• ロニタブ10mg1箱10錠(Lonitab-10)|AGA(薄毛)ミノキシジル(ミノタブ)

ロニタブ10mg1箱10錠(Lonitab-10)|AGA(薄毛)ミノキシジル(ミノタブ)

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 2,412 円 2,412 円
商品 x 3 箱 6,298 円 2,099 円
- OR -

▶ロニタブ10mgとは?

ロニタブ10mgは有効成分がミノキシジルの内服タイプです(男女兼用可能)

ミノキシジル成分が血管から直接、毛髪、毛根に発毛・育毛作用を促します

ロニタブ成分の外用の塗布タイプがドラッグストアで手軽な購入が出来ますが、ミノキシジルは元々は別に治療薬として臨床試験時の副作用として「発毛・育毛」が発見されました。
塗るタイプは頭皮に使用するため体には安全だが、効果が薄いとされています。

このように、ロニタブ(ミノキシジル)は国内では薄毛治療薬としては未承認ではありますが、AGAクリニック等では処方もされています。
ロニタブのような服用タイプは処方箋が必要なのでドラッグストアーでの入手はできないのは、服用タイプの方が効果が高い反面、用法用量を守らないければ健康を害する恐れがあります。

▶ミノキシジル10㎎と10%の違いがあり

ロニタブはミノキシジルが1錠あたり10㎎の成分量になっています。同じサイズの錠剤でも成分量が異なりますので服用量は成分量を目安にする必要があります。
そして、ミノキシジル10%とは塗布、塗るタイプのミノキシジルになります。
国内の薬局で販売されているのミノキシジルに10%の製品はありません。5%までの制限となっています。
海外では10%も標準で販売されているのですが、日本国内では5%までしか許可がされていません。
当店での比較としては、以下となっています。
ミノキシジル5%(国内薬局と同仕様)
ミノキシジル10%(海外のみ販売)
ミノキシジル5%+フィナステリド(海外のみ販売)

ロニタブ10mgは安心のジェネリック ・唯一の女性への発毛、育毛効果
・服用タイプだから内部からドンッ!と発毛、育毛
・大手メーカだからジェネリックでも安心
・ミノキシジルの市販薬が売れなくなるので効果は秘密

▶用法 注意事項 等

商品名

ロニタブ10mg

一般名(有効成分名)

ミノキシジル10mg

効果

ロニタブ10mgの有効成分であるミノキシジルには、頭皮の血管を拡張させる作用があります。これによって、血流が増加して毛根細胞に多量の酸素や栄養素が行き渡るようになり、発毛が促進されます。

用法・用量

ロニタブ10mgは1日1回、1錠を服用します。飲みやすい時間に服用して構いませんが、安定した血中濃度を維持するためにできるだけ毎日同じ時刻に服用することをお勧めします。

注意事項

以下に該当する方は服用しないでください。
・20歳未満の人、65歳以上の人
・円形脱毛症など壮年性脱毛症以外の脱毛症の人
・高血圧、低血圧の人
・心疾患、肝疾患、腎疾患のある人
・甲状腺機能障害のある人
・むくみのある人
・妊娠中または授乳中の人
・医師又は歯科医師の治療を受けている人
・他の薬を服用中の人

副作用

動悸、息切れ、頻脈、低血圧、多毛症などの副作用が生じる可能性があります。これらの症状に限らず、服用後に異常が見られた場合は直ちに服用を中止して医療機関を受診するようにしてください。特に女性が服用する場合は、多毛症の副作用には注意する必要があります。ロニタブはタブレット型の内服薬のため、頭皮だけではなく全身に作用します。腕やすねなど望まない場所からの発毛も促進される可能性があるため、服用に際しては十分に注意してください。また、副作用ではありませんが、ロニタブを服用すると初期脱毛と呼ばれる現象が起こることが知られています。初期脱毛とはロニタブ服用によりヘアサイクルが活性化されることで、一時的に抜け毛が増えてしまう現象を指します。初期脱毛が起こると、どうしても不安になりますが、これは新しい髪に生え変わるまでの通過点に過ぎないので心配する必要が無いことは覚えておきましょう。

主成分

ミノキシジル 10mg

商品名(日本市場)

無し

メーカー

Intas Pharmaceuticals Ltd

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ミノキシジル - Wikipedia



▶ロニタブで治療可能な薄毛とは?

