• パリエットジェネリック ラベマック (Rabemac) 10mg 1箱 100錠 Macleods社│消化性潰瘍治療薬です。

パリエットジェネリック ラベマック (Rabemac) 10mg 1箱 100錠 Macleods社│消化性潰瘍治療薬です。

  • MI00211
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 4,696 円 4,696 円
- OR -

商 品 説 明

■商品名

ラベマック10㎎ 1箱100錠 

■一般名(有効成分名)

ラベプラゾールナトリウム

■効果

有効成分であるラベプラゾールナトリウムが胃酸の分泌を抑制して潰瘍や炎症を和らげます。
逆流性食道炎の治療にも用いられ、胸やけや嘔気、嘔吐、痛みの改善にも効果があります。
また、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌の補助剤としても有効です。

■用法・用量

<胃・十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinder-Ellison症候群>
通常、成人では1錠(10㎎)を1日1回服用とします。病状によっては1錠(10㎎)を1日2回(20㎎)服用となります。
また、胃潰瘍・吻合部潰瘍では8週間、十二指腸潰瘍では6週間の服用とします。

<逆流性食道炎>
通常、成人では1錠(10㎎)を1日1回服用とします。病状によっては1黄(10㎎)を1日1回(20㎎)服用となります。
通常8週間の服用となりますが、プロトンポンプインヒビターで効果が十分得られない場合には1回1錠(10㎎)~2錠(20㎎)を1日2回、更に8週間服用することができます。

■注意事項

服用を勝手に中止はしないでください。 抗エイズ剤を服用中の人は服用しないでください。

■副作用

<重大な副作用(頻度不明)>
アナフィラキシーショック、ショック、汎血球減少、無類粒球症、血小板減少、溶血性貧血、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多型紅斑、急性腎障害、間質性腎炎、低ナトリウム血症、横紋筋融解症

<重大な副作用>
視力障害、錯乱状態

<その他の副作用>
過敏症:発疹、掻痒感、蕁麻疹
血液:白血球減少、白血球増加、好酸球増多、貧血、赤血球減少、好中球増多、リンパ球減少
肝臓:AST(GOT)、ALT(GPT)、AI-P、γ-GTP、LDH、総ビリルビンの上昇
消化器:便秘、下痢、腹部膨満感、嘔気、口内炎、腹痛、苦味、カンジダ症、胃もたれ、口渇、食欲不振、鼓脹、舌炎、嘔吐、顕微鏡的大腸炎
精神神経系:頭痛、めまい、ふらつき、眠気、四肢脱力、知覚鈍麻、握力低下、口のもつれ、失見当識、せん妄、昏睡
その他:総コレステロール・中性脂肪・BUNの上昇、蛋白尿、血中TSH増加、かすみ目、浮腫、倦怠感、発熱、脱毛症、しびれ感、CK(CPK)の上昇、目のちらつき、関節痛、筋肉痛、高アンモニア血症、低マグネシウム血症、女性化乳房

 以上の症状がみられた場合は服用を中止し、医師に相談してください。

■商品名(日本市場)

パリエット錠5㎎(エーザイ)、パリエット錠(10㎎)、パリエット錠(20㎎)、ラベプラゾールNa錠10㎎「アメル」(共和薬品工業)、ラベプラゾールNa錠20㎎「アメル」(共和薬品工業)、ラベプラゾールNa錠10㎎「サワイ」(沢井製薬)、ラベプラゾールNa錠20㎎「サワイ」(沢井製薬)、ラベプラゾールNa錠10㎎「AA」(あすか製薬)、ラベプラゾールNa錠20㎎「AA」(あすか製薬)、ラベプラゾールNa錠10㎎「YD」(陽進堂)、ラベプラゾールNa錠20㎎「YD」(陽進堂)、ラベプラゾールNa錠10㎎「JG」(日本ジェネリック)、ラベプラゾールNa錠20㎎「JG」(日本ジェネリック)、ラベプラゾールNa錠10㎎「トーワ」(東和薬品)、ラベプラゾールNa錠20㎎「トーワ」(東和薬品)、ラベプラゾールNa錠10㎎「日新」(日新製薬―山形)、ラベプラゾールNa錠20㎎「日新」(日新製薬―山形)、ラベプラゾールNa錠10㎎「杏林」(キョーリンリメディオ)、ラベプラゾールNa錠20㎎「杏林」(キョーリンリメディオ)、ラベプラゾールNa錠10㎎「BMD」(ビオメディクス)、ラベプラゾールNa錠20㎎「BMD」(ビオメディクス)、ラベプラゾールNa錠10㎎「ファイザー」(ファイザー)、ラベプラゾールNa錠20㎎「ファイザー」(ファイザー)、ラベプラゾールNa錠10㎎「TYK」(武田テバ薬品)、ラベプラゾールNa錠20㎎「TYK」(武田テバ薬品)、ラベプラゾールNa塩錠10㎎「オーハラ」(大原薬品工業)、ラベプラゾールNa塩錠20㎎「オーハラ」(大原薬品工業)、ラベプラゾールNa塩錠10㎎「明治」(Meiji Seika)、ラベプラゾールNa塩錠20㎎「明治」(Meiji Seika)、ラベプラゾールナトリウム錠10㎎「FFP」(シオノケミカル)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「FFP」(シオノケミカル)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「TCK」(辰巳化学)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「TCK」(辰巳化学)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「日医工」(日医工)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「日医工」(日医工)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「NP」(ニプロ)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「NP」(ニプロ)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「サンド」(サンド)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「サンド」(サンド)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「科研」(ダイト)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「科研」(ダイト)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「ケミファ」(日本ケミファ)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「ケミファ」(日本ケミファ)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「タイヨー」(大興製薬)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「タイヨー」(大興製薬)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「ゼリア」(ゼリア新薬工業)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「ゼリア」(ゼリア新薬工業)、ベプラゾールナトリウム錠10㎎「NPI」(日本薬品工業)、ベプラゾールナトリウム錠20㎎「日本薬品工業」

