• ムコスタジェネリック│レバミピド (レバゲン-Rebagen) 100mg 1箱100錠 Macleods社│胃壁を守る粘膜を増加させるため胃潰瘍に使用されます。

ムコスタジェネリック│レバミピド (レバゲン-Rebagen) 100mg 1箱100錠 Macleods社│胃壁を守る粘膜を増加させるため胃潰瘍に使用されます。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,890 円 3,890 円
- OR -

商 品 説 明

■商品名

ムコスタジェネリック|REBAGEN レバミピド100㎎ 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

レバミピド

■効果

有効成分であるレバミピドが胃粘膜障害を抑制するとともに、胃粘膜の分泌を促進し、保護・修復します。

■用法・用量

通常、成人に対して1回1錠 1日3回 朝、夕、眠前に服用します。

胃潰瘍、急性胃炎ともに用法、用量は変わりませんが、いずれの場合も医師の指示に従って服用してください。

■注意事項

飲み忘れた場合は早めに1回量を服用してください。次の服用までの時間が近い場合は1回飛ばし、2回量を1度に服用しないでください。

誤って過剰に服用した場合は医師または薬剤師に相談してください。

自己判断で服用を中止しないでください。

■副作用

主な副作用

発疹、薬疹様湿疹、蕁麻疹、かゆみ

このような症状が出現した場合は、医師に相談してください。

まれに起こる副作用

冷や汗、蕁麻疹、呼吸困難といったアナフィラキシーショック様症状

咽頭痛、発熱、鼻血、歯茎の出血などの白血球減少・血小板減少により起こる症状

全身倦怠感、食欲不振、皮膚や粘膜などの黄染といった肝機能障害や横断の症状

■主成分

レバミピド

■商品名(日本市場)

ムコスタ錠100㎎(大塚製薬)、レバミピドOD錠100㎎「NS」(日新製薬―山形)、レバミピドOD錠100㎎「YD」(陽進堂)、レバミピドOD錠「明治」(Meiji Seika ファルマ)、レバミピド錠100㎎「DK」(アルフレッサファーマ/大興製薬)、レバミピド錠100㎎EMEC」(エルメッドエーザイ/大原薬品工業)、レバミピド錠100㎎「JG」(日本ジェネリック)、レバミピド錠100㎎「KTB」(寿製薬)、レバミピド錠100mg「MED」(旭化成ファーマ/メディサ新薬)、レバミピド錠100mg「NP」(ニプロ)、レバミピド錠100mg「NPI」(日本薬品工業)、レバミピド錠100mg「NS」(科研製薬/日本製薬―山形)、レバミピド錠100mg「SN」(シオノケミカル)、レバミピド錠100mg「TCK」(富士フイルムファーマ/辰巳化学)、レバミピド錠100mg「TSU」(鶴原製薬)、レバミピド錠100mg「TYK」(武田テバファーマ、武田薬品工業/武田テバ薬品)、レバミピド錠100mg「YD」(第一三共エスファ/陽進堂)、レバミピド錠100mg「ZE」(全星薬品、三和化学研究所/全星薬品工業)、レバミピド錠100mg「あすか」(武田薬品工業/あすか製薬)、レバミピド錠100mg「アメル」(共和薬品工業)、レバミピド錠100mg「ケミファ」(日本ケミファ)、レバミピド錠100mg「サワイ」(沢井製薬)、レバミピド錠100mg「タカタ」(高田製薬)、レバミピド錠100mg「タナベ」(ニプロESファーマ)、レバミピド錠100mg「トーワ」(東和薬品)、レバミピド錠100mg「ファイザー」(ファイザー)、レバミピド錠100mg「マイラン」(三和化学研究所/マイラン製薬)、レバミピド錠100mg「杏林」(杏林製薬/キョーリンリメディオ)、レバミピド錠100mg「日医工」(日医工)、レバミピド錠100mg「明治」(Meiji Seika ファルマ)、レバミピド錠100mg「クニヒロ」(皇漢堂製薬)、レバミピド錠100mg「DSEP」(第一三共エスファ)、レバミピド錠100mg「Me」(Meiji Seika ファルマ)、レバミピド錠100mg「オーツカ」(大塚製薬工場)

■メーカー

Macleods Pharmaceuticals Limited


・レバミピドによる胃潰瘍の治療

有効成分のレバミピドが胃粘膜プロスタグランジンE2を増加させることで、胃粘膜の障害を抑えます。
胃の粘膜の血流量や粘膜の分泌を増加させることで炎症を抑え、保護・修復をおこないます。

・胃潰瘍とは?

