• オリザ (Oliza)10mg 100錠|ジプレキサ・ジェネリック |統合失調症、うつ病のお薬です。

オリザ (Oliza)10mg 100錠|ジプレキサ・ジェネリック |統合失調症、うつ病のお薬です。

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 3,881 円 3,881 円
- OR -

▶オリザ(oliza)とは?

オリザはシプレキサ・ジェネリックで向精神薬、統合失調症、双極性障害治療薬、制吐剤などに使用されるお薬です。
ジェネリックであり、通販購入ができるためお薬の価格も先発品の半分以下となってます。

オリザの主成分である「オランザピン」は、神経伝達物質の セロトニンおよびドーパミン受容体に働きかけ、 物質の過剰な分泌を抑え神経伝達を正常に戻す効果があります。

統合失調症などは、神経伝達物質のセロトニン及びドーパミン受容体が正常に機能しないことで発症します。

これには神経伝達物質の過剰分泌が関係しており、

・セロトニンの分泌:過剰な時は意欲低下や無気力を生じる陰性症状が発症。

・ドーパミンの分泌:過剰な時は幻聴や幻覚などを生じる陽性症状が発症。

オリザ(オランザピン)は、これらの過剰に分泌されている受容体の働きを阻害し、神経伝達物質の働きを正常に戻すことで症状の改善を促します。

この働きは、双極性障害に見られる躁病とうつ病を交互に繰り返すといった症状にも効果があり、双極Ⅰ型、Ⅱ型問わず、躁状態時の高ぶる気持ちや行動を抑えることで気分を安定させます。

商 品 説 明

■商品名

ジプレキサ ジェネリック オリザ (Oliza)10mg 1箱100錠

■一般名(有効成分名)

Oranzapine(オランザピン) 10mg

■効果

統合失調症
双極性障害の躁症状の改善
双極性障害うつ症状の改善

■用法・用量

統合失調症:

オランザピンとして5~10mgを1日1回経口投与により開始してください。維持量として1日1回10mg経口投与してください。年齢や症状によって適宜増減してください。ただし、1日20mgを超えて投与することは出来ません。

双極性障害の躁症状の改善:

オランザピンとして10mgを1日1回経口投与により開始してください。年齢や症状によって適宜増減してください。ただし、1日20mgを超えて投与することは出来ません。

双極性障害うつ症状の改善:

オランザピンとして5mgを1日1回経口投与により開始し、その後1日1回10mgに増量してください。いずれの場合でも就寝前に投与してください。年齢や症状によって適宜増減してください。ただし、1日20mgを超えて投与することは出来ません。

■注意事項

過敏症や昏睡状態にある方、糖尿病を患っている方、アドレナリン投与中<アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く>の方、中枢神経抑制剤の強い影響下にある方は使用が禁止されているため使用しないでください。
また、次の方は本剤を使用する前に必ず医師に相談してください。ご家族に糖尿病歴がある、痙攣性疾患がある、高血糖である、自殺企図や自殺念慮がある、てんかん等の痙攣性疾患もしくはこれらの既往歴がある、肝障害ある、尿閉・麻痺性イレウス・閉塞隅角緑内障がある、非喫煙や高齢など本剤のクリアランスを低下させる要因がある等、これらに該当する方は慎重投与となります。

■副作用

重大な副作用:

高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群(Syndrome malin)、肝機能障害、黄疸、痙攣、遅発性ジスキネジア、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症

上記以外の副作用:

不安、眩暈、ふらつき、頭痛、頭重、抑うつ状態、易刺激性、自殺企図、幻覚、妄想、脱抑制、構音障害、性欲亢進、躁状態、立ちくらみ、感覚鈍麻、下肢静止不能症候群、錐体外路症状、静座不能、流涎、ジストニア、パーキンソン病徴候、歩行異常、嚥下障害、眼球挙上、ブラジキネジア、動作緩慢、血圧低下

■主成分

Oranzapine(オランザピン) 10mg

■商品名(日本市場)

オランザピン(共和薬品工業。日本ジェネリック、高田製薬、武田テバファーマ、東和薬品、ダイト、日医工、キョーリンリメディオ、ニプロESファーマ、共和薬品工業、第一三共エスファ、エルメッドエーザイ、陽進堂、大原薬品工業、沢井製薬、武田テバファーマ、東和薬品、ニプロ、三和化学研究所、日新製薬、MeijiSeikaファルマ、辰巳化学)、ジプレキサ(日本イーライリリー)

■メーカー

Intas Pharmaceutical Ltd.

