ジェネリック医薬品

words

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に製造販売されるお薬です。この考え方は世界共通で新薬と同じ有効成分で作られるのが基本です。つまり、単にパッケージが異なる(メーカー名)が異なるだけなどがあります。
製薬特許は約20年間保護されており、つまり20年以上の安全性が確認された薬という見方もできます。
その同じ成分を研究開発費用を殆どかけずないために安価で販売が出来ます。

また、メーカーによっては基本成分に成分を追加するなどで効力や利便性(不要のしやすさ、携帯のしやすさ)が追加されたりと改善された製品もあります。

特に市販薬はジェネリック成分に成分を追加し独自配合の製品を市場に送り出したりもしてますが、基本の主成分は同じジェネリック成分を使用しております。

海外ジェネリックと国内ジェネリックの違い

海外も国内ジェネリックも違いはありません。ジェネリックは先発薬の製薬特許の保護期間が終了した薬です。例えばED治療薬で知られています「バイアグラ」は主成分「シルデナフィル」となっており、既に多くのジェネリックが発売されています。

各メーカーの製品は異なるパッケージの名称ですが、成分はまったく同じものを使用しております。
もしかしたら、成分の輸入先が同じ場合もあります。
外見は同じものですが中身や効果・効能は同じであるものがジェネリックとお考え下さい。

海外ジェネリックは効果・副作用が強い

海外ジェネリックは効果が強すぎるとか、副作用が強い等と言われる事もあります。これはよく言われる問題であり、注意をしたい点でもありますが1錠あたりの成分量の違いがあります。
日本国内のバイアグラの成分量は1錠50㎎が最大サイズとなっています。ですが、海外では100㎎/錠が一般的です。海外と国内の安全などの基準が異なる点も海外と国内ジェネリックの違いにもつながるでしょう。

これは、いつものように2錠飲んでも海外ジェネリックでは1錠が2錠分の成分量であったりして、いつも通りに服用すると4錠分の薬を飲んでいる事になりかねません。

ですので、海外、国内ジェネリックには違いはありませんが、薬の用法用量をしっかりと確認してください。今はネットで成分名を入れて検索をすれば、余程、特殊なお薬でなければ用法、用量が示されているはずです。

words
健康クラブ-KENKOclub

コメント

タイトルとURLをコピーしました