• フィンカー(Fincar) 5mg200錠 Cipla社│AGA・薄毛治療のプロペシアジェネリック(フィナステリド)

フィンカー(Fincar) 5mg200錠 Cipla社│AGA・薄毛治療のプロペシアジェネリック(フィナステリド)

  • Cipla LTD.
  • MI00175
  • 在庫あり

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 9,490 円 9,490 円
- OR -
数量 価格 単価
商品 x 1 箱 11,360 円 11,360 円
- OR -

▶フィンカ―5mgとは?

フィンカ―は薄毛治療が出来るネット通販で安価に購入でご自宅にお届け。

一般な男性の薄毛は「男性型 脱毛症」のタイプで 「おでこ」や「頭頂部」の箇所が抜けやすく薄くなる特徴があります。

O字型の薄毛に効果があるフィンカ―

この「男性型脱毛症」は毛髪が十分に伸びる前に抜け落ちてしまう病気とされています。
近年では芸能人も使用した薄毛治療薬として定番中の定番で薄毛治療クリニックでも必ず処方されるお薬なはずです。

フィンカーの成分のフィナステリドは「この」男性特有の抜け毛の症状を抑える働きがあります。
このフィンカーの効能は発毛や育毛ではなく
髪の毛が抜ける症状が改善し、1本1本の髪の毛が長生きする事で髪の毛が次第に増えていきます。

▶フィンカーの特徴は5倍の成分

フィンカーの特徴としては5mg/錠と通常の5倍の高濃度成分となっています。
これは他のフィナステリド製品と同様に正規のジェネリック品ではありますが、実はフィンカーは前立腺肥大症向けの錠剤の仕様となっています。
成分は同じですが治療目的が異なるので、このフィンカーで薄毛治療をする場合は分割して利用する必要があります。

これは面倒だとお思いかもしれませんが、これがフィンカーの最大の特徴です。
他のフィナステリド製品と1錠あたりの価格には差が小さいのですが、成分量は5倍なのです。
つまり、5分割する事が出来れば、同じコストで5倍長く使用する事ができ、1箱200錠入りですの分割の手間さえ惜しまなければ、もっとも最安値で薄毛治療ができるはずです。

また、発毛、育毛を促したい場合はロニタブ(ミノキシジル)がありますが抜け毛を積極的に防止する効果はありません。


フィンカ―は男性向けの薄毛治療薬 男性型脱毛症に特化した治療薬
O字型薄毛(頭頂部)
M字型数毛(オデコ)
大容量タイプは分割で高コスパ
女性には効果ありません

▶用法 注意事項 等

商品名

 フィンカー(Fincar) 5mg 100錠/箱

一般名(有効成分名)

フィナステリド

効果

・フィンカーにはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあり、脱毛を防ぎ、発毛を促進してAGAを治療します。
・前立腺肥大症の治療(~5mg/日)

用法・用量

・通常、フィナステリド製剤をAGAに用いる場合は1mgを1日1回経口で服用します。フィンカーは1錠中に5mgのフィナステリドを含有しており、ピルカッターなどで5分割して1日1回服用してください。服用タイミングは成分の安定した血中濃度を維持するために、毎日できるだけ同じ時刻に服用してください。
・前立腺肥大症患者へは最大5mg/日を服用します。

注意事項

 20歳未満の方や女性の方は服用しないでください(特に妊娠している方や妊娠の可能性がある女性の方は、皮膚から吸収される恐れがあるためお薬に触らないように注意してください)。また、フィンカーなどのフィナステリド製剤を服用すると、服用初期に一時的に抜け毛が増える初期脱毛と呼ばれる現象が起こります。これは、フィナステリドの作用によりヘアサイクルが活発になるため、古い髪の毛の脱毛が促進されることにより起こるものです。初期脱毛はフィンカーがきちんと作用していることの証拠であり、しばらくすると自然に治まるため心配する必要はありません。