ロニタブは服用タイプの薄毛治療薬として女性も利用が可能な内服タイプのお薬です。

薄毛の原因の一つには頭髪のライフサイクルの「成長期」が短命となっている事で起こります。
また、発毛、育毛が起きずに成長期でも一向に髪の毛が太く、長くならなくならなく、そのまま抜け落ちてしまう傾向があります。
これは、一見、ハゲの人の頭皮をよく見ると分かるのですが、実はたくさんの産毛がある場合があります。
薄毛の人の特徴として、この産毛が成長しきる前に「アッ」という間に抜け落ちてしまっているようです。

この産毛があるのに目立った活躍をせずに退場していく事になります。
このように毛根は生きて産毛は生えれているのですが、十分な発毛、育毛パワーがなく太くなる前に「成長期」を終えてしまうのです。

そして、ロニタブの出番としては「まだ毛根が生きている」状態の「成長期」を十分に維持できる栄養を血管から送り込む状態を作り出します。

ロニタブで改善、発毛ライフサイクル

身体の内部からダイレクトに毛根に作用するので無駄なく効果を発揮!

▶ロニタブは男女共通の薄毛治療薬!

近年ではネットから本当の情報が手軽に入手ができるようになりました。国内では大々的に医薬品の宣伝広告が出来ない事もあり薄毛が薬で治療ができる事を知らない人が多いのではないでしょうか。
薄毛の原因は老化だから仕方ないとか、治療費には何百万円も必要だと思いこんでいるのかもしれません。
SNSの発展もあり信頼が出来る人から情報も情報へのフィルターをかける事が出来て、嘘や詐欺まがいの毛生え薬がしっかりと排除されるよういなりました。
今ではロニタブのような飲むミノキシジルの効果を手軽に入手が出来るようになりました。

情報弱者の人は、未だに民間療法やサプリメントなどで時間やお金を無駄にしている人が少なくないのも事実です。
残念ならがロニタブのような医薬品はAmazonや楽天などの口コミがあるサイトでの販売が出来ない為、積極的に調べたり、生きた口コミを探す必要はあります。

▶塗るミノキシジルは小さな効果

ロニタブの成分であるミノキシジルは飲んで毛が生える効果で認知されました。
ですが、医師の診断が必要な医薬品で、安価なジェネリックも発売されており国内では利益を得ての販売しにくい問題がありました。
薬事法の関係で大々的に宣伝も出来ないこともあり病院で初めてロニタブ(ミノキシジル)の本当の内服効果を知る事になるでしょう。

当店では塗るタイプのミノキシジルの取り扱いもしておりますが、国内版は5%までの濃度の制限がありますが、当店のは最大は10%の濃度です。
それでも個人的な意見も入りますが、ロニタブのような飲むタイプが効果が高い事は飲み続けた人だけが実感できます。

たしかに、海外ジェネリックのロニタブは使用に不安があるかもしれませんが、ミノキシジルは海外で研究開発したお薬です。
また、世界中では男女問わず選択されており、しかもミノキシジルは「医薬特許」も終了している安価な商品です。

スプレー散布タイプですと髪型が乱れるますが、内服タイプですと、そのような心配もありません。
ロニタブを内服すると血液を通して毛髪に届くので効率的に薄毛治療が出来るはずです。

・ロニタブ10㎎とフィナステリドの女性への違い

ロニタブ10mgは主に発毛効果・効能が高い薄毛治療のお薬です。
ロニタブの効果はプロペシアで有名な成分
フィナステリドは「抜毛防止」で、ロニタブの「発毛・育毛」とは異なる効能です。
このプロペシア(フィナステリド)は、AGAの治療には男性ホルモンの働きを阻害する働きをもち、女性には効果がない欠点があります。

この点、ロニタブの「ミノキシジル」は女性にも効果が感じられます。

ミノキシジルは血管の血流により活性化

現在は、FAGA(女性における男性型脱毛症)の発症率も高まりつつあるため、ロニタブ10mgはこうした症状に悩まれている女性にとって頼もしい味方であると言えるでしょう。
ただし、ロニタブはタブレットの服用タイプですので副作用への点も考慮が必要です。

口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: AGA, ミノキシジル, 薄毛, ハゲ, 発毛, 育毛, ミノタブ, ミノキシータブレット, 女性薄毛