• アボダート(Avodart)0.5mg 【1箱30錠】 GSKファーマ社│ディタステリドの薄毛治療

アボダート(Avodart)0.5mg 【1箱30錠】 GSKファーマ社│ディタステリドの薄毛治療

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 6,600 円 6,600 円
商品 x 3 箱 8,200 円 2,733 円
商品 x 5 箱 9,500 円 1,900 円
- OR -

▶アボダートとは?


アボダートとは?


Avodart(アボダート)は頭全体の薄毛に効果を発揮する抜け毛防止タイプのディタステリド配合の医薬品です。

効果・効能はフィナステリド製品との差異はあまりないと考えていますが、大きな特徴は効果範囲に違いがあります。

フィナステリドの効果範囲の「頭頂部、オデコの生え際」に対して、アボダート(Avodart)は「頭頂部、オデコの生え際」に加え「側頭部の後頭部」の薄毛にも抜け毛防止効果が期待できるとされています。

また、効能は既存の薄毛治療薬と同じではありますが、成分が異なる事もあり他のAGA治療薬で効果が無かった方の第2の選択肢として選ばれるようです。


商 品 説 明

■商品名

アボダート(Avodart)0.5mg 【1箱30錠】 GSKファーマ社│薄毛治療のお薬です。

■一般名(有効成分名)

デュタステリド(Dutasteride)

■効果

AGA改善

抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあり、脱毛を防ぎ、発毛を促進して薄毛を改善出来ます。

■用法・用量

1日1回1錠(0.5mg)を服用。

なるべく決まった時間での服用により安定した薄毛治療の成分の血中濃度を維持できます。

■注意事項

20歳未満の方や女性の方は服用しないでください(特に妊娠している方や妊娠の可能性がある女性の方は、皮膚から吸収される恐れがあるためお薬に触らないように注意してください)。効果が出るまでに通常、6ヶ月程度かかると言われているので継続的に服用してください。

■副作用

皮膚に発疹やかゆみがでたり、勃起不全などの性行為に支障がなどの副作用が生じる可能性があります。アボダートは他のAGA治療薬と同様に男性ホルモンのテストステロンの働きを抑制するために稀に発生する副作用となっています。気になる方は服用する頻度や服用量を調子するなどして見てください。たださい、通常は服用は発生しても副作用は次第に弱まって行くようです。

■主成分

ディタステリド(Dutasteride)

■商品名(日本市場)

デュタステリドカプセル0.5mgZA(沢井製薬)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(東和薬品)デュタステリドカプセル0.5mgAV「JG」(日本ジェネリック)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(扶桑薬品工業)、デュタステリド錠0.5mgAV「NS」(日新製薬)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(日医工)、デュタステリド錠0.5mgAV「YD」(陽進堂)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(第一三共エスファ)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(東亜薬品)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(ニプロ)、デュタステリド錠0.5mgAV(シー・エイチ・オー新薬)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(武田テバファーマ)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(森下仁丹)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(東洋カプセル)、デュタステリドカプセル0.5mgAV(ビオメディクス)、

■メーカー

Glaxo SmithKline

■その他

ディタステリドが世界中で男性型脱毛症治療薬として承認を受けているのは日本、韓国の2カ国のみです。

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

デュタステリド - Wikipedia

医療用医薬品 : デュタステリド

先発薬「ザガーロ」に関する各種文書

ザガーロカプセル

医薬品インタビューフォーム(ザガーロカプセル)


▶アボダートが選択の方が優れているのですか?

アボダードの主成分はディタステリドで抜け毛防止のメカニズムはフィナステリドと同じです。
メカニズムとしては抜け毛を誘発する「DHT」という物質の活動を抑制する事で抜け毛が防止されます。

アボダードはあまり知名度が高くないのはクリニック等でも取り扱いが必ずある訳ではありません。
これは、アボダードは日本(2015年9月に承認)と韓国のみで薄毛治療薬として承認されている事もありAGA治療薬としては歴史は比較的浅いという状況です。

まだ、実績という面では遅れていますが、一部の研究結果ではアボダードの方がフィナステリドより増毛効果が優れているデータもあります。

▽男性型脱毛症の男性被験者へのデュタステリドとフィナステリド有効性と安全性に関する対照試験

【研究目的】
脱毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する
アボダード(ディタステリド)の効能をフィナステリドと比較した。

【実験方法】
20歳~50歳の男性型脱毛症の男性を下記の4つに分けた。

フィナステリド(1日1 mg) を飲むグループ
・アボダード (1日0.02 mg) を飲むグループ
・アボダード (1日0.1 mg) を飲むグループ
・アボダード (1日0.5 mg) を飲むグループ

その後、24週間投与し、最後に髪の毛の本数と太さを測定した。

【結果】
アボダード0.5 mgを飲んだ群では、フィナステリド1 mgのグループと比べて髪の本数、太さともに増加した。
・アボダード0.1 mg、0.02 mg飲んだ群ではフィナステリドの方が増毛効果が強かった。
・両者の間で副作用の出方に違いはなかった。

【結論】
アボダードプロペシアよりも脱毛に効果がある可能性が示唆された。

参考:A randomized, active- and placebo-controlled study of the efficacy and safety of different doses of dutasteride versus placebo and finasteride in the treatment of male subjects with androgenetic alopecia

大きな差異では無いようですが、それでも効果としてはアボダードの方が優れているようです。
しかしながら、アボダードはフィナステリドと比べると費用面で高いと言うデメリットもあります。
費用面からも、一般的にはフィナステリドで効果が無い、又は十分でない場合の次の選択肢でも良いかと思います。
また、アボダードの特徴である、フィナステリドでは届かない「側頭部、後頭部」への効果は一般的なAGAの患者には必要がない効果範囲かもしれません。

アボダートは経済的に余裕があるならば、第一に選択をしたり、フィナステリドと交互に使用する等の使用方法も検討の余地があるようです。

フィナステリド製品

フィナステリド製品で満足できなかった人が次に選択される傾向が有ります。





▽▲▽▲アボダートのネット通販は個人輸入代行の三越屋▽▲▽▲▽▲

口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: AGA