• ペクセップ(pexep cr)37.5mg 50錠/箱|パキシルと同じジェネリック|うつ病,不眠,不安

ペクセップ(pexep cr)37.5mg 50錠/箱|パキシルと同じジェネリック|うつ病,不眠,不安

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 9,341 円 9,341 円
- OR -

▶ペクセップCR 37.5mgとは?

ペクセップCR 37.5mgはうつ病、パニック障害、不安障害、強迫性障害など幅広い症状の治療に用いられる医薬品です。
有効成分のパロキセチンは現在主流の第3世代(SSRI)の抗うつ薬の一種で、脳内のセロトニンのはたらきを高める効果により上記の改善が見込める仕組みです。

うつ症状にはペクセップCR 37.5mg❕
パキシルジェネリックでSSRIの高い効果はそのまま
海外ジェネリックだから経済的
世界中で認可、使用されている

▶ペクセップCR 37.5mgの特徴は?

ペクセップCR37.5㎎は錠剤タイプがCR錠となっています。CR錠はお薬の吸収をユックリとすることで、副作用や離脱症状の軽減が期待できます。

また、三環系や四環系の抗うつ薬で副作用としての口渇・便秘などが軽減されており、不安や焦燥に効果的で1錠あたりが高濃度であるのが特徴です。

▶用法 注意事項 等

商品名

ペクセップ(pexep)CR 37.5mg

一般名(有効成分名)

塩酸パロキセチン水和物(Paroxetine Hydrochloride Hydrate)

効果

ペクセップ(pexep)CR 37.5mgは即効性を期 待する薬ではありません。
飲みはじめはすぐに効果はでませんが、毎日飲み続けると脳内に作用しセロトニンの働きを増強させ脳内の神経伝達をスムーズにし抑うつ気分や不安・緊張を和らげます。
パニック障害や社交不安障害、全般性不安障害といった様々な不安障害に使われます。強迫性障害や外傷後ストレス障害(PTSD)にも効果が期待できます。

また生理前の気分の不安定さにも効果が期待できます。軽度のものは月経前緊張症(PMS)、精神的な不安定さがひどい月経前気分不快症(PMDD)に使われます。

ペクセップCR 37.5㎎の用法・用量

下記の使用量はあくまでも一般的な目安量であり、実際に用法用量は医師の指示の下で服用ください。

●うつ病

通常、1日1回12.5mgを朝に経口服用します。症状などにより適宜増減しますが、1日の最大服用量は62.5mgまでとします。

●パニック障害

通常、1日1回12.5mgを朝に経口服用します。症状などにより適宜増減しますが、1日の最大服用量は75mgまでとします。

●社会不安障害

通常、1日1回12.5mgを朝に経口服用します。症状などにより適宜増減しますが、1日の最大服用量は37.5mgまでとします。

●月経前不快気分障害(PMDD)

月経周期を通じて、毎日または黄体期に1日1回12.5mgを朝に経口服用します。

症状などにより適宜増減しますが、1日の最大服用量は25mgまでとします。


増量する場合はいずれも12.5mgごととし、1週間以上の間隔をあけて徐々に行なってください。

注意事項

以下の人は服用をしないように医師や薬剤師にご相談ください。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者

・ピモジドを投与中の患者

副作用

主な副作用として、傾眠や嘔気、めまい、頭痛、便秘などが報告されています。傾眠やめまいなど意識が不安定になる症状が出る事もあるため、車の運転や高所での作業、危険な機器の取り扱いには注意が必要です。また、飲みはじめや飲む量を変更した時に、不安感が強くなり死にたいと思うなど症状が悪くなることがあるので細心の注意を払ってください。

主成分

塩酸パロキセチン水和物(Paroxetine Hydrochloride Hydrate)

商品名(日本市場)

パキシル(グラクソ・スミスクライン)、パキシルCR(グラクソ・スミスクライン)、パロキセチン(鶴原製薬)

メーカー

インタス社

参考サイト

パロキセチン(wikipedia)

▶ペクセップCR 37.5㎎(パロキセチン)の止め方

ペクセップCR 37.5㎎の止め方は急に使用を中止はしない様にしてください。
例えばペクセップCR 37.5㎎を減らす場合は、2~4週間で30㎎、次の2~4週間で20㎎、さらに2~4週間で10㎎として、その後5㎎の期間を挟んで0にしています。
4~5か月位かけてゆっくりと減薬していくのが良いでしょう。

急に中止すると不安、焦燥(じっとしていられないようないらいらした感じ)、衝動性(物を投げたくなるような感じ)、不快気分などの精神的な症状や、吐き気、頭痛などが見られることがあるようです。

▶インターネット通販で買えるパロキセチン塩酸塩水和物(ペクセップCR 37.5mg)

日本では向精神薬・抗不安薬・抗うつ薬・睡眠薬は、診察を受けないと入手が出来ません。
ですが海外では街中の薬屋さんやドラッグストアで買うことが出来たりと基準が違ったりします。
そこで利用されるのが規制が緩やかな海外から医薬品の輸入をしてしまう事です。
一部、禁止医薬品として指定されており輸入ができないお薬もありますが、殆どの場合は問題ないはずです。

そこで利用できるのは当店のような「輸入代行」というサイトシステムです。
もちろん、違法ではありません。
パロキセチン成分のペクセップも楽天やアマゾンでの通販と同じく購入が出来ます。
病院処方と同じ効果・効能の成分のお薬が安価で自宅に届くメリットがありますが、デメリットとしては、海外から飛行機便で発送されますが到着まで少し時間がかかります。

口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: うつ病, パロキセチン, Paroxetine, , うつ, 過食, うつ病, 不安障害, 不眠障害