• ゼニカル(Xenical) 120mg 【1箱42カプセル】ロシュ社│脂肪吸収を阻害する肥満治療薬

ゼニカル(Xenical) 120mg 【1箱42カプセル】ロシュ社│脂肪吸収を阻害する肥満治療薬

  • Roche
  • MI00150
  • 在庫切れ

*海外配送の場合は不測な事態で遅延することがあります。
*商品デザインの仕様変更により写真と異なる場合がございます。
内容物(成分)、数量等は同じです。

数量 価格 単価
商品 x 1 箱 11,818 円 11,818 円
商品 x 2 箱 21,466 円 10,733 円
- OR -

▶ゼニカル120mgとは?

ゼニカル120mgでお薬ダイエット

ゼニカルは肥満治療薬として  米国の肥満外来でも使用 される減量目的で開発されたダイエット薬品です。
ゼニカルの特徴としては、食べた食事に含まれる脂肪分の吸収を阻害する事でダイエットを行います。
世界的にも有名な、スイスの製薬会社・ロシュが販売しているダイエット薬のゼニカルは安い通販価格で購入が出来ます。
ゼニカル食事と一緒に服用すれば、辛い運動や食事制限なしでスリムな体形を目指す事が可能です。

ゼニカルは元々は重度の痩せられない肥満患者向けの医薬品ですが、SNSなどの口コミ評判からも知られ多くの人に利用され続けた信頼と実績のダイエット薬です。

男女問わず使用ができダイエットの根拠は、 食べた食物中に含まれる脂肪分の吸収を妨げて便として排泄させます。
食事の際にゼニカルを服用するだけで 脂肪の吸収を30%もカットする働きがあり手軽なダイエット法としても知られています。
 
他のダイエット法に失敗したが絶対に痩せたいという方にゼニカルはをお勧めしたい。



ゼニカルの良いところは? 消化酵素の働きを抑制してくれる
運動、食単管理せず痩せられる
ダイエット薬で知名度No.1
深刻な肥満治療に有効!

オベリット・ゼニカルジェネリック

<比較商品>
オベリットはゼニカル・ジェネリックですので成分、成分量共に120㎎のオーリスタットです。1錠が120㎎の高濃度ですので強い効果で脂肪吸収を阻害するダイエット効果。

オベリット・ゼニカルジェネリックはこちらからお求めいただけます。

フォシーガ・ダイエット

<比較商品2>
フォシーガは糖尿病の治療薬ではありますが美容クリニックではダイエット薬として利用されています。ゼニカルと比較して異なるのは、当製品は血液中の糖分をオシッコとして排泄させ消費されなかったカロリーが脂肪に置き換わるのを防止されるのが期待できます。

フォシーガはこちらからお求めいただけます。

▶用法 注意事項 等

商品名

ゼニカル(Xenical) 120mg 1箱42錠 

一般名(有効成分名)

オルリスタット

効果

ゼニカルには消化管で脂肪が分解されるのを抑制する働きがあります。これによって脂肪が吸収されずに便として体の外に排出されるため、体重を減らすことができます。

用法・用量

通常は、1日3回、食事中または食事の後(1時間以内)に1錠を服用します。万一飲み忘れた場合は、1回1錠(120mg)以上は服用しないでください。

注意事項

・食事の前に服用すると効果が半減してしまうので必ず食事の途中や食事の後に服用してください。
・通常は服用後2~3週間で効果が出始め、6ヶ月~12ヶ月程度効果が持続します。
・食事をしない時や脂肪分の極端に少ないメニューを取るときは服用する必要はありません。
・ゼニカルにより脂肪の吸収が妨げられると、脂溶性ビタミンのA、D、E、Kの吸収量も低下する可能性があります。栄養不足にならないように注意してください。
・服用初期に油分を含む便やおならが出る可能性があります。また、急に強い便意を感じたり、頻繁に便意を生じたりする可能性があります。ただし、これらは服用を続けていくうちに次第に落ち着いてきます。
・妊娠中の方、授乳中の方は服用することができません。

副作用

下痢、おならの増加、便失禁、ビタミン不足、肝障害、腎障害、胆石症、膵炎、血便など。

主成分

オルリスタット

商品名(日本市場)

無し

メーカー

ロシュ社

参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

オルリスタット - Wikipedia

DRUG: オルリスタット

「ゼニカル」に関する各種文書

Xenical 120 mg hard capsules

PACKAGE LEAFLET: INFORMATION FOR THE USER Xenical 120mg hard capsules Orlistat

XENICAL- orlistat capsule 

▶ゼニカルは効果は当日より油分たっぷり中華でもダイエット可能

ゼニカルの効果は服用時から発揮されます。上手なゼニカルの飲み方としては食事の開始時に一緒に服用してしまえば、その時の食事においてダイエットが可能です。
ゼニカルは即効性があり服用時のみの効果があります。例えば昼食時に飲んだゼニカルは、夕食時の食事には効果がありませんので食事の都度で服用が必要です。
また、効果は視覚的に確認ができるはずです。トイレではオレンジ色の排泄物が確認されるかもしれませんが、それは吸収されなかった油分ですので健康的には問題ありませんのでご安心ください。
以上のように利用頻度は確実で調整で、例えば油たっぷり中華料理などは特に効果を強烈に目視確認ができるはずです。

