• コンコール (Concor) 5mg 1箱10錠 メルク社│血圧を下げる薬です。

コンコール (Concor) 5mg 1箱10錠 メルク社│血圧を下げる薬です。

  • Merck
  • MI00186
  • 在庫あり

「在庫:」をご確認下さい。配送日程の目安となります。

数量 価格 単価
商品 x 1 3,950 円 3,950 円
商品 x 3 5,920 円 1,973 円
商品 x 5 8,210 円 1,642 円
商品 x 10 10,000 円 1,000 円
- OR -

商 品 説 明

■商品名

コンコール 5mg 1箱 10錠

■一般名(有効成分名)

ビソプロロールフマル酸塩 (Bisoprolol Fumarate)

■効果

  • 本態性高血圧症(軽症?中等症)
  • 狭心症
  • 心室性期外収縮
  • 虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
  • 頻脈性心房細動

■用法・用量

本態性高血圧症(軽症?中等症)、狭心症、心室性期外収縮
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、5mgを1日1回服用してください。
なお、年齢、症状により適宜増減します。

■注意事項

高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある方、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方、心原性ショックのある方、肺高血圧による右心不全のある方、強心薬又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全の方、非代償性の心不全の方、重度の末梢循環障害のある方、未治療の褐色細胞腫の方、妊婦又は妊娠している可能性のある方、本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方は服用することができません。これらに当てはまる方は服用しないで下さい。

■副作用

徐脈、心胸比増大、房室ブロック、低血圧、動悸、心房細動、心室性期外収縮、胸痛 、頭痛、頭重感、めまい、ふらつき、立ちくらみ、眠気、不眠、悪夢 、悪心、嘔吐、胃部不快感、腹部不快感、食欲不振、下痢 、AST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビン、LDH、Al-P、γ-GTPの上昇、肝腫大 、尿酸、クレアチニン、BUNの上昇、尿糖、頻尿 、呼吸困難、気管支痙攣 、発疹、皮膚そう痒感 、霧視、涙液分泌減少 、倦怠感、浮腫、脱力感、気分不快感、疲労感、四肢冷感、悪寒、しびれ感、血清脂質の上昇、CK(CPK)の上昇、糖尿病増悪 の副作用が現われることがあります。これらの副作用が現われた場合には服用を中止して適切な処置をして下さい。

■商品名(日本市場)

メインテート5mg(田辺三菱製薬)

■メーカー

Merck Limited


─高血圧が現代病

厚生労働省の発表によると高血圧の総患者数は1000万人を超えています。これは、治療を行っている高血圧の総患者数なので、健康診断をしておらず自分が高血圧であると自覚のない方もいれると相当な人数となります。国民の10人に1人は高血圧という状況です。高血圧の初期では自覚症状がないので、自分でも気付かぬうちに病気が進んでいきます。高血圧はさまざまな病気につながっていくので日頃からの血圧を把握しておくことは重要なものとなります。

─高血圧にならないためには

食べ過ぎ、高塩分、運動不足から高血圧

高血圧は運動不足や偏った食事など生活習慣が原因です。高血圧を改善するためには、まずは生活習慣の見直しが最優先となります。しかし、生活習慣の見直しだけで高血圧が改善されて血圧を下げることができる方はほんの一握りです。これまでの生活をがらっと変えるのは非常に難しく、ほとんどの方は薬を服用することになります。しばらくは運動をしたり、塩分を控えたりと気を使っていてもしばらくすると元の生活へと戻ってしまい血圧も上がってしまうのです。医師から生活指導を行われただけで、規則正しく健康的な生活を送れる方は、そもそも高血圧にならないでしょう。それほど習慣というものは怖いものなのです。高血圧の原因は生活習慣だけではなく、遺伝も関係しています。そのため、生活習慣の見直しを行っても血圧が下がらない場合も多いので、その時には高血圧の薬物治療が行われます。

