• パリエット 20mg (Pariet)  1箱28錠 ジョンソン・エンド・ジョンソン│消化性潰瘍治療薬です。

パリエット 20mg (Pariet) 1箱28錠 ジョンソン・エンド・ジョンソン│消化性潰瘍治療薬です。

  • Johnson & Johnson
  • MI00255
  • 配送可能時点で順次配送致します。(新コロナ影響)

オプション:

数量 価格 単価
商品 x 1 1,924 円
($17.35)
1,924 円
($17.35)
商品 x 2 3,082 円
($27.80)
1,541 円
($13.90)
- OR -

━━逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは胃酸や食物などが胃から食道に向かって逆流することで、食道が胃液や胃酸によって傷害される病気のことで、胸やけ、胸痛、げっぷ、食道の詰まり感、食道が痛い、などの症状を伴います。逆流性食道炎は、食道潰瘍、悪性リンパ腫、食道静脈瘤などと共に、食道に起こる疾患として知られています。

食事(特に暴食や夜食)の後に胸やけやもたれを感じたり、ゲップが出たりするようであれば逆流性食道炎を発症している可能性があります。近年、仕事のストレス、食生活の欧米化、生活習慣の多様化などに伴って逆流性食道炎が急増しており、大きな問題となっています。

逆流性食道炎は放置しておくと食道癌のリスクが高まるとも言われているため、症状に気づいた場合は早急に治療することが必要になります。

━━逆流性食道炎の治療方法は?

逆流性食道炎は、症状が重い場合は外科手術によって治療することもありますが、軽症であれば薬で治療することが可能です。パリエットのような制酸作用の優れた薬を適切に服用することで自宅にいながらでも治療することが可能です。

━━パリエットによる逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の原因
逆流性食道炎の大きな原因に胃酸の過剰分泌があります。胃内に過剰の胃酸が分泌されると、これらが逆流して食道に流れ込むことで胸焼け、ゲップ、食道の詰まり感、食道が痛いなどの症状が起こります。パリエットはプロトンポンプ阻害剤(PPI)と呼ばれるタイプの制酸剤で、非常に強力な胃酸分泌抑制作用があります。パリエットを服用することで、胃酸の分泌を抑えられ、逆流性食道炎の症状が大きく改善されます。

━━パリエットの使用体験談

私の同僚は以前、仕事のストレス、食べ過ぎ、飲みすぎ、不規則な食事などを原因として逆流性食道炎を発症しました。食道の詰まり感や違和感から始まり、食道が痛いと感じることも多くなりました。次第に、胸やけやゲップなどの症状も出始め、口臭もひどくなってきたため、逆流性食道炎ではないかと思い、治療を開始することにしました。

しかし、彼は仕事が多忙で病院に行く暇もなかったため、パリエットの個人輸入という手段を選択しました(国内ではパリエットは処方箋が無いと購入できません)。服用を始めてからは、胸やけ、ゲップ、口臭などの症状がスッキリと治まり、快適な日常生活が送れるようになったとのことです。

━━パリエットを個人輸入するメリットとは?

パリエットの個人輸入には以下のようなメリットがあります。

➀医療費を節約できる
パリエットは国内の医療機関で処方してもらうこともできますが、薬代の他にも診察料、検査料、薬局での調剤費用など様々な負担が発生します。一方で、パリエットを個人輸入で購入する場合は基本的には薬代と代行業者への手数料しか発生しないため、より割安な価格で消化性潰瘍を治療することが可能となります。

➁受診の手間を節約できる
一般に医療機関を受診してパリエットを処方してもらうまでには多くの時間がかかります。病院と薬局の両方で長時間待たされるため、半日がかりとなることも珍しくありません。一方で、パリエットを個人輸入する場合は、インターネットのサイトに必要事項を入力するだけで済むためほとんど手間がかかりません。このため、仕事の忙しい方でもすぐに治療を開始できます。

━━パリエットで逆流性食道炎を治療しましょう

逆流性食道炎は放置しておくとますます悪化し、食道がんのリスクファクターにもなります。こうした事態を避けるためにも一刻も早く治療を開始する必要があります。パリエットは大変優れた制酸剤で、多くの人で消化性潰瘍の症状を劇的に改善することが可能なため、事情により医療機関を受診できない方はぜひこの機会に個人輸入をご検討いただければと思います。


三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。


商 品 説 明

■商品名

パリエット ラベプラゾールナトリウム 20mg 1箱28錠

■一般名(有効成分名)

ラベプラゾールナトリウム

■効果

胃の壁細胞にはプロトンポンプと呼ばれる機構があり、胃酸の分泌に重要な役割を果たしています。パリエットはこのプロトンポンプの働きを強力に阻害することで、胃酸分泌を抑制し、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍などを治療します。

■用法・用量

成人の方は、20mgを1日1回服用します。服用するタイミングは食前でも食後でも構いません。服用する時間帯には特に制限はありませんが、毎日同じ時間に服用すると安定した効果を得ることができます。

■注意事項

  • アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を服用中の方はパリエットを服用することができません。
  • 他に治療中のご病気がある方、服用中の薬がある方はパリエットを服用できない場合があるので、必ず事前に医師に相談するようにしてください。
  • 高齢の方、小児の方、妊娠中の方、授乳中の方は服用前に医師に相談するようにしてください。
  • 肝障害のある方は服用前に医師に相談するようにしてください。

■副作用

パリエットは安全性が高く、副作用の少ない薬とされていますが、下痢、腹痛、便秘、肝機能検査値異常、味覚異常などが生じる可能性があります。服用後に異常が見られた場合は、すぐに服用を中止して医師に相談してください。

■主成分

ラベプラゾールナトリウム

■商品名(日本市場)

パリエット錠5mg/パリエット錠10mg/パリエット錠20mg

■メーカー

Johnson & Johnson

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: ラベプラゾール, 潰瘍, 胃酸, 抑制, Zollinger, Ellison症候群, 逆流, 食道, パリエット, ジョンソン, ジョンソン, ピロリ