抗肥満薬で脂肪吸収阻害・排出が可能

肥満を病気として治療をする体重を落とす減量薬に「ゼニカル」があります。

欧米では抗肥満薬として重度の肥満患者にも使用されています。
主成分のオルリスタットの薬効メカニズムとしては食事の脂肪分の吸収を阻害し脂肪分を排泄させる働きがあります。

残念ながら日本では未承認薬であるため海外からの通販になります。一部クリニックでも海外から輸入したモノを処方してくれるところもありますが、同じ商品ですが高価格になってしまいます。
ご自分でご購入されれば比較的安価に調達が可能です。

ゼニカル・ダイエット

▶ゼニカル服用の方法

ゼニカル服用方法で気にかけておきたい事が幾つかあります。食べた食実の油分を吸収させずに排せつさせるのですからトイレの時や食事など日常においても注意が必要になります。
慣れれば難しくは無いのですが、やはり特殊なお薬ですので相性が合わない方もいるのも事実なようです。

1.便の油分が多くなる

ゼニカルは効果が強い反面、特に注意が必要なのが腸の中に吸収されなかった油分がたまります。
このため、便が非常に柔らかく、場合によっては下痢のようになり排便をコントロールできなくなる人もいるようです。

日ごろから便の硬い人は問題は無いようですが、外出時はナプキンやオムツの着用が必須の人もいます。
また、便と一緒に排泄される油分は便器にこびりつき易いので、便器にトイレットペーパーを敷き詰めるなどして用を足す等の工夫が必要になります。

一般的にデメリットとなりますが便秘気味の人は便が柔らかく、脂分が多くなるので便秘が解消する副作用となる場合もあるようです。

トイレで視覚的に効果を実感できるので楽しみながら継続しやすいダイエットになるかもしれません。

2.ビタミン不足でお肌がカサカサ

ビタミンには油系の「脂溶性ビタミン」の吸収も阻害されるためビタミン不足により、お肌がカサカサになる傾向があります。

野菜や果物などを多くとるようにする必要がありますが、サプリメントなどで「ビタミンA、D、E、K、βカロテン」補給がお手軽かと思います。

脂溶性ビタミン

▶ゼニカルと正規ジェネリック

ゼニカルは先発薬ですのでが、既にジェネリックも大手製薬会社で製造されています。
正規のジェネリックですので、成分は全く同じであるので、どれを選んでも効果は同じはずです。
価格はジェネリックの方が低いのですが、知名度が高いゼニカルを選ぶ方も多くいらっしゃいます。

そのような人向けにゼニカル(オルリスタット)にはジェネリックもあります。


ゼニカル120mg 42錠×1箱(先発薬)

販売価格:8,976円/1箱、16,302円/2箱

脂肪分の吸収を阻害・排泄するダイエット医薬品

有効成分:オルリスタット120mg配合
1箱あたりの総錠数:42錠

 

【用法・用量】
食前または食後1時間以内に1日3回、1錠または2錠づつ服用する。
※米国における服用方法です。

 

>>ゼニカル120gの購入はこちら



オベリット120mg 42錠×1箱(ジェネリック:後発薬)

販売価格:4,890円/1箱、9,480円/2箱、18,012円/3箱

ゼニカルのジェネリック医薬品。数量は同じですが価格は約半分。

有効成分:オルリスタット120mg配合
1箱あたりの総錠数:42錠

 

【用法・用量】
食前または食後1時間以内に1日3回、1錠または2錠づつ服用する。
※米国における服用方法です。

 

>>オベリット120gの購入はこちら

 

参考:
オルリスタット - Wikipedia

脂溶性ビタミン  - Wikipedia

ビタミンA - Wikipedia

ビタミンD - Wikipedia

ビタミンE - Wikipedia

ビタミンK - Wikipedia

β-カロテン - Wikipedia