• ウルソジェネリック│ウリシーズ (Ulyses) 300mg  1箱100錠 サンファーマ社│慢性肝疾患におけいて胆汁の流れ肝機能を改善します。

ウルソジェネリック│ウリシーズ (Ulyses) 300mg 1箱100錠 サンファーマ社│慢性肝疾患におけいて胆汁の流れ肝機能を改善します。

  • MI00197
  • 配送可能時点で順次配送致します。(新コロナ影響)

オプション:

数量 価格 単価
商品 x 1 5,228 円
($47.15)
5,228 円
($47.15)
- OR -

─胆石とは?

胆石とは胆のうに出来る結石です。加齢によって胆石は出来やすくなり、特に中年女性に多い疾患であるという特徴があります。なぜ年齢と重ねるごとに胆石ができやすくなるのでしょうか。
それは胆石の主成分がコレステロールだからです。通常、胆汁の中のコレステロールはレシチンや胆汁酸によって溶かされてしまいます。しかし、加齢によってレシチンや胆汁酸の分泌量が低下してしまうのです。若い頃はとんかつやエビフライ、焼き肉などの脂が多い料理をどんなに食べても胸焼けしなかったのに、年齢を重ねてから脂が多い料理を食べたいと思わなくなったという方も多いでしょう。このような経験からもわかるように人間は年齢を重ねるごと消化の能力が衰えていくのです。これに加えて高コレステロールの食事を続けることでコレステロールが溶けきれなくなってしまい結晶化して胆石となるのです。
この状態を放置してしまうと吐き気や鈍痛など様々な症状に悩まされることになるでしょう。

─胆石ができてしまった場合

胆石ができてしまった場合には手術で取り除くか薬物治療しかありません。現在、胆石の症状がでている方は医療機関を受診した方が良いでしょう。
胆石は激しい痛みを生じることが多いので、即手術ということもあり得ます。一般的に1週間程度の入院で胆石の検査から手術までが行われます。胆石の手術の費用は70~80万円程度が相場とされているので3割負担の方であれば25~30万円程度となります。
胆石の症状には、下痢、胃痛、腰痛などがあります。下痢、胃痛の場合であれば体調がおかしいことに気付いて内科を受診する方もいるでしょう。しかし、腰痛が胆石の症状だということはあまり認知されていないので見過ごされがちです。
胆石は初期症状に察知することが重要です。日頃からこれら胆石の症状がでていないかチェックしていくとよいでしょう。

胆石ができた場合の対処

*胆嚢の摘出手術

─ ウリシーズ(ウルソデオキシコール酸)の服用

ウルソデオキシコール酸は元々は熊の胆嚢(たんのう)を治療薬として使用しておりました。
日本へは中国経由(東洋医学)で熊の胆(くまのい)として伝わりました。

この熊の胆を化学的に合成製造したのが、ウリシーズの主成分の「ウルソデオキシコール酸」になります。
胆石の治療の際には第一選択肢として「ウルソデオキシコール酸」のような薬物治療が選ばれることが少なくありません。

ウルソデオキシコール酸は胆汁酸の一種です。加齢によって胆汁酸の分泌が少なくなっている方は胆石ができやすくなります。そのため、ウルソデオキシコール酸によって胆汁酸を追加していくという治療方法です。
ウルソデオキシコール酸を服用により肝臓の血液を増加させることで、肝細胞を保護する作用があります。
そして胆汁の循環を良くしコレステロール系の胆石を溶かす働きがあります。また同時に胆石が出来にくくなるので胆石の痛みの緩和にもつながります。
*小さいコレステロール系の胆石を溶かす場合に適していますが、石灰化もしくは大きな胆石には向きません。 

ウリシーズの服用の効果

─ 胆石が出来なやすい胆汁分泌の低下時

危険信号としては、以下のような症状が見受けられます。
・便が白っぽくなる
・皮膚・白目が黄色っぽくなる
・尿が茶色っぽくなる
・食欲不振・むかつき・皮膚のかゆみ

─ 原因と日常の対策

胆汁は分泌低下の原因は、食、生活習慣、ストレスや疲れ等が第一要因と言われています。
投薬治療等をしても、やはり根本の原因が改善されなければ再発の危険性があります。
ですので、まずはこれらの改善から始める必要もあります。
また、十二指腸に分泌された胆汁は全て排泄されるわけではなく、再利用すべく腸内で吸収されますので肝臓だけでなく腸の健康維持も大切になります。
─ ウリシーズ(ウルソデオキシコール酸)服用の体験

