• セルギン(selgin)5mg 100錠/箱|パーキンソン病(主成分:セレギリン)

セルギン(selgin)5mg 100錠/箱|パーキンソン病(主成分:セレギリン)

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 6,009 円 6,009 円
- OR -

▶セルギン 5mgとは?

セルギン5㎎は脳内のドーパミン不足から正常な値に近づけることでパーキンソン病の症状を改善します。
発症初期に用いる事で症状に進行を遅らせる事が期待できます。

パーキンソン病にはセルギン5mg❕
パーキンソン病の初期段階での治療
早期服用で進行を遅らせる
元気になるお薬としても知られている

トップへ戻る

▶セルギン 5mgの特徴は?

セルギン5㎎はパーキンソン病薬の中でも作用は緩やかで、安全性も比較的高いことから、単独療法またはレボドパ併用療法として広く用いられています。
軽度の運動障害があり認知障害がみられない時、特に若い人の発症早期に第一選択されることがあります。
パーインソン初期段階で服用をすることで症状の進行、発現頻度減少させ、更に神経保護作用が期待できるようです。

トップへ戻る

▶用法 注意事項 等

商品名

セルギン(selgin)5mg

一般名(有効成分名)

塩酸セレギリン(Selegiline Hydrochloride)

効果

選択的MAO-B(モノアミン酸化酵素B型)阻害剤で、脳内のドパミンの分解を防ぐことによって、ドパミン量を正常なレベルに近づけ、パーキンソン病症状を改善します。

セルギン5㎎の用法・用量

通常、成人にセレギリン塩酸塩として1日1 回2.5㎎を朝食後、服用から始め、2 週ごとに 1 日量として 2.5㎎ずつ増量し、1 日10㎎とする。
1 日量がセレギリン塩酸塩として5.0㎎以上の場合は朝食及び昼食後に分服する。ただし、7.5㎎の場合は朝食後5.0㎎及び昼食後2.5㎎を服用する。
なお、年齢、症状に応じて適宜増減するが 1 日10㎎を超えないこととする。

以下、レボドパ含有製剤を併用する場合:

通常、成人にセレギリン塩酸塩として1日1 回2.5㎎を朝食後服用から始め、2 週ごとに 1 日量として2.5㎎ずつ増量し、最適投与量を定めて、維持量とする(標準維持量 1 日7.5㎎)。
1日量がセレギリン塩酸塩として5.0㎎以上の場合は朝食及び昼食後に分服する。ただし、7.5㎎の場合は朝食後5.0㎎及び昼食後2.5㎎を服用する。
なお、年齢、症状に応じて適宜増減するが 1 日10㎎を超えないこととする

注意事項

以下の人は医師にご相談の上でご服用ください。
・以前に薬や食べ物で、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。総合失調症・薬物依存症またはその既往歴がある、狭心症、肝臓または腎臓に障害がある。
・妊娠または授乳中
・他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性があります。)。

めまい、注意力・集中力・反射機能などの低下が起こることがありますので、車の運転や機械の操作、高所作業など危険をともなう作業はさけてください。

副作用

主な副作用として、吐き気・嘔吐、不随意運動(手足が勝手に動く)、幻覚、食欲不振、めまい、ふらつき、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

稀に以下のような症状がある場合は初期症状である可能性があるので使用を注意し医師に相談をしてください。
ないものが見えたり、意識が乱れ正常な思考ができない [幻覚、妄想、錯乱、せん妄]
・胸の痛み、圧迫感 [狭心症]
・高熱、意識障害、筋肉のこわばり [悪性症候群]
・意識障害、意識消失、めまい [低血糖]
・みぞおちの痛み、吐き気、胸やけ [胃潰瘍]

主成分

塩酸セレギリン(Selegiline Hydrochloride)

商品名(日本市場)

セレギリン塩酸塩錠2.5mg「タイヨー」(武田テバファーマ)

メーカー

インタス社

参考サイト

セレギリン(wikipedia,

トップへ戻る

▶セルギン 5mgは元気になる薬

セルギン5㎎はMAO-B阻害薬の一種です。この薬が生まれた経緯としては、元々は結核の薬の治験が行われていたが結核への効果は出ないが薬を投与された患者が元気なり、その原因を調べるとMAOという酵素が発見され治験薬がMAOの働きを阻害していることが分かりました。その後の研究でMAOにはAとBの2つがあり、MAO-Bがドパミンの分解に関与していることも分かりました。そこで、MAO-Bの働きを阻害すれば脳内でドパミンの分解が遅れてよりドパミンが長く効果を発揮するのではないかと考えられ、MAO-B阻害薬が開発されています。

トップへ戻る

▶インターネット通販で買える塩酸セレギリン(セルギン5㎎)

日本では向精神薬・抗不安薬・抗うつ薬・睡眠薬は、診察を受けないと入手が出来ません。
ですが海外では街中の薬屋さんやドラッグストアで買うことが出来たりと基準が違ったりします。
そこで利用されるのが規制が緩やかな海外から医薬品の輸入をしてしまう事です。

一部、禁止医薬品として指定されており輸入ができないお薬もありますが、殆どの場合は問題はりません。
そこで利用できるのは当店のような「輸入代行」というサイトシステムです。
もちろん、違法性はなく薬機法にも反しておらず厚労省の許可している方法になります。

塩酸セレギリン成分のセルギン5㎎も楽天やアマゾンでの通販と同じく購入が出来ます。
通販での購入のメリットは病院処方と同じ効果・効能の成分のお薬が安価で自宅に届きますが、デメリットとしては、海外から飛行機便で発送されますが到着まで少し時間がかかります。
社会情勢も不安定な状況ですので飛行機便などに影響が出る場合もありますのでお早めにご注文をおススメいたします。

トップへ戻る

口コミを書く

注意: 会員様で購入済み商品へ書込みが可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: パーキーソン病, パーキーソン, セレギリン, セルギン, 運動障害, 震え, セレギリン