• ニコテックス2㎎ 9個/箱(ニコレットジェネリック禁煙ガム・パーン味)

ニコテックス2㎎ 9個/箱(ニコレットジェネリック禁煙ガム・パーン味)

  • Cipla LTD.
  • MI22090601IN
  • 在庫あり

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 1,397 円 1,397 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 箱 5,288 円 5,288 円
- OR -

▶ニコテックス2㎎とは?

ニコテックスは比較的容易に禁煙時に取り入れらる禁煙補助薬です。
当製品はチューイングガムを嗜好するように、ニコチン入りのガムによる「ニコチン代替療法 (NRT) の原理」による禁煙支援するニコチンガムです。
12週間を目安に継続使用する事で自然に喫煙習慣を止めさせてくれます。

禁煙時の禁断症状や喫煙欲求をニコチン入りガムで和らげてくれます。

ニコチンの依存度は実はヘロインやコカインなどよりも高いとも言われています。
一部の人は簡単に喫煙をやめる事も出来ますが、根性や家族の協力があっても禁煙が出来ない人は依存症が高い、ドーパミンが正常に出ない病気として考えてください。
ですので、投薬における治療も決して恥ずかしくはありませんので、病気として治療をおススメ下さい。

▶用法 注意事項 等

商品名

ニコテックス2㎎(nicotex nicotine gum paan) パーン味

一般名(有効成分名)

ニコチン2㎎

ニコテックス2㎎の効果

禁煙を補助する商品として利用される。
禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの禁断症状の緩和。

ニコテックス2㎎の用法用量

ニコテックス2㎎の利用者の目安としては喫煙量が1日20本未満が対象とされています。

・タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30~60分間かけてかむ。

・1日の使用個数(*)は、通常1日4~12個から始めて適宜増減するが、1日の総使用個数は24個を超えないこと。

・禁煙になれてきたら(1ヵ月前後)、1週間ごとに1日の使用個数を1~2個ずつ減らし、1日の使用個数が1~2個となった段階でニコテックスの使用を止めます。

なお、使用期間は3ヵ月を目処とする。

ニコテックス2㎎の食べ方

ニコテックス2㎎は「お口の中の貼り薬」とイメージ下さい。少し噛んでからガムは口の中に置いておく事になりニコチンは口の粘膜から吸収されます。
出てきた余分な唾液はこまめに吐き出すようにしてください。

ずーっと噛み続けるとすぐにガムの中のニコチンが無くなってしまいます。


1.ゆっくりと噛む

ピッとした味を感じるまで、ゆっくりと噛みます(15回程度)


2.ホホと歯茎(はぐき)の間に置く
噛んだガムをホホと歯茎に置きます。
(味が無くなるまで約1分以上)


3.約30~60分で捨てる

1↔2を約30~60分で繰り返してください。

ニコテックス2㎎の副作用

ニコテックス2㎎は副作用としては口腔内や喉の刺激感、味覚異常、唾液増加、歯肉炎といったものがあります。
一度の大量に服用すると腹痛,下痢,発汗,頭痛,めまい,聴覚障害,全身脱力(急性ニコチン中毒の可能性がある。)等も起きる可能性があります。
日ごろからガムをさ食べない人は噛み続けることによるアゴの疲れもみられます。

ニコテックス2㎎の商品(日本市場)

ニコレット

ニコテックス2㎎のメーカー

シプラ

▶ニコテックス2㎎の成分について

喫煙者がタバコを止められないのはタバコに含まれるニコチン成分が影響しています。
ニコチンは喫煙により肺から吸収されますが急速に脳内に到達しニコチンよりドーパミンが放出されます。
このドーパミンは脳内の神経伝達物質で放出により強い快感が得られます。喫煙によりドーパミン(快楽)の習慣は自力でドーパミンを分泌する能力が低下します。
そして、禁煙したり、たばこを吸えない状態が続くと神経伝達物質の分泌が低下して、ニコチン離脱症状でイライラなどの禁断症状が出現することになります。

そこで、ニコテックス2㎎によりニコチンへの依存状態をコントロールするために、ガムを利用してニコチン依存を改善し、ニコチンを摂取する回数や量を制御していくことができるようになるのです。

▶ニコテックス2㎎の味について

当製品の味覚はパーンとなっています。この「パーン(Paan)」とは日本人には馴染みはないはずですが、「キンマの葉」にビンロウジ、アニス・クローブ・コリアンダーその他スパイス、シュガー、ココナッツパウダーなどを包んだ嗜好品で噛みタバコとして楽しだりもします。また、甘いパーンは食後のお口直しに食べたりします。

人工的なガムやキャンディなどが無かった頃からの名残や、宗教的な色合いを持っていたりします。
ビンロウジの入った噛みタバコとしての "Paan パーン" は、飲み込まずに唾を吐き出すのですが、時々ぺっと真っ赤な唾を道端に吐き出します。
*一緒に入っている石灰と化学反応で赤くなる。

マナーは良くない習慣ではありますが東南アジアでは見かけられる行為です。
ちなみに、軽い興奮・酩酊感が得られるが煙草と同じように慣れてしまうと感覚は鈍ってきます。

<参考>
キンマ(wikipedia):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9E
ビンロウジ(wikipedia):https://en.wikipedia.org/wiki/Betel_nut_chewing。

▶ニコテックス2㎎のニコチンの影響と循環

ニコチンの禁断症状については以下のような循環があります。

①喫煙により肺を経由して脳にニコチンが到達します。

②ニコチンはニコチン受容体を介して、脳内にドーパミンを放出させます。

③ドーパミンは快感や快楽をもたらします。

④ニコチンは代謝され時間とともに欠乏してきます。

⑤喫煙者は、ドーパミンによる快感を回復させようとニコチンを切望します。実際にはイライラ感じています。よく訴えられる「ストレス」です。この「ストレス」(ニコチンの欠乏感)は実はその前に喫煙したことにより生じています。

⑥タバコを吸いたい、イライラ、タバコを我慢できない感覚です。この感覚は、喫煙し、ニコチンを供給することでしか解消されません。やむを得ず、次の喫煙行為に向かわざるを得ないのです。タバコをやめようすると、離脱症状やイライラするという「罰」が生まれ、禁煙することをやめて喫煙すると、ホッとするという「ごほうび」があります。この2つの現象がタバコをやめることを困難にしています。












口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: 禁煙, 禁煙補助, 禁煙ガム, ニコレット, ニコレットジェネリック, パーン