背油コッテリのラーメンは「スープは残す」か「完食をして」ゼニカルを飲むかの選択も可能です。

食物は栄養学的には「炭水化物、脂質、タンパク質」と3種類のカテゴリー分けがされます。
この中でも「脂質」は他の栄養素に比べて2倍以上のカロリーがある栄養素です。

3代栄養素で脂質が高カロリー

<栄養素ごとのカロリー量の違い>

・炭水化物、タンパク質:4kcal

・脂質: 9kcal

顕著な比較例としては、「お茶碗一杯」のお米に含まれている「脂質が0.4g」に対して「食パン1枚(6枚切り)」には脂質が「2g~4g」も含まれています。

パンなどは製造過程 で多くのバターやクリームなど油分が多く使用されており、お米と比べると5~10倍の脂肪量となるため容易なカロリーの摂取が出来てしまいます。

どような食生活が太りやすいか等はそれぞれ議論があるかとは思いますが、脂肪分はカロリーを摂取しやすいという事実は変わりません。
脂肪分は栄養素の中では蓄積されやすく分解されにくいのですが、タンパク質など身体の構成に必要な栄養素と脂肪は切り離しにくいモノでもあります。
脂肪分もある程度は身体には必要と考えられていますし、食事の際に油分が全くない食事は味気ないかと思います。

ゼニカルはこれまで食事の際に気を使っていた油抜きダイエットが不要なダイエット薬です。

▶ゼニカルは安い通販可能なダイエット薬


ゼニカルは美容系クリニックで処方が可能ですが、これらクリニック同様に安価に通販での購入が可能です。

ダイエット医療として、一部のクリニックなどでも処方が可能なようです。
それでも痩せる医療として取り扱っている内科は多くはありません。また、処方してもらうには、対象ハードルが高いようです。
つまり、医師としては薬でのダイエットを処方される前に、もっと健康的な減量を勧められ、処方をしてもらえない場合もあるようです。

また、日本国内では保険が適用されないお薬でもあり、国外のみでの承認されている痩せ薬です。
Amazonなど通販でも入手はできませんので、クリニックの処方か取扱い実績が豊富な当店のようなサイト経由での入手が可能です。

▶キトサンとゼニカルの違い

キトサンもゼニカルもどちらも油の吸収を抑える働きがあると言われています。2つの大きな違いとしてはキトサンはサプリメントですが、ゼニカルは医薬品の違いです。
つまり、キトサンには油の吸収を阻害する効果は説明されてなく、どの程度のダイエット効果があるのかは不明です。
少なくともゼニカルのようなダイエットへの効果があるのでしたら医薬品として利用されております。
あくまでも
キトサンの成分から予想される化学的な効能としては「ほんの少量の脂肪の吸着」により体内吸収をさせずに排せつさせる効果があるようです。

サプリメントであるキトサンは食品の範疇(はんちゅう)ですし、ゼニカルのように30%の脂肪の吸収を阻害するなど明確に効果の説明がありません。
つまり、キトサンには 体重の大幅に寄与するには十分ではないとされています。

キトサンはカニ、エビなどの甲殻類から得られる成分から作られておりますが、甲殻類アレルギーの人がカニ、エビを食べるのを法律で禁止されないように、サプリメントの副作用や危険性には何も触れられていません。

これに対してゼニカルは安全性と効果が有る事を「人に対して」実際に使用した結果、「脂肪の吸収阻害」する効果がある事をデータとして証明している「医薬品」なのです。
キトサンのようなサプリメントは長期間利用し続ける事はゼニカルとは異なり安全性の保証はされていませんので、良く分からない成分のサプリメントの利用はあまり好ましくないと医師も少なくありません。

▶ゼニカルはリバウンドなく痩せれる

ゼニカルはヤバいほど痩せ薬と評判です。脂肪はある程度必要な栄養素でもあるので飲み過ぎには注意が必要です。
①運動が苦手でもゼニカルがダイエットの助けになります。
食事の中で 最もカロリーが高い部分(脂質)の30%を吸収させない。
もちろん、運動も併せて行うと効果がより一層高くなります。
②好きな食べ物を我慢せずにダイエットできる
所詮、30%の脂肪分のカットですので、たくさん食べてしまえば同じです。
ですが、 リバウンドで注意が必要なのはタンパク質不足で筋力低下による基礎代謝の低下です。
ゼニカルならば、タンパク質もしっかり取れるのでリバウンドが起きにくダイエットが出来るのです。
③誰にも知られずに最安値でダイエットできる
ゼニカルは国内では美容クリニックなどでも処方可能ですが保険は適用できません。
また、 クリニックによっても値段が異なり診察料も合わせると2,3万円/月はかかります。
ですが、ネット通販を使えば安い価格で且つ、他人に知られずに入手することが可能です。
④便秘の解消にもなる
副次的作用ではありますが便の中の油分量が多いので排便が凄くスムーズになる。

