• バスピン5(Buspin5)5mg 200錠|バスパー・ジェネリック|塩酸ブスピロン・|睡眠導入

バスピン5(Buspin5)5mg 200錠|バスパー・ジェネリック|塩酸ブスピロン・|睡眠導入

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 4,100 円 4,100 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 箱 6,132 円 6,132 円
- OR -

▶Buspin5(バスパー・ジェネリック)5mgとは?

バスピン5mgはバスパーの正規のジェネリック薬品として医薬メーカのインタス社にて製造販売されています。

抗うつ剤(SSRIやSNRIなど)として定期的な服用により脳内の神経伝達物質の状態が改善してくれます。

どちらが効果が強いという事もバスピンは10mgと5mgもありますので適切な成分量をご選択ください。

ノルアドレナリンとドーパミン(不足、過剰)状態

Buspin5(バスパー・ジェネリック)は、脳内のセロトニンの濃度を高め、不安や緊張な状態による睡眠障害を緩和し、入眠しやすくします。

*セロトニンが「ノルアドレナリン」「ドーパミン」を調整してくれます。

『デパス』『アモバン』の代替え抗不安薬として選択されております。

主成分の塩酸ブスピロンの作用時間は12時間~24時間で、6~7時間かけて減退していきます。
作用時間が長いことから、入眠すると朝まで覚醒することがなく、不眠症治療にお勧めです。

バスピン5mg 商 品 説 明

■商品名

Buspin-5(バスピン) 塩酸ブスピロン・1箱200錠

■一般名(有効成分名)

塩酸ブスピロン

■効果

有効成分の塩酸ブスピロンが、脳内伝達物質のセロトニンの作用を高め、不安にとる緊張状態を和らげ、睡眠障害を改善します。
*効果が得られるまで2~4週間程度かかる場合があります。

■用法・用量

・1日5mg~15mgを2回(食間または食後)

・睡眠障害の場合は、成人に対して就寝前に1回5㎎~15㎎を服用します。

☆塩酸ブスピロンは効果が現れるまで時間がかかるお薬です。(2~4週間を目安に)

・グレープフルーツジュース(柑橘系の果物を含む製品)での服用は血中濃度が高くなり副作用が強くなる恐れがあります。

・1日の上限は60mgです。

■注意事項

以下の方は服用を控えてください。

パーキンソン病、妊婦、高齢者、内臓疾患、他に精神治療薬を服用している場合、抗ヒスタミン剤の服用をしている場合

■アルコールの影響

アルコールとの併用は作用を強くするだけでなく副作用が起きやすく強くする危険性があります。

■副作用

精神神経系:めまい、眠気、興奮、倦怠感

消化器:胃痛、嘔気、腹痛、下痢

その他:頭痛 、のどの渇き

■主成分

塩酸ブスピロン

■商品名(日本市場)

国内商品はありません。

■メーカー

INTAS PHARMACEUTICALS LTD

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ブスピロン - Wikipedia


バスピンとデパスは何が違うか?

バスピンをデパスの代用品として選択される人も少なくありませんが「代用品」という事は、2つの医薬品には違いがあります。
違いは、まず成分自体が異なり、バスピンは「
ブスピロン」でデパスは「エチゾラム」の成分で構成されています。
効果としては違いはありませんが、成分が異なりますので効能が異なるなど、お薬との相性もあるようです。
また、服用量も異なります。バスピン5mgは1錠の成分量が5mgです。デパスは1錠あたりが0.25mg ~ 1mgが一般的な処方量です。
利用者によってはバスピンはデパスのような効果が無い、又は、デパスより自分には合っているというような人がいるのも事実です。
用法用量を守る事も大切ですので、医師に自分は「
ブスピロン」の服用が可能かの確認をするなどもお勧めします。

睡眠障害とは

睡眠民障害とは睡眠が何かしらの要因で難しくなる状態です。

睡眠障害の代表が「不眠症」であり、以下のような症状が考えられます。

・入眠障害:なかなか眠りにつくことが出来ない
・途中覚醒:入眠できても眠りが浅く途中で目が覚める
早朝覚醒:しっかりと寝きることが出来ず、早朝に目覚める
熟眠障害:熟睡感がえられない

原因は様々で、精神的なストレス、疲労、睡眠環境が悪い、騒音、アルコールやカフェインの摂取などがあります。
睡眠時間が不足すると、夜間のみならず日中の集中力の低下や居眠りにより、日常生活にも悪影響を及ぼします。
また、睡眠障害から「うつ病」や生活習慣病を発症することがあり、見過ごすことのできない障害です。

不安障害とは(悪循環)

睡眠障害の予防と治療

睡眠障害の原因が環境要因の場合は原因を除去することで睡眠障害が改善します。
例えば、

・寝る前のアルコールや夕方以降のカフェインの摂取をしない
・リラックスする時間を設けたり、日常的に日光を浴びたり運動もセロトニンの分泌を活性化する

など日常生活を見直すことで不眠の症状が和らぐことがあります。

睡眠障害の予防と治療

生活習慣の改善とともに行われるものが薬物療法です。不眠によく使われるものとして脳の活動を抑えて睡眠に導くGABA受容体作動薬、睡眠ホルモンに作用して睡眠に導くメラトニン受容体作動薬、覚醒を維持する脳内物質のオレキシンの働きを抑えるオレキシン受容体拮抗薬があります。

Buspin-5(バスピン)の主成分、塩酸ブスピロンは、非ベンゾジアゼピン系で、うつ病や不安障害にも使用されています。
ゆっくりと長く効果を発揮することは、安全性が高い人気の抗うつ剤です。
睡眠前に服用することで睡眠導入剤となることから、睡眠障害の人にも処方されています。

未承認なので国内で処方はされていませんが、個人輸入で購入できるものがBuspin5です。
睡眠導入剤としても人気ですが、作用時間が長いため、中途覚醒にも効果が高いです。


▽▲▽▲バスパー5mgのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲



口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 統合失調症