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

オランザピン - Wikipedia


▶統合失調症とは?

「統合失調症」は100人に1人がかかるといわれており、決して珍しい病気ではありません。
原因ははっきりしておりませんが、脳内で様々な情報を伝える神経伝達物質(ドーパミン過剰等)のバランス異常が関係していると考えられています。
元々、ストレスに耐性が無い方が、環境変化、人間関係等の様々なストレスがきっかけで発病するようで、統合失調症は、大きくわけて3つ症状があります。

3つの症状

統合失調症は、幻覚・妄想などの「陽性症状」、意欲の低下等の「陰性症状」、臨機応変な対応ができなくなる「認知障害」に分けられます。
陽性症状と陰性症状は良くご存知かもしれませんが「認知障害」は物事を記憶したり、集中し、計画を立てて、判断する能力に異常をきたします。
健康であれば意識せずに機能している能力ですが、統合失調症ではこれらの機能が低下します。

▶オリザはうつ病治療にも使われる

オリザは「躁(そう)うつ病」と呼ばれる双極性障害の躁症状やうつ症状の改善にも使用されています。
オリザは不安や不眠に対しても依存性が極めて低く、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を用いるより良い場合があります。
また、食欲を増したり、制吐作用も示されています。 食欲増加の作用は副作用としてあげられますが、躁うつ状態で食欲不振がひどい場合などに食欲を回復してくれることがあります。
有効成分は同じで、先発品とおなじように効果を示すための試験をクリアしています。
オリザの選択となると、お薬を先発品から変更するになるのでご心配かもしれません。
そういう方は一度、医師に相談してみては如何でしょうか?そうすることで経済的な負担をおさえて治療を続けて行くことができます。

▶オリザは人生終わりではありません。

ネットを見るとオリザ(オランザピン)を飲むなんて人生が終わり見たいな口コミ等を見かけられますが、オリザの効果として気持ちを穏やかにしてくれます。統合失調症や双極性障害など心の病気の治療に用います。また、抗がん薬による嘔吐にも有効です。

「あの時に無理をせずに休暇をとっていれば、こんな人生は無かった」悔やんでも仕方ないですが、オリザを飲み始めてから人と話をするのがおっくになったり、逆に人生が楽しく人と話をするのが楽しくなる人がいるようです。
ネット口コミを見るとオリザが合わないような人もいるようですが、元々の性格や薬との相性もあるようです。

オリザを飲み続けれる事で体重が増える副作用の人もいるようです。オリザの成分のオランザピンは代謝を悪くする作用があるため特に元々代謝が悪い人は体重が増える傾向があるようです。

飲まない事により「人生が終わっていく」より自分に合った薬をみける事も大切なようです。医師も個々の患者さんとお薬との相性は分からないので飲んでみるしかないようですね。
飲み続けて廃人になるような統計データもありません。
いつまで飲み続ければ良いのか、止め方から、他の薬への切り替え方等も含めて、医師に相談をしながらオリザの服用を進めてください。

▶オリザを副作用の(寝すぎ、不眠)

オリザの口コミを見ると眠気と不眠のどちらの副作用も見られるようです。先発薬のシプレキサでの副作用の頻度を見ると、「眠気が7.27%」「不眠が5.45%」と眠気の方が少し多いようです。

口コミを見ていると眠気が出る人は、寝すぎてしまう傾向があるようですが、そもそもオリザは眠気を伴うお薬です。しっかりと睡眠をとる事は症状改善に非常に重要です。

ですが、不眠の気がある人は精神症状の改善が乏しい事が原因と言われています。
症状の改善には睡眠は非常に重要ですので不眠の症状が出る場合は医師の指示を仰いでください。

眠気が強い場合は、夕方の少し早い時間に飲み翌朝に引きずって寝すぎとならないようにしたり、不眠の場合は午前中の早い時間帯で服用する等で工夫されている人もいるようです。
ですが、症状によって服用のタイミングの指示もありますので、服用量や服用時間などに関しては医師に御相談下さい。



▽▲▽ジプレキサのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲


口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: うつ病