■メーカー

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


━ラベマックでの十二指腸潰瘍の治療

ラベプラゾールナトリウムは胃の中で胃酸分泌を抑える働きがあります。
胃酸分泌を抑制することで、過度の胃酸が胃壁に潰瘍を形成することを防ぎ、逆流性食道炎からおこる痛みや胸やけを和らげる効果があります。
十二指腸潰瘍の場合は1回10㎎を1日1回内服し、症状の緩和を目指します。

━十二指腸潰瘍とは?

十二指腸潰瘍の原因は、過度の胃酸分泌や非ステロイド性抗炎症薬、ヘリコバクター・ピロリ菌といわれています。
それらの影響によって胃壁に潰瘍ができ、空腹時や夜間などに腹痛を起こす疾患です。胃もたれや吐き気、嘔吐、食欲不振、肩の痛みを訴える人もいますが無症状の人もいるので注意が必要です。
十二指腸潰瘍が進行すると消化管壁から出血して、吐血や下血、貧血を起こします。
さらに進行すると穿孔といって胃壁に穴があき強烈な痛みが体を襲います。そうなると手術が必要となる場合もある楽観視できない疾患なのです。
そして潰瘍を繰り返すことで胃がんのリスクも高くなることがわかっています。

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の疑い

*胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い

━十二指腸潰瘍の予防と治療

十二指腸潰瘍の治療としては、ヘリコバクター・ピロリ菌が陽性の人は、まずは除菌を行う事が必要です。
十二指腸潰瘍がなかなか治癒しない人は、ヘリコバクター・ピロリ菌が胃内に存在するかのチェックを行うと良いでしょう。
通潰瘍発症の急性期には食事療法が必要で、メニューとしては消化の良いものや胃酸を中和するミルクやバニラアイスクリームの摂取が勧められています。

ある程度症状が落ち着いてくると普通に食事を摂ってもかまいませんが、規則正しい食習慣が好ましいです。
生活習慣においても、タバコやアルコール、カフェインなどの刺激物は潰瘍を再発させる要因ともなるので控えたほうがよいでしょう。
十二指腸潰瘍の治療は薬物療法も有効で、個人輸入で購入できるプロトンポンプ阻害剤のマクラウド社のラベプラゾールナトリウムを特におすすめします。

━ラベマックの使用体験談

夜中に急に胃が痛みだし、冷や汗も出るくらいでした。病院に行くと十二指腸潰瘍だと診断され、ラベプラゾールナトリウムを処方されました。
その時は胃の痛みも和らぎ、事なきを得たのですが、再発を繰り返すようになりました。
胃の痛みは夜間や空腹時に急におこり、病院に行く時間に症状が出るとは限らず、不安な毎日を送っていたのですが、友人からラベマックのラベプラゾールナトリウムを教えてもらいました。
始めは個人輸入ということで不安もあったのですが、購入してみると簡単で、思ったより早く到着しました。薬が手元にあることで夜間に病院に走るといったこともなくなり、今は毎日安心して生活しています。

━ラベマックを個人輸入で用いるメリットとは?

十二指腸潰瘍の痛みはいつ起こるか予想不可能です。
病院で処方してもらった内服薬は飲み切ることが基本であり、いつも手元にあるとは限りません。
その点個人輸入では症状が出ていない状態でも購入することができるので、急な腹痛にも常備していれば対応することが出来ます。また、病院で診察を待つ苦痛からも解放されるので、個人輸入は十分なメリットがあるといえるでしょう。

━ラベマックで十二指腸潰瘍の治療をしましょう。

十二指腸潰瘍は、胃壁に潰瘍ができ、腹痛やお嘔気・嘔吐、胸やけ、肩の痛みなどの症状を伴った病気です。
放置したり再発を繰り返すことで胃穿孔ができ、手術になることもある危険な疾患です。
炎症が常にあることで胃がんのリスクも高くなります。
ラベマック社ラベプラゾールナトリウムをしっかりと内服し、十二指腸潰瘍をきちんと治しましょう。

━ラベマックは胃食道逆流症にも有効です。

胃食道逆流症(いしょくどう-ぎゃくりゅうしょう)の症状としては

食後の胸焼け」「酸っぱく感じる」、ゲップやしゃっくり等が出るなど不快な症状となります。
具体的な状態としては胃の内容物が酸性の胃酸と食道に戻ってしまいます。

食道に胃酸が入ると、食道が酸で傷ついてしまう症状が起きます。

まずは「ラベマック」の服用で胃酸の逆流が抑えられるので、非常に楽に感じると思います。
ただし、原因は食生活、生活習慣(ストレス)等であり、原因が解消しないとなかなか治癒されないなど症状が長期で継続する場合があります。

ラベマック(ラベプラゾールナトリウム)は胃食道逆流症にも有効です。


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ラベプラゾール, PPI, パリエット, プロトンポンプ, 逆流, 食道炎, 消化, 潰瘍, 十二指, ラベマック, Macleods