─ビソプロロールで血圧コントロール

高血圧を改善するためには、正常な値まで血圧を下げなければいけません。そのためにはさまざまな薬剤が使用されます。日本では高血圧の患者が多いため、高血圧の薬剤もたくさんの種類が開発されています。アムロジピンやオルメサルタン、トリクロルメチアジド、カプトプリルなどタイプの異なる薬剤が豊富に存在しています。高血圧の治療で用いられる代表的な薬剤にビソプロロールがあります。ビソプロロールを服用することで血圧が下がるので、下がりすぎないように調節しながら高血圧を改善していくと良いでしょう。血圧を安定させるためには実年齢よりも血管年齢を意識することが重要です。高血圧の方は実年齢よりも血管年齢が高いことが多いです。血管年齢を若く保つことが高血圧を改善するためのポイントとなります。

─ビソプロロールで高血圧を改善した

高血圧が心臓の負荷を上げる

私は、若い頃から血圧が高めだったのですが健康診断では問題がなかったので特に気にせず生活を送っていました。痛みやしびれなど生活に支障が出るような症状があれば少しは気にしていたのでしょうが、何も症状はなく生活に支障は出ていなかったので現実に目を背けていました。しかし、何も考えずに高血圧を放置し続けていたことがたたり、30代中盤頃から健康診断で高血圧を指摘されるようになり薬を飲まなければいけない状態になりました。医師からは「運動しなさい、塩分を控えなさい」などと食生活や生活に運動を取り入れるように指導されたのですが、これまでのだらけきった生活を変えるのはそう簡単ではありませんでした。そして、ついにその頃からビソプロロールを服用するようになったのです。薬を服用する前には時々めまいを感じていたのですが、高血圧が改善されたせいか最近は感じなくなりました。高血圧の症状には鼻血やむくみ、動悸、耳鳴りがあるそうです。めまいは感じていましたが、これらの症状は感じていませんでした。ビソプロロールのおかげでこれらの症状が現われる前に高血圧を改善できたことは非常に良かったと思います。

─ビソプロロールを服用するメリット

高血圧は自分でも気付かぬうちにさまざまな病気へとつながっていきます。高血圧を原因に動脈硬化となり、心筋梗塞や脳梗塞など死と直結する疾患へとつながってしまう非常に怖い病気が高血圧なのです。高血圧の状態で時間を過ごしてしまうとこのような死に直結する疾患につながる可能性が高くなります。そのため、心筋梗塞や脳梗塞などになってしまう前に血圧を正常な値に維持することが重要なのです。ビソプロロールは血圧を下げる効果があるため、ビソプロロールを服用することで死に直結する疾患を防ぐというメリットがあります。

─日ごろから血圧を気にしよう

日ごろからの血圧検査

血圧を適正値に維持するためには毎日の血圧測定が重要です。毎日、血圧測定して自分の血圧の状態を把握しておきましょう。また、毎日同じ時間に測定することがポイントです。人間にはサーカディアンリズムというものがあり、1日の中でも血圧は変動しています。休息している状態で血圧は低くなり、緊張している状態では高くなります。そのため、運動した直後や仕事で脳をフル回転させた後では高くなってしまっていることでしょう。毎日の測定は起床後トイレにいってからなど決めて測定していきましょう。測定回数も一度では正確な値が出ません。落ち着いた状態で3回測定していきましょう。その中から、高い値と低い値を除いて中間の値が正確な値と言われています。その中で血圧が高い日が続いた場合には、日頃の生活習慣を思い出してみましょう。すると、生活習慣の乱れが血圧の乱れを引き起こしていることに気付けるはずです。それに気付いたら生活習慣を見直して血圧を維持しましょう。それでも血圧が下がらない時は多々あります。そんな時にはビソプロロールを服用すると良いでしょう。ビソプロロールで血圧を下げて重大な疾患にならないようにしていきましょう。

三越屋(https://mitsukoshiya.com/)では正規の販路から商品をお届け致します。

 

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

タグ: コンコール, フマル酸ビソプロロール, 血圧降下, β遮断剤, メインテート, 心臓, 血圧, メルク, ビソプロロールフマル, Merck, 本態性高血圧症, 狭心症, 心室性期外収縮, , 心不全, 頻脈性心房細動