• レグテクト・ジェネリック(アカンプロル333mg・Acamprol)アカンプロサートカルシウム・1箱42錠|アルコール依存症状

レグテクト・ジェネリック(アカンプロル333mg・Acamprol)アカンプロサートカルシウム・1箱42錠|アルコール依存症状

  • Sun Pharma
  • M201103001
  • 在庫切れ

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,710 円 3,710 円
商品 x 2 箱 6,792 円 3,396 円
商品 x 4 箱 9,861 円 2,465 円
- OR -

▶アカンプロル333mgとは?

アカンプロル(アカンプロサート)はアルコール依存症(慢性アルコール中毒)の治療薬でレグテクトの正規のジェネリック品です。

禁酒薬としては以下の2つのタイプがあります。

・アルコールを飲むと不快(気持ち悪くなる)な気分にさせる効能

・飲酒欲求自体を抑制します。

この前者の禁酒薬は前者の飲むと気持ち悪くなるタイプの禁酒薬は飲みたいという欲求はそのままでありますので飲酒欲求に勝てずにお薬自体を飲まなくなってしまうようです。
この点、当商品のアカンプロルは飲酒をしたくなる欲求を抑える効果があります。
主成分であるアカンプロサートカルシウムは、脳神経に働き、お酒を飲みたくなる欲求や高ぶりを抑えて、無理なく断酒を補助する効果があります。


アカンプロルはなぜ人気なの❓ 低価格なので長期服用に最適
臨床試験での完全断酒率は約47%
飲酒欲求が抑制される

▶用法 注意事項 等

商品名

アカンプロル・333mg(Acamprol)/1箱42錠

一般名(有効成分名)

アカンプロサートカルシウム

効果

アルコール依存症患者において飲酒欲求を抑え禁酒中の禁断症状の緩和を補助する。

用法・用量

通常、成人においては、1日3回(各食後に2錠(666mg)づつ)
空腹時の使用は血中濃度(血液中の薬の成分濃度)が上昇し効果(副作用)が強くなり過ぎる可能性があります。
腸溶性(腸で溶けるように工夫されている)製剤ですので、噛んだり、砕いたりせず服用する事。

注意事項

アルコール依存症の心理的な要因から起因する事もあるため心理社会的治療を併用する事が推奨される。
アカンプロルは離脱症状の治療薬ではなく離脱症状治療後に使用してください。
*一般的な離脱症状(主に不安感、震え、発汗、嘔吐、頻脈、微熱である。さらに重い症状には?てんかん発作、幻覚、幻聴、振戦せん妄(DTs))

禁忌

同お薬に対し過敏症の反応を発生する経験のある方
重度の腎機能障害をお持ちの方
*中等度の腎機能障害の場合は岸にご相談下さい。

副作用

▼主な副作用(消化器系、精神神経系)
 下痢 、 浮腫 、 傾眠 、 不安 、 頭痛 、 精神運動亢進 、 腹部膨満 、 嘔吐 、 便秘 、 悪心 、 鼓腸

重大な副作用
 アナフィラキシー 、 全身性皮疹 、 発疹 、 蕁麻疹 、 口内炎 、 喉頭痙攣 、 息切れ 、 血管浮腫 、 舌腫脹 、 リンパ節腫脹

上記以外の副作用
 過敏性腸症候群 、 γ-GTP増加 、 湿疹 、 乾癬 、 末梢性浮腫 、 腹痛 、 皮膚そう痒症 、 斑状丘疹状皮疹 、 不感症 、 勃起不全 、 リビドー減退 、 リビドー亢進
 皮膚の痒み、蕁麻疹、声のかすれ、喉の痒み、息苦しさ、動悸などみられた場合は、医師や薬剤師に連絡し、医療機関へ受診するなど適切に対処する

主成分

アカンプロサートカルシウム(Acamprosate calcium)

商品名(日本市場)

レグテクト錠 333mg(日本新薬)