副作用

 そう痒症、蕁麻疹、発疹、リビドー減退、勃起能不全、射精障害などの副作用が生じる可能性があります。勃起不全などの性欲減退は、フィンカーが男性ホルモンであるテストステロンの働きを抑制することで起こります。比較的高い頻度で見られる副作用なので、心配な方は事前にパートナーなどとも相談しておくことをお勧めします(ただし、服用を続けていくうちに通常はこうした副作用は弱まっていきます)。

主成分

 フィナステリド

商品名(日本市場)

 プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg

メーカー

 Cipla Ltd (シプラ社)

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

フィナステリド - Wikipedia

先発薬「プロスカー」に関する各種文書

PROSCAR(FINASTERIDE)

▶フィンカ―のお得な飲み方

フィンカ―の飲み方で特に注意が必要なのは治療目的がAGA(男性が脱毛症)の場合は、必ず分割が推奨されています。
もし、前立腺肥大症の治療が目的であれば最大摂取量が5mg/錠でフィンカーを1錠で服用も大丈夫です。

つまりAGA(男性型脱毛症)治療では フィナステリドが1mg/日が最大量とされています。

1mg/日より多く飲んでも効果には差は殆どないようですが、前立腺肥大症の予防効果も期待できそうですが副作用が起きやすくなるので適量でAGA治療を継続が必要です。


これは、フィンカ―の メリットでもデメリットでもあります。

フィンカ―は1錠あたりの価格が安く、更に分割して服用ができれば1000日分/箱になります。

実際は手軽に分割できるサイズは4等分位でしょう。それでもコストパフォーマンスが高く飲めるのがフィンカ―なのです。

*元々、フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として5㎎/日の服用で認可されています。

▶その毛根には寿命有り、それが最後の毛髪かも?!


生物の細胞には 再生(細胞分裂)の限界があります。これはあらゆる生物に言える事で個々の細胞に寿命があります。

つまり、脱毛症上の患者さんは毛髪のライフサイクル(髪の毛の生え変わり)が高速で毛根の寿命が短めです。

毛根の再生は限界回数は以下のような前提とお考えてください。

毛髪(毛根)のライフサイクルは2~6年
②毛根の細胞分裂限界は50回(細胞の一般的な限界分裂年数)

つまり、個人差はあれど、1つの毛根からは約50回しか生えない現実!

つまり、 正常な毛根ならば 100年~300年の間は毛髪は 元気で一生髪には困らないはずです。

例えば、 AGA(男性型脱毛症)の人は 3か月で髪の毛が抜け落ちてしまうとすると単純計算だと、
3か月 x 50 回 ⇒ 12.6年

大げさではありますが、約13年で完全なるハゲとなってしまいます。

このように発毛力、育毛力を売りにした商品がありますが、可能な限り早くフィンカーを始めて「抜け毛防止」する事の重要性が分かったのではないでしょうか。

もしかしたら、10代で既にAGAが始まっていたかもしれません。
ですが、若さからくる発毛・育毛力が強かったために、AGAである事に気づかなかっただけかもしれません。
つまり、既に毛髪の再生回数を消費している可能性もあるのです。

▶フィンカ―の薄毛治療の評価は?

フィナステリド(フィンカ―)の効果はどれくらいで発揮されるかの目安になりますが以下に実績をご覧ください。
「日本皮膚科学会」の調査結果ではありますが、フィンカ―と同成分のフィナステリドがAGAに大きな効果ある事が分かります。

フィンカ―の実績


日本皮膚科学会-根拠資料(URL)

また、残念な事にフィンカ―(フィナステリド)は女性には効果が無いことも紹介されています。

このように第三者機関からの評価も嬉しいモノですが、フィンカー(Fincar)は分類上はプロスカーのジェネリック医薬品です。
主成分フィナステリドは成分としては1992年に認可され、薄毛治療としては1997年から利用され始めた多くの人からの利用実績も長いお薬です。
多くのAGAクリニックでも、まず1番に処方されるお薬で歴史も大変長く効果が保証されているので。

また、フィンカ―(Fincar)はインドの大手製薬会社Cipla(シプラ)社が製造・発売するお薬です。

▶フィンカーの薄毛治療の根拠は?

