ジェネリック薬品の利用

▶ジェネリック薬品とは

病院で処方される医療用の医薬品には先発薬と後発薬品の2種類があります。
先発薬又は新薬は製薬メーカが開発した新しい有効成分で特許により保護される事で他メーカが同成分を使用して製品の製造・販売を許可なく行う事が出来ませんが、基本的には特許の期間が満了すると他メーカが成分を利用できるようになります。
この特許終了成分が利用されているお薬が、一般にいうジェネリック薬品(後発薬品)です。
もちろん、同じ有効成分を使い、有効性や安全性が同等と厚生労働省の承認を受ける必要があり、逆にいうと「同じ」であり「価格だけが異なる」という事を厚労省が保証している事になります。

こちらの情報を見られた方は、海外ジェネリックについも知見がある人かもしれまませんが、特に断りが無い限り日本国内のジェネリックについてお話をしています。

▶ジェネリック薬品はなぜ安いのでしょうか



ジェネリック薬品は「不確かなコスト(開発・研究費、人件費等)」が不要で、医薬品の製造・販売ができるので安く販売が出来ます。

「不確かなコスト」とは新薬の開発には期間や費用だけでなく「アイデア」も必要になります。沢山のアイデアから研究を行いますが、実用性がなく無駄になる研究も少なくなありません。製品化に近づくと臨床試験(有効性、安全性の証明)などなどもあり、実際に製品として販売が出来るようになるのは一部だけになります。多くの研究が価値を生み出す前に中心になったり終了する事にもなり、それらもコストとして新薬の価格に計上される事になりますが、ジェネリックには、その「不確かなコスト」が無い分も安価になります。

ただし、ジェネリック医薬品の販売の条件としては「特許期間(20年~25年間)」後になります。

また、ジェネリック薬品も無条件に安くはならなく、一般的に新薬の約5割の価格になるように制限が定められています。

参考:新規後発医薬品の薬価算定

▶「安全性と安全性が同じ」と認められています

ジェネリック薬品も先発薬と同様に厚労省の許可を得なければ発売する事が出来ません。
つまり、ジェネリック薬品は先発薬品と同じ有効成分を使い、有効性や安全性が同等と厚生労働省の承認を受けており、且つ、特許期間(20年~25年)の先発薬の実績がある有効成分を使用している事もあり、より安全という見方も出来るのではないでしょうか。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律(旧:薬事法)