって引き起こす病気とも言われています。塩分過多、喫煙、飲酒などもその原因として挙げられますし、ストレスなども関係していることから、生活習慣病とも呼ばれています。
厚生労働省の「患者調査」(2019年)によると高血圧性疾患の総患者数は約1,000万人となっています。ただし、この数字は継続的な治療を受けていると推定される患者数ですので、自分自身でも気が付かないうちに高血圧になっているという人も多くいるようです。
それが、高血圧は「サイレント・キラー」と言われる所以(ゆえん)になっています。

高血圧なサイレントキラー

▶メインテート(コンコール5mg)だけでない対策!

高血圧は原因が明確ではありませんが、 高血圧は2種類に分別できます。

・「二次性高血圧症」何らかの事情(他の病気により血管が圧迫され高血圧を引き起こすなど)により、高血圧とされているもの。
  *これは罹患者の10%未満にすぎません。

・「本能性高血圧」反対に原因のはっきりしないもの。

高血圧症は多くの人が一生つきあうことになってしまいます。上手な付き合い方は、防ぎ方には日常のケアが大切です。高血圧症は生活習慣病とも呼ばれることから、ご自身の生活習慣を見直すことが最優先です。
食事の改善、運動などが必要になってきます。毎日、コンビニ弁当やインスタント食品を避けるだけでなく、塩分や油分を避けたり豊富な食材を取り入れた栄養のバランスを考えた食事が大切です。また、日ごろから運動をするような「ちょっと」した工夫も必要ではないでしょうか。

エスカレーターではなく階段を上る、人駅前で電車を降りて歩くなどで運動不足の解消など普段からの小さな積み重ねが大切ですね。

日常の運動から高血圧予防

▶コンコール5mgを服用するメリット

有効成分であるビソプロロール酸塩は、通常成人では2.5mgより使用を開始し増減していきます。最高投与量は1日1回5mgですので、コンコール5mgは服用にとても便利です。もちろん、服用後に徐脈、めまい、ふらつきなどの症状がある場合には、医者または病院などに相談してください。
コンコール5mgの服用を始めると少し速足になっても息切れしなくなり、動悸もあまりしなくなると思います。



▽▲▽メインテート5mgのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲

口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: 高血圧