• カベルリン錠0.5mg (Caberlin) 1箱8錠│カバサール・ジェネリック(カベルゴリン)、パーキンソン病(ふるえや強張り)を改善する

カベルリン錠0.5mg (Caberlin) 1箱8錠│カバサール・ジェネリック(カベルゴリン)、パーキンソン病(ふるえや強張り)を改善する

  • Sun Pharma
  • M210111001
  • 在庫あり

*海外からの配送は通常郵便よりお時間を要します。
お早目のご注文をお願いします。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,700 円 3,700 円
商品 x 2 箱 4,900 円 2,450 円
商品 x 3 箱 5,600 円 1,867 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 箱 5,800 円 5,800 円
商品 x 2 箱 7,000 円 3,500 円
商品 x 3 箱 7,900 円 2,633 円
- OR -

▶カベルリン錠とは?

カベルリン錠は不妊の原因である高プロラクチンの分泌を抑える事で妊娠率をあげたり、産後でもないのに母乳が出てくる症状、パーキンソン病の改善が出来ます。
カベルリン錠はプロラクチン値を正常にするのに大変効果的で高齢の女性の妊娠率を向上する目的でクリニックでも選択されるお薬です。


カベルリン錠なぜ人気なの❓ 早漏、射精後の無気力を改善
パーキンソン病の症状にも改善
排卵障害や乳汁漏出症も改善
後発品だが安い金額で高い効果を得られる

▶用法 注意事項 等

商品名

カベルリン錠0.5mg(CABERLIN 0.5 TABLET 0.5mg)

一般名(有効成分名)

カベルゴリン(Cabergoline) 0.5mg

効果

・パーキンソン病
・乳汁漏出症治療(女性だけなく男性も対象)
  排卵障害
  下垂体腺腫

・ 産褥さんじょく 性乳汁分泌抑制
・早漏抑制

■用法・用量

・パーキンソン病

 1日1回、朝食後に服用する

*初回量は0.25mgから始めることが望まし。
 通常、1週間目:0.025mg/日、2週目:0.5mg/日、3週目1mg/日、
 4週目以降は1週間ごとに0.5mgを増量し、最大は3mg/日までです。
 経過を観察しながら増量してください。

・乳汁露出症/高プロラクチン血性排卵障害/高プロラクチン血性下垂体腺腫

 通常、成人は1週間に1回(同じ曜日間隔)で就寝前に服用
 初回量は0.25mgから始めることが望ましく、経過観察をしなら2週間に錠の間隔で0.25mgずつ増量が可能。
 最大は1mg/日までです。

産褥 さんじょく 性乳汁分泌抑制
 出産後、成人は1.0mgを1回のみ食後に服用します。

ピルカッターなどで分割し服用量の調整をして下さい。

注意事項

投与中の心臓弁膜症、線維症の報告もありますので、使用に関しては十分な知識のある医師に相談してから服用してください。

副作用

<副作用>

吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢、めまい、頭痛、血圧低下、胸痛、ほてり、発疹、発汗、息苦しさなどが現れる場合があります。

<重大な副作用>

幻覚、妄想、失神、錯乱、悪性症候群、胸水、胸膜炎、心臓弁膜症、肝機能障害、黄疸などが見られます。身体の不調が現れた場合には、すぐに医師に相談するか、医療機関で処置をしてもらいましょう。

主成分

カベルゴリン0.5mg(Cbergoline 0.5mg )

商品名(日本市場)

カベルゴリン錠0.25mg、カベルゴリン錠1.0mg(沢井製薬)

メーカー

Sun Pharmaceutical Industries Ltd

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

カベルゴリン - Wikipedia

医療用医薬品 : カベルゴリン

パーキーソン病 - Wikipedia

乳汁漏出症治療

排卵 - Wikipedia

下垂体腺腫 - Wikipedia

▶カベルリンの効果はいつから?

カベルゴリンは不妊対策では飲み始めてから2~3週間程度で高いプロラクチン状態が改善されてきます。

ですが、不妊治療として飲み始めたカベルリンをいつまで飲むべきかでいえば、妊娠が確認されれば飲むのを止めるのが一般的です。
症状に応じて飲み続ける場合がありますので、それは医師に相談をしてどの程度継続服用が必要か検査で確認下さい。
また、カベルリンの効果で妊娠をして生まれた子供に先天的な異常などが多いなどとの報告はありません。しかし、妊娠が確認されればカベルリンを飲むのを止めるのが一般的です。

通常の夫婦の場合の妊娠率は1年間で80%、2年目で90%が妊娠されるとの統計データ的があります。1年以上で妊娠されない場合は何かしら不妊の原因があるかもしれません。

▶カベルリンで痩せる?

カベルリンを飲むと痩せる人もいるようで、お薬との相性で体重が増加する人や減少する場合もあるようです。
これはホルモンが影響受けるために体重の変化が起きるためなようです。
主にカベルリンは健康的に体重が増加する場合の方が多いようです。

▶高プロラクチンで生理が来ない

カベルリンで赤ちゃんがおっぱいを吸う時に分泌される「プロラクチン」というホルモン分泌を止めたりが出来ます。
この「プロラクチン」には乳汁を分泌させる働きと、母親が妊娠しないように生理が来ない(卵巣の働きを抑える)働きがあります。
つまり「高プロラクチン」の状態が男性に現れれば男性でも母乳が出るようになったりします。
通常は授乳の間隔が開いたり、赤ちゃんが十分におっぱいを吸わないと「プロラクチン」が下がり、生理が再開されます。
ですが、産後に母乳が出過ぎたり、胸が張り過ぎて痛かったり、断乳したいなどの目的でもカベルリンを飲むことで母乳を止めたりもします。




▽▲▽カバサールのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲



口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: パーキーソン病