• ユークロマ(ユウクロマ) 1本20g|皮膚シミ、そばかす等の色素沈着を強力漂白

ユークロマ(ユウクロマ) 1本20g|皮膚シミ、そばかす等の色素沈着を強力漂白

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 本 4,805 円 4,805 円
商品 x 3 本 6,916 円 2,305 円
商品 x 5 本 8,880 円 1,776 円
商品 x 10 本 14,392 円 1,439 円
- OR -

▶ユークロマ(ユウクロマ)とは

ユークロマの主成分ハイドロキノンにより肌を白く漂白する効果があるとして米国から人気に火がついた美白クリームです。
ハイドロキノンはイチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質で、皮膚を紫外線などからの負担を軽減する働きを持っています。

ハイドロキノンは現在では多くの美容クリームにも使われており、美白効果にある成分のみをクリームとして販売しているのがこの製品となります。

商 品 説 明

■商品名

ユークロマ クリーム(Eukroma-cream-4%)ハイドロキノン・クリーム1本20g

■一般名(有効成分名)

ハイドロキノン(ヒドロキノン)

■効果

有効成分であるハイドロキノンが、メラニン色素を作り出すチロシナーゼを阻害し、メラニン色素の生成を予防します。

■用法・用量

夜、スキンケアの一番最後にシミの気になる部分にだけ、綿棒などではみ出ないように塗布します。

■注意事項

強い紫外線を浴びることでシミが逆に濃くなることがあります。外出の際はSPF20以上の日焼け止めを使用してください。

人によってはかぶれる場合があります。肌に赤みや刺激を感じた場合は使用を中止し、医師に相談してください。

妊娠中・授乳中の方は使用を控えてください。

■副作用

皮膚への使用として

皮膚炎・アレルギー反応・掻痒感・発赤・

長期適用で組織褐色症・白斑

上記症状がみられた場合、使用を中止し、医師に相談してください。

■主成分

ハイドロキノン(ヒドロキノン)

■商品名(日本市場)

医薬品としての取り扱いはありません。

■メーカー

YASH PHARMA LABORATORIES PVT. LTD

■参考サイト

商品説明は以下のサイトの情報も参考にしています。

ハイドロキノン - Wikipedia

異なる成分量製品
ユークロマプラス

▶ユークロマ(ユウクロマ)のハイドロキノンの美白効果は?

シミはお肌の深い部分でメラニン色素(お肌を黒くする)が沈着して作られます。
人のお肌の色は、肌に含まれるメラニンの量によって決定されます。これは遺伝的要素と後天的な要素があります。

ユークロマは、このメラニン色素を作り出す原因である「チロシナーゼ」の活動を抑制しメラニン色素を減少させるお肌を白くする効果があります。
以下のように、シミへ塗布することで徐々に薄くなります。

ユークロマはチロシナーゼを抑制しメラニンを生成しにくくする

日本で入手可能なハイドロキノン製品は2%の配合量が多いのですが、ユークロマは2倍の4%で配合されており、美白効果が強く、高くなっています。

若い人ですと皮膚の入れ替え(ターンオーバー)が活発なためメラニン色素が出来ても気になりませんが、ご年齢と共にターンオーバーが遅くなるとメラニン色素がお肌に残るようになります。

また女性ホルモンバランスの乱れや、何らかの外部的影響による皮膚炎症などでも色素沈着してしまう場合もあります。

▶ハイドロキノン濃くなる期間

ユークロマを使用しているとハイドロキノンの効果でシミが余計に濃く期間があります。
これは2つの理由が考えられます。
・1つは対象の漂白したいシミ周辺が先に色が抜けてくる。
 これは、ユークロマを使用する事でお肌のクスミが取れていく過程で、先にシミ周辺のみが先に色が抜けいきます。お肌深くにあるシミは時間がかかるため余計にシミの部分が目立ち濃くなったように見える場合があります。

ユークロマやビタミンC誘導体ローションとの併用が大変有効ですので補助的にお肌の再生力を高める工夫も必要でしょう。

また、効果を強くした「ユークロマプラス」があります。こちらは、ピーリング効果が高いのですが、お肌への影響が多少強いため取り扱いを慎重にする必要があります。

・1つは日焼け対策をせずに外出をする。
 これは、ユークロを使用中はお肌が紫外線の影響受けやすくなっていますので、ユークロマを塗布したままでの外出は持っての他で、必ず日焼け止めクリームを塗って外出が必要です。

日中の外出時には帽子の着用、日傘の使用、長そでの着用で紫外線から身を守る事が必要で、紫外線量の多い10時~14時までの外出を控えたり、UVカットジェルなどを2~3時間おきに塗布することも効果があります。また、ビタミンCサプリを積極的に接種する事で抗酸化作用が高まりシミの予防にもつながることが分かっています。

このように濃くなる期間を出来る限り短くするためには、ホームケアが必須です。

ハイドロキノンのような美容系製品は沢山ありますが、実際に効果があると医学的に証明されているのは「ハイドロキノン成分」です。

ユークロマを積極的に使用して、補助的に他の安価のクリームでケアしてください。
例えば、美容パックも高価なモノよりも、安価なモノを多く利用した方が良いとも言います。
同様に美白クリームも安価なユークロマでケアして、日常は紫外線からお肌を守る方にコストを割くべきです。

▶ユークロマの使用方法

1.使用回数は平均として2回/日を目安としてください。

2.洗顔時は石鹸を良く泡立てて肌に刺激を与えないように優しく「撫でるように」洗います。

  石鹸を洗い流す時に強くこすらないようにぬるま湯でバシャバシャとかけるように洗い流します。

3.再度、ユークロマを使用する場は、洗顔後20分程度後にお肌が乾いた後にご使用ください。

4.塗布箇所は気になる箇所だけにし、顔全体には使用しないでください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▶通販eukuroma

通販eukuromaは口コミも人気の正規のジェネリックです。
当店では偽物など非正規の商品の取扱いはありませんが、正しい使い方でお肌の経過を良く見ながら継続使用をして下さい。


参考資料:

ターンオーバー(生物)-wikipedia

ケミカルピーリング-wikipedia

メラニン-wikipedia

チロシナーゼ-wikipedia

雀卵斑-wikipedia



口コミを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: 美容