食事中や食後にみぞおちの鈍痛で苦しんだ、ということはありませんか?それは胃潰瘍の症状かもしれません。
ストレスの多い現代、胃潰瘍を発症する確率も多くなっています。進学や就職など、環境の変化も大きな要因となっています。
また、消炎鎮痛剤による潰瘍の予防に併用投与されることも多いのです。
近年ではヘリコバクターピロリ菌による影響の可能性も指摘されています。
バリウム検査や内視鏡検査で潰瘍の有無が診断できるので、症状が持続する場合は検査が必要となります。

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違いは発生場所等で区別されます

*胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い


・胃潰瘍の予防と治療

胃潰瘍の予防は、以下の通りです。

<食事療法>
過剰な胃酸が分泌されないように、胃に負担の少ない食事を心がけたり、暴飲・暴食をしないということが大切です。

ヘリコバクターピロリの除菌

検査によってヘリコバクターピロリ菌が検出された場合は、医師の指示にしたがって服用による除菌が必要となります。

<薬剤投与>
胃粘膜を保護し、胃酸の刺激から胃壁を守る薬剤を服用し、胃潰瘍を治療します。
ムコスタのジェネリックであるレバミピドは胃粘膜を保護する薬剤で、多くの胃潰瘍の患者様に処方されている優れた内服薬です。

・レバミピドの使用体験談

転職して人間関係に気を遣っていたからでしょうか、食後にキリキリと、みぞおちから左にかけての痛みが起こる様になりました。
繰り返し起こす痛みが苦痛で、病院を受診した際にレバミピドを処方されました。しばらく服用することで症状は改善していったのですが、職場にも馴れ、仕事帰りに飲みに行く機会が増えると、またあの痛みが出てきました。
その頃は仕事も忙しくなり、中々病院に行くという事が出来ませんでした。
ネットで個人輸入することが出来ると知り、利用してみると手軽に購入することが出来ました。
今ではなくなる前に注文して、継続して飲むことが出来るので症状は安定しています。
これからも賢く個人輸入を利用していきたいと思います。

・レバミピドを個人輸入で用いるメリットとは?

多くの医療機関で処方されているレバミピド。処方されて内服しているという方は多いと思います。
体調にあった内服薬を手軽に購入できる点で、個人輸入は最適です。
診療時間外であってもネット環境さえあれば即時注文できることから、忙しい人でも症状を我慢することなく購入することができるのです。
保険診療では処方される錠数が決まっているために頻回に受診しなければなりませんが、1箱100錠から購入できるので毎日服用する場合でも、何度も手間をとって購入する必要がありません。
先発品に比べて薬価も抑えられているので、安価に購入できるというメリットもあります。

・レバミピドで胃潰瘍の症状を早期に治療しましょう。

ストレス社会の現在、心身ともに負荷がかかり、胃潰瘍になる確率も高くなっています。
胃潰瘍は放置をすると、胃穿孔を起こしたり、出血を起こし危険な状態になるリスクも大きい疾患です。そうなってしまうと、入院や手術といったことにもなり兼ねません。
胃の痛みが出現した時に、早期からレバミピドを服用することで症状は軽減され、重症化する可能性も低くなってきます。
症状悪化の前に個人輸入でレバミピドを購入し、服用して胃潰瘍の治療をしていきましょう。

レバミピドはお薬ですので使用上の注意を守ってご利用ください。

レバミピドも薬ですから必ず副作用はあります

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ムコスタ, レバミピド, ムコスタジェネリック, 胃炎, 胃粘膜, 潰瘍, 胃炎, 胃酸, Macleods,