40歳を過ぎた頃から胃もたれを感じるようになりました。特に痛みはなかったため、放置していたのですが、健康診断でコレステロールが高いことを指摘されました。昔ほど脂っこいものを食べなくなったのになぜ高くなっているのか不思議に感じました。また、胆石ができているという指摘もされてしまったのです。
幸い重症といえるほどの胆石ではなかったため、手術という選択はとらずにウルソデオキシコール酸を服用しています。服用を始めてからというもの胃もたれの症状もなくなり胆石もどんどんと小さくなっていきました。これまでの悩みが解消されて大変嬉しく感じています。今後もウルソデオキシコール酸を服用しつつ、食事や運動に気をつけていきたいです。

─ ウリシーズ(ウルソデオキシコール酸)を服用するメリットとは?

人間は誰でも加齢によって胆汁酸の分泌が少なくなってしまいます。それにも関わらず若い頃と同じような食生活を送っていると遅かれ早かれ胆石はできてしまうのです。
バランスが良く、コレステロールが少ない食生活を送らなければいけません。しかし、毎食このような食事ばかりでは飽きてしまいますよね。人間の三大欲の1つが食欲です。好きなものを食べたい時もあることでしょう。
そんな時にウルソデオキシコール酸を服用していれば、これが可能になります。ウルソデオキシコール酸を服用しながら満足のいく食生活を送りましょう。

─ ウリシーズ(ウルソデオキシコール酸)で胆石の悩みを解消しよう。

ウルソデオキシコール酸は医療用医薬品としても一般用医薬品としても商品化されている医薬品です。最近、消化機能が弱くなってきていると感じている方には非常に適しているといえます。
胆石は大きくなってしまうと手術で取り除く必要性がでてきます。胆石ができないような体環境を作ることが重要なのです。胆石ができてしまう前にウルソデオキシコール酸で体内の胆汁酸を補って強い消化力を手に入れましょう。

 三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


商 品 説 明


■商品名

ウリシーズ Ulyses 300mg 1箱 100錠

■一般名(有効成分名)

ウルソデオキシコール酸 Ursodeoxycholic Acid

■効果

胆道(胆管・胆のう)系疾患及び胆汁うっ滞を伴う肝疾患、慢性肝疾患における肝機能の改善における利胆作用。小腸切除後遺症、炎症性小腸疾患における消化不良。外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解。原発性胆汁性肝硬変における肝機能の改善。C型慢性肝疾患における肝機能の改善などさまざまな効果があります。

■用法・用量

外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解には、ウルソデオキシコール酸として、通常、成人1日600mg(本剤2錠)を3回に分割経口投与してください。
なお、年齢、症状により適宜増減します。

■注意事項

完全胆道閉塞のある方は服用することができません。利胆作用があるため、症状が増悪するおそれがあります。また、劇症肝炎の方は症状が悪化する可能性があるため服用することができません。妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない方が良いでしょう。また、一般に高齢者では生理機能が低下しているので、用量に注意する必要があります。

■副作用

消化器症状としては下痢、悪心、食欲不振、便秘、胸やけ、胃不快感、腹痛、腹部膨満、嘔吐が起こることがあります。
過敏症としてはそう痒、発疹、蕁麻疹、紅斑(多形滲出性紅斑等)、肝臓の副作用としてはAST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、ビリルビン上昇、γ-GTP上昇 が起こることがあります。全身倦怠感、めまい、白血球数減少 の副作用があります。また、重大な副作用としては間質性肺炎があります。
どの副作用も頻度不明であり、副作用が発生する可能性は低いですが、このような症状が現われた場合には服用を中止して適切な処置を行いましょう。

■商品名(日本市場)

ウルソ(田辺三菱製薬)
ウルソデオキシコール(全星薬品、全星薬品工業、高田製薬、日医工、沢井製薬、辰巳化学、日本ジェネリック、武田薬品工業、武田テバファーマ、東和薬品)


■メーカー

Sun Pharma Laboratories Ltd または Lupin Ltd.

※ご注文時期により、いずれかのパッケージでの出荷となります。
Sun Pharma Laboratories Ltd:パッケージ白
Lupin Ltd.:パッケージ紫 

 

 

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ウリシーズ, ウルソデオキシコール酸, ウルソ, 胆汁, 胆石, 肝臓病, sun, サン, 胆道, 肝疾患, ウルソ