• ガバピン300mg 150錠/箱|てんかん,疼痛,ニューロンチンジェネリック(ガバペン)

ガバピン300mg 150錠/箱|てんかん,疼痛,ニューロンチンジェネリック(ガバペン)

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 9,676 円 9,676 円
- OR -

▶ガバピン300㎎とは?

ガバピン300㎎は神経因性の「疼痛」や「てんかん」の治療に対応しますが、先発薬のニューロンチン(ガバペン)の正規ジェネリックで同じ効果・効能になります。
実績のある有効成分のガバペンチンが神経の痛みを軽減する作用があります。

「てんかん発作」は脳の興奮が関係しておりガバピン300㎎は「この興奮」を抑える働きをします。
主に医療現場では単独使用ではなく 別の抗てんかん薬と併用することで、てんかん発作の抑制効果が高まります。

抗てんかん薬との併用がおススメ❕
てんかん発作の改善へ
脳内GABA量の増加
部分・二次性全般化発作へ

▶ガバピン300㎎の特徴は?

ガバピンは抗てんかん薬として1993年に欧米で承認されてから日本を含め世界68ヵ国で「てんかん治療」に使用されて来た大変長い実績をもつ医薬品です。

同時に多数のメーカーからジェネリックが発売されていますがガバピン300㎎はインタス社が製造しています。
「てんかん」の症状としては脳の興奮が「一部分」か「全体部分」によって適している治療薬が異なりますが、このガバピン300㎎は「部分発作」への適応がある抗てんかん薬です。
ガバピンは「部分的」な発作に適しており、他の抗てんかん薬と併用使用する事で治療効果を高めてくれます。

「てんかん」や「発作」は脳細胞の過剰な興奮により、その刺激が周囲に伝わり発作が起きると考えられています。
ガバピン300㎎は脳の過剰な興奮を抑える事で「てんかん」や「発作」を起きにくくする効果があります。

▶用法 注意事項 等

商品名

ガバピン(gabapin)  300mg 150錠/箱 

一般名(有効成分名)

ガバペンチン(Gabapentin)

効果

興奮性神経系の前シナプスでカルシウムの流入を抑制し、神経伝達物質の遊離を抑え、また、脳内GABA量を増加させ、GABA神経機能を維持・増強させるという2種の働きで、抗けいれん作用を示します。

通常、他の薬と併用して、てんかんの部分発作の治療に用いられます。

ガバピン300㎎の用法・用量

13歳以上:ガバピン300㎎を初日1日量600mg(2錠)、2日目1日量1200mg(4錠)をそれぞれ3回に分割経口投与する。

3日目以降は、維持量として1日量1200mg~1800mg(4錠~6錠)を3回に分割経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、 1日最高投与量は2400mg(8錠)までとする。

>3~12歳の幼児及び小児:体重を目安に投与する。

ガバピン300㎎を初日1日量10mg/kg、2日目1日量20mg/kgをそれぞれ3回に分割経口投与する。

 *例:30kgならば300㎎(1錠)、45kgならば450mg(1錠と半錠)

3日目以降は維持量として、3~4歳の幼児には1日量40mg/kg、5~12歳の幼児及び小児には1日量25~35mg/kgを3回に分割経口投与する。
症状により適宜増減するが、1日最高投与量は50mg/kgまでとする。

なお、いずれの時期における投与量についても、成人及び13歳以上の小児での投与量を超えないこととする。

注意事項

1日3回投与の場合に、各投与間隔は12時間を超えないものとする。

副作用

傾眠、浮動性めまい、頭痛、複視、倦怠感など

重大な副作用ですと、発生頻度は不明ですが、急性腎不全、肝炎、肝機能障害、黄疸、アナフィラキシーショックなどがあげられます。

異常を感じた場合はすぐに服用を中止してください。

主成分

ガバペンチン(Gabapentin)

商品名(日本市場)

ガバペン(200㎎,300mg,400mg)-FujiPharma

メーカー

インタス社

参考サイト

ガバペンチン(Wikipedia)

▶ガバピン300㎎の作用機序

脳内では神経細胞が「興奮」と「抑制」でバランスをとり正常な意識を保ってられています。ですが、てんかんの患者さんの脳内では興奮が過剰となっています。

ガバピン300㎎(ガバペンチン)は、

  • 興奮を抑える
  • 抑制を高める

の上記の2つのアプローチで「抗てんかん作用」となります。

興奮を抑える作用

脳の興奮に関与しているのがCa2+(カルシウムイオン)です。
脳内の情報伝達は前シナプス→後シナプスで行われているのですが、前シナプス内にCa2+(カルシウムイオン)が入りこむと興奮物質のグルタミン酸が放出されます。
ガバペン(ガバペンチン)は前シナプスにCa2+が入る部分(α2δサブユニット)に結合することでCa2+の流入を抑え、興奮を沈めます。

抑制を高める作用

脳内で抑制性神経伝達物質として働くのがGABA(ガンマアミノ酪酸)です。
ガバペン(ガバペンチン)は脳内のGABA量を増加させ、抑制性神経系機能を維持・増強します。

▶インターネット通販で買えるガバペンチン(ガバピン300㎎)

日本では向精神薬・抗不安薬・抗うつ薬・睡眠薬は、診察を受けないと入手が出来ません。
ですが海外では街中の薬屋さんやドラッグストアで買うことが出来たりと基準が違ったりします。

そこで利用されるのが規制が緩やかな海外から医薬品の輸入をしてしまう事です。
一部、禁止医薬品として指定されており輸入ができないお薬もありますが、殆どの場合は問題はりません。

そこで利用できるのは当店のような「輸入代行」というサイトシステムです。
もちろん、違法性はなく薬機法にも反しておらず厚労省の許可している方法になります。
ガバペンチン成分のガバピン300㎎も楽天やアマゾンでの通販と同じく購入が出来ます。

通販での購入のメリットは病院処方と同じ効果・効能の成分のお薬が安価で自宅に届きますが、デメリットとしては、海外から飛行機便で発送されますが到着まで少し時間がかかります。
ですので、お早めにご注文をお願いいたします。




口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: ニューロンチン, てんかん, 疼痛, ガバペンチン, Gabapentin, 興奮, てんかん発作, 発作,