• メマリー・ジェネリック(アドメンタ10mg-Admenta)メマンチン塩酸塩(Memantine Hydrochloride)・1箱100錠|アルツハイマー型認知症を緩和する抗認知症薬

メマリー・ジェネリック(アドメンタ10mg-Admenta)メマンチン塩酸塩(Memantine Hydrochloride)・1箱100錠|アルツハイマー型認知症を緩和する抗認知症薬

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 5,090 円 5,090 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 7,500 円 7,500 円
- OR -


アドメンタは中等度、高度の症状のアルツハイマー型認知症の方がご利用ください。

商 品 説 明

■商品名

アドメンタ10mg-Admenta・1箱100錠

■一般名(有効成分名)

メマンチン塩酸塩(Memantine Hydrochloride)

■アドメンタの効果

中高度のアルツハイマー型認知症の進行抑制
脳内でグルタミン酸濃度が高くなると神経障害を起こし記憶障害が発生します。
有効成分メマンチン塩酸塩により記憶障害や判断力低下を防ぎアルツハイマー型認知症の症状を緩和します。

■用法・用量

通常、成人ではアドメンタを1日1回5mgを初期服用量とし、1週間ごとに5mgずつ増量して下さい。
服用開始から4週間後には、維持量として1日1回20mg服用して下さい。

■注意事項

アドメンタは初期のアルツハイマー型認知症への効果は低く初期においてはアリセプト(ドネペジル)が用いられます。
通常、成人ではアドメンタを1日1回5mgを初期服用量とし、1週間ごとに5mgずつ増量して下さい。
服用開始から4週間後には、維持量として1日1回20mg服用して下さい。

■禁忌

同お薬に対し過敏症の反応を発生する経験のある方

■アドメンタの副作用

頭痛や眠気、体重減少、便秘、食欲不振などが報告されています。
血圧上昇も見受けられますので自宅での血圧測定を行ってください。
特に飲み始めには、めまいやふらつき、転倒などがみられることもあるので、車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業には注意が必要です。

以下のような比較的重度な副作用が発症した場合は投薬を中止し医師に相談をして下さい。

稀に、けいれん、失神、意識消失、精神症状(情緒不安定等)があります。

■主成分

メマンチン塩酸塩(Memantine Hydrochloride)

■商品名(日本市場)

メマリー錠(第一三共)

■メーカー

サンファーマー(Sun Pharma Laboratories Ltd)

▼アドメンタ詳細

アドメンタは日本では2010年11月に「第一三共」より製造・販売が開始されました。

アルツハイマー型認知症への効能としては、グルタミン酸は記憶や学習に関わる脳内における神経伝達物質であります。
当、症状の患者はグルタミン酸が過剰となる事で記憶が正常に行えなくなり、この状態が継続する事で脳神経細胞を興奮させ死滅させます。
アドメンタはこの「過剰」なグルタミン酸の分泌を抑える事でアルツハイマー認知症の症状を緩和します。
正常なグルタミン酸の分泌は阻害しないため統合失調症や幻覚等の副作用は発症しません。



レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い