▶ゼニカルとフォシーガの併用ダイエット 

一般的な食事でのダイエットでは油の摂取を減らす、糖(炭水化物)を減らす方法になると思います。
そこで食事制限をしない楽したダイエットとしてはフォシーガとの併用も可能です。

併用禁止薬ではありませんが医薬品ですので自己責任で用法用量を良く確認してご利用ください。
このフォシーガという体内の血糖値を下げるSGLT2阻害薬があります。
こちらは
尿から糖が排泄されるよう促して血糖値を下げられる作用があり、主に糖尿病患者に利用されています。
原理として「低インシュリンダイエット」などを想像していただけると良いかと思います。

ゼニカルと併用できれば体の構成に必要なタンパク質などの栄養素は減らさず肥満の元の糖と油を減らせるので生理学的には確実にダイエットが可能です。

▶ゼニカル(XENICAL)の副作用

ゼニカルは脂肪分の吸収阻害という点で副作用も気になります。
食事の吸収をさせない効能であるので、やはり体には小さいながらも負担がありますので、飲み過ぎには注意してください。

しして、具体的な副作用としてはお腹が緩くなる場合があるようです。全く影響がない人もいるなど個人差が大きい所でもあります。

オナラをする時に漏れやすいかったりするようです。旅行、外出、運動時などでも注意は必要です。
・ゼニカルの使い方のテクニックとしては、

1.初めは毎日服用せずゼニカルとの相性を確認して回数を増やしていく。
2.油分の多い食事をする時のみに服用する。
3.生理用ナプキンを使用する。
などが有るようです。
日ごろから軟便の方は特に注意が必要かもしれません。
男性が生理用のナプキンを使用する場合は下着はブリーフにしてください。トランクスですと身体とのナプキンとの隙間があり、時間と共にズレてくるので意味がなくなるはずです。

ゼニカルを使用して初めて排泄された便がオレンジ色で驚かれるかもしれません。
*稀に重度の副作用の場合では本当に「血便」が出る場合がありますが、すぐに使用をやめて診察を受けてください。

▶ED、AGA(FAGA)もゼニカルで改善

お薬ダイエットが出来るのがゼニカル

肥満は様々な病気の原因になり、生活には困りませんがEDやAGA(FAGA)など外見や生理的な機能的面にも影響があるとされています。
健康的に減量ができれば体に様々な恩恵がありますが楽にダイエットをするのは永遠のテーマではないでしょうか。
肥満になると男性ホルモンであるテストステロンの生産が低下でEDになりやすかったり、肥満とAGA薄毛の関係性は医学的な根拠はありませんが、統計的にも肥満と悩みの関係性は否定できないようです。

テレビや広告ではサプリメントが勧められたりしていますが,それらや根拠がない事が多い事を認識してください。
ですが、ゼニカルのような医薬品は健康面で体重を減らす必要がある患者向けのお薬として開発されており根拠のあるダイエット法になります。

無理なく健康的なダイエットが出来れば男性不全のEDや男女共の悩みの薄毛がゼニカル・ダイエットを通じて解決できるかもしれません。

▶ゼニカルの油漏れ

ゼニカルはお手軽ダイエットとして普及していますが、唯一の難点として下痢による油漏れに注意が必要です。
食事から吸収されなかった脂肪分は液体として便に吸収されて排せつされますが、量が多いと油が液体として排泄されます。
ゼニカルの主成分のオルリスタットは、殆どが脂肪分と一緒に便として排出されるので副作用の心配はしなくても大丈夫です。
ですが、油(脂肪分)を排泄するため便への油の含有量が多くなり、下痢にもなりやすい、といった事があるかもしれません。

ですので、個人差がありますが、日ごろからお腹が緩い方は注意が必要で、特に初めて利用される方は女性用のナプキンなどを使用するとよいでしょう。
ティッシュをお尻に詰めたり、外出を控えたり、外出をするなら常にトイレの場所を確認する気遣いが必要になります。

男性は下着はトランクスではナプキンの装着が難しいので、ブリーフ系の密着する下着がよいでしょう。
もし、油漏れをすると油はオレンジ色ですのでズボンに滲み出てごまかしができないですし、選択しても関単には汚れを落とせないので、お腹に自信があっても油も対策を確実に行って様子を見てください。

参考:
栄養素-wikipedia

脂質-wikipedia

糖質-wikipedia

タンパク質-wikipedia

口コミを書く

注意: ご購入済の会員様が書き込み可能です。
*イタズラ防止のために書き込みにはログインが必要です。
    悪い           良い

タグ: ダイエット, リパーゼ, オーリスタット, 減量, 油抜き, 油抜きダイエット, 肥満, デブ, メディカルダイエット, メディカル, ダイエット薬, オルリスタット