メーカー


参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

アカンプロサート - Wikipedia

DRUG: アカンプロサートカルシウム


▼アルコール依存症から脱出する2つのアプローチと通販の利用

現在、アルコール依存症における治療、改善薬として2種類のお薬があげられます。

1.アルコールを分解しにくくし不快な反応となる心理的に飲酒を断念するタイプ


・ジスルフィラム(商品名:ノックビン)

・シアナミド(商品名:シアナマイド)

*共に抗菌薬として一般にも使用されており安全なお薬として

2.飲酒自体の欲求を抑えるタイプ(アカンプロル)


・アカンプロサート(商品名:アカンプロル)(当、医薬品のレグテクトのジェネリック)    
   *脳内に作用して飲酒への欲求を減らし禁酒する補助薬です。
  ・トピラマート(商品名:トピナ)
  ・バクロフェン(商品名:ギャバロン、リオレサール)
   その他、日本未承認のお薬もあります。

1つ目の「飲酒すると気持ち悪くなる」という状態を作りますが、飲酒欲求は抑えられてないのでお薬の服用を拒否・放棄する症例が多いようです。
家族の協力(薬を服用したかの確認)やある程度、禁酒の意思が必要となります。

2つ目の「アカンプロル」系ならば個人差もありますが、飲みたい気持ちを緩和してくれるので、ストレスが少なく厳守する事もが出来るかと思います。

アルコール依存症の主体の多くは精神的な病気を抱えている方も多いとされています。
精神科等の心理的社会的治療と併用する事が良いとされていますので、当医薬品の通販購入においても、まずは医師に相談する事をお勧め致します。

▼アカンプロル333mgはレグテクト333㎎の正規ジェネリック

当商品のアカンプロル333㎎はレグテクト333㎎の正規ジェネリックです。
このレグテクト333㎎は日本新薬株式会社のアカンプロル333㎎と同じ成分の禁酒圃場薬です。
このジェネリックとは先発医のレグテクトの特許が切れた後に販売された、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品です。

レグテクトは333㎎は特許が有効な間は他社は同成分の医薬品の製造販売を勝手に出来ないルールがあります。このような特許の期間はレグテクトのような新薬の開発には莫大な研究期間、費用が必要となるため保護される機関となります。

一般的には特許申請から20年間は保護されますが期間満了後は他社は同成分の製品を製造販売が出来るようになります。

アカンプロル333㎎が安価なジェネリックとされるのは、先発薬に比べて研究開発に要する費用が低く抑えられるているからです。
また、同時に世界中の医薬メーカーが同時にアカンプロルのようなジェネリックを発売できるので価格競争も開始されます。

▼禁酒することで体に起こるメリットは?


在宅ワークの増加で飲み会の飲酒の機会が減ると思いきや自宅のみは意外と制限なく飲んでしまうという事は無いでしょうか。
今までは週末だけだったのが自宅のみだと習慣化してしまい健康を害したりダイエットが必要な体形へと変化していますかもしれません。
休肝日を設けたり禁酒を意識しだすかもしれませんが。実際に体に悪い事、アルコールを断つと体にどんな変化が起こるでしょうか。

アルコールは肝臓だけでなく胃腸にも負担がかかります。内臓が不健康だとお肌も荒れてきますし新陳代謝も低下しがちです。
確実に疲れやすくなってないるはずで、若い時は二日酔いや深酒でも翌日には体調が戻っていたはずです。

また、意外に以外にカロリーが多く、カクテルなどにすると含まれている大量に砂糖が肥満体形を作り出します。
ただでさえ、コロナ禍で身体を動かしにくくなっている状態ですが、飲酒が止まらず食べるカロリー量はうなぎのぼりなはずです。

アルコール依存傾向がある人は、元々が飲酒が楽しくなり生きがいとも言えるのは断ち切るのが難しいかもしれません。
飲酒をやめるには勇気がいるのでしょう。
単に健康を取り戻すメリットと天秤にかけても禁酒のモチベーションになりにくかったら、痛風等の病気になった時に苦しみについてご自身に言い聞かせる事が出来るか。アカンプロルは禁酒のサポートをしてくますが結局はご自身の気持ち、勇気が必要になります。

ですが、まずは休肝日をもち不健康状態をリセットしてみませんか?




口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: 禁酒