生理の回数を減らしたいピルで生理通やPMS軽減

PMS

PMSの治療には漢方薬や生活習慣の改善などでゆっくり改善する手段もありますが、やはり即効性のある低用量ピルがおススメです。低用量ピルの服用でホルモンバランスが整えらるので様々な女性の問題が改善されます。低用量ピルは避妊薬として知らており性に関するお薬として「後ろめたいイメージ」をお持ちかもしれません。
ピルの成分は女性の卵巣でつくられるホルモン卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つが主成分で、女性が持っているホルモンを調整ができる成分ですので安心してご利用が出来ます。

低用量ピルは避妊やニキビ予防だけじゃない

低用量ピルは避妊やニキビ予防だけじゃない
medicine_jozai_set

ピルは生理により乱れたホルモンバランスを調整する働きがあります。
ホルモンの乱れは女性の心身共に苦痛を促す場合があります。

日ごろから生理前3~10日から始まり月経の開始から落ち着く場合はPMSの症状の可能性があります。
*PMSは、PreMenstrual Syndromeの略で、その日本語が「月経前症候群」。月経前=月経前の3~10日の間に続く精神的、身体的な症状で、月経が始まると症状がおさまるのが一般的です。

低用量ピルは避妊用のお薬ではありますが、服用する事で正しい周期で生理が訪れるようになったり、生理前の女性ホルモンお急激な変化が起きにくくなります。
ホルモン異常が起きにくくなり、PMSの心身(生理痛)の異常やお肌のトラブルなどから女性には嬉しいお薬です。

ピルにより生理の周期の調整や女性ホルモンの補正がされるようです。

生理痛やPMSは我慢したくない

女性の性に関わる体の不調は女性だからと言って諦めていませんか。
生理痛や生理前のホルモン異常での頭痛なども市販の痛み止めで回避しているなど、市販薬で安全かと思っているかもしれませんが、市販薬の鎮痛剤も飲みすぎると身体に異常が出てくるかもしれません。

鎮痛剤は痛みを紛らわさしているだけですので日常のパフォーマンス低下が起きてないでしょうか。

低用量ピルでの身体への作用、仕組み

低用量ピルでの身体への作用、仕組み

排卵・生理の一連の流れは卵胞ホルモンと黄体ホルモンのアップダウンによって引き起こされます。低用量ピルにはこの2種類のホルモンが含まれていて、毎日飲むことで体内のホルモンバランスが一定に保たれるので、排卵を抑制することができます。また、子宮内膜が厚くなるのを防ぐ効果もあるので、生理痛の緩和や、経血量の減