• クロフラニール25mg(Clofranil)クロミプラミン塩酸塩・錠剤 1箱100錠|うつ病、過食症や夜尿症、遺尿症(いにょうしょう)へのお薬

クロフラニール25mg(Clofranil)クロミプラミン塩酸塩・錠剤 1箱100錠|うつ病、過食症や夜尿症、遺尿症(いにょうしょう)へのお薬

  • Sun Pharma
  • M2011250001
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,350 円 3,350 円
商品 x 2 箱 5,900 円 2,950 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 箱 5,500 円 5,500 円
- OR -

▶クロフラニール25mgとは?

クロフラニール25mgはクロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochlorid)を主成分としたうつ病や尿失禁(遺尿症)の治療を目的に用いられます。
クロフラニール25mgは日本でも処方されるアナフラニールのジェネリック医薬品です。

同成分は歴史が長く利用されている抗うつ剤で、強い作用が特徴です。
*ジェネリック薬品とは?
  製薬特許の保護期間が終了した成分を使用し、各社医薬メーカーが安価に製造するお薬です。

クロフラニール25mgの特徴は?

クロフラニール25mgの有効成分はセロトニン(心を落ち着かせる)やノルアドレナリン(意欲を高める)不足による鬱症状の改善効果が有ります。

また、うつ病の症状だけでなく排尿異常への効果があるとして遺尿症(いにょうしょう)の治療にも用いられます。

服用方法

こちらの「クロフラニール」はクロミプラミン塩酸塩が25mg/錠となっています。

・うつ病:50~100mg/日(最大225mgまで可能)を1~3回に分割して服用。

・遺尿症:20~50mg/日を1~2回に分けて服用。

     通常、6歳未満(10~25mg/日)

・ナルコレプシーによる情動脱力発作:10mg~75mg/日を1~3回に分けて服用。

*いずれも、低用量ずつ開始し徐々に増減して下さい。年齢や症状に応じて適宜増減が必要です。
 必要以上に服用しても効果が強くなる訳ではありません。

注意点

服用開始、増量時には精神状態が不安定になる恐れがあります。


商 品 説 明

■商品名

クロフラニール(Clofranil) クロミプラミン塩酸塩 25mg 1箱100錠 

■一般名(有効成分名)

クロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochlorid)

■効果

第一世代の三環系抗うつ薬アナフラニールのジェネリック薬です。
クロフラニールはセロトニン分泌を増やし精神的なバランス調整を補助します。うつ病、過食症や夜尿症、遺尿症(いにょうしょう)などへも使用されます。

■用法・用量

●うつ病など精神科の症状
通常、成人の場合1日50~100mgを1~3回に分割して服用する。
*上限/日は225mgまで
●遺尿症(いにょうしょう)
通常、6歳未満の幼児の場合1日10~25mgを、6才以上の小児の場合1日20~50mgを1~2回に分割して服用する。

ナルコレプシーに伴う情動脱力発作の場合

通常、成人にはクロミプラミン塩酸塩として1日10~75mgを1~3回に分割して服用する。

胃のむかつきを防ぐために充分な量の水で服用してください。
また、柑橘系(グレープフルーツジュース等)を摂取しないでください。

■注意事項

●パーキンソン病のお薬のセレギリンとの併用は禁止です。

●ほかの安定剤と併用する場合は注意が必要です。

  上記のほかにも服用に注意すべきお薬がありますので、服用中のお薬がある場合は事前に医師に相談をして服用を開始してください。

●柑橘系(グレープフルーツジュース等)はお薬の血中濃度が高くなる可能性があるためお薬の服用中は摂取しないでください。

●アレルギー反応を起こした場合は、すぐに最寄りの救急科に進んでください。

  このような反応に通常関連する症状には、呼吸困難または嚥下困難、胸部圧迫感、腫れ、皮膚の発疹、じんましんなどがあります。

●実際に効果が感じられるまで2,3週間かかりますが、効果がないといって許容量以上の服用は絶対にしないでください。

●また、急に服用を止める大きな反動がある場合がありますのでお薬を止める場合は医師に相談してください。

■副作用

▼クロフラニルを使用している患者は、次のような副作用が発生する可能性があります。
●めまい
●眠気
●便秘
●胃のむかつき
● 吐き気
● 嘔吐(おうと)
●口渇

副作用が続く場合、または次のようなより副作用が発生した場合は、すぐに医師に連絡してください。
●痛みを伴うまたは困難な排尿
●発作
●不整脈
●ぼやけた視界
●精神的または気分の変化
●性欲やパフォーマンスの低下
●感染の兆候
●重度の筋肉のこわばり

■主成分

クロミプラミン塩酸塩

■商品名(日本市場)

アナフラニール錠(アルフレッサファーマ社)

■メーカー

サンファーマ社

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

クロミプラミン - Wikipedia
医療用医薬品 : アナフラニール

うつ病 - Wikipedia

 ・セロトニン - Wikipedia





口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: うつ病