フィンカー(Fincar)は薄毛(AGA)の症状は「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの働きが大きく関与しています。
活性化された「テストステロン」は「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成し脱毛症状を引き起こします。
フィンカー(Fincar)は、この脱毛原因の 「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を防止し脱毛を防ぐ効能があります。

薄毛の症状を整理しますと、
1.男性ホルモンの一種(DHT)が抜け毛を促進させます。
2.フィンカ―の成分フィナステリドがその原因物質(
DHT )を 排除し抜け毛を予防します。

DHTの抑制でAGA治療

このようにフィンカーはAGAの根本原因に対して作用するため、大変高い治療効果を期待することができます。


▶フィンカーとフィンペシアの違い

同じフィナステリド成分であるフィンカーとフィンペシアがあります。代表的なAGA治療のジェネリック薬ですが大きな違いは1錠あたりの成分量になります。
面白い事に製造メーカもシプラ社で同じなのです。同じメーカーから同じ成分ですが異なるパッケージで販売がされております。
これは実は治療目的が異なります。

AGA治療のフィナステリドの成分は実は、抜け毛の治療だけでなく前立腺肥大症の治療にも使われております。
全く同じ成分ではありますが、治療目的が異なる事から錠剤の1錠あたりの成分量が異なってはいます。

以下のような違いがあり、1錠あたりの値段は殆どないのが一般的です。

製品名
フィンペシアの用量/錠
製造メーカー
フィンカー
5㎎/錠
シプラ社
フィンペシア
1㎎/錠
同上

ですので、手間さえ気にしなければ分割して使用できるフィンカーは経済的になります。
大手製薬メーカーのシプラ社製で正規の激安のジェネリックではありますが、更にコスパが高くAGA治療ができるのがフィンカーなのです。分割する手間はありますが

▶フィンカーとザガーロ(デュタステリド)の違い

薄毛治療薬として比較されるかと思いますが、フィンカーとザガーロは単なる商品名です。
これら製品の元となる成分は既に複数のジェネリックが発売されておりますので、薄毛治療薬分野で
医薬品を比較する場合は目的の成分名で比較される必要があります。
フィンカー、ザガーロの共通点としては
効能が「抜け毛防止」になりますが、成分が「フィナステリド」「デュタステリド」と異なっております。

後は、価格と製造メーカーで比較をすれば良いでしょう。

製品名
成分名効能
・フィンカー・フィナステリド・抜け毛防止
・ザガーロ・デュタステリド・抜け毛防止

フィンカーとザガーロの大きな違いは、ザガーロの効果はフィンカーの1.5倍ともいわれております。
効果が強い分、副作用も比較的強いとも言われており、最大のネックは価格ではないでしょうか。
デュタステリド製品の値段と商品詳細の確認

世界的にはデュタステリドは薄毛治療薬として認可されておりません。(日本と韓国のみ)
これらは、どのような理由かは分かりませんが何か医学的な理由があるのかもしれません。

▶フィンカ―は効果が同じジェネリックを通販で

ジェネリックは同成分、同効果

AGA(薄毛治療薬)で抜け毛防止を考えた場合、フィンカ―での治療方法です。
フィンカ―のようなジェネリック薬品は先発薬と成分も同じですので効果、効能に差異はありません。
よほど特殊な錠剤設計のお薬でない限り、成分を固めただけの構造です。

ちなみに特殊な錠剤設計のお薬の場合は、溶けるタイミング、場所などが考えられたタイプもあります。(錠剤設計の詳細はこちら
効果を決定づける成分は先発薬もジェネリックも全く同じものであり、錠剤のコーティング等の添加剤などは成分が異なる場合がありますが、効果・効能には基本影響はしません。


参考サイト

服用方法・副作用等の注意事項に感じては次のサイトも参考にしています。

医療用医薬品 : フィナステリド

フィナステリド - Wikipedia

男性型脱毛症 - Wikipedia




▽▲▽▲フィンカ― 5mgのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲

口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: AGA, プロペシアジェネリック, プロペシア, propecia, フィナステリド, 男性型脱毛症, 脱毛症, 薄毛, ハゲ, 前立腺, 前立腺肥大, 前立腺肥大症, 抜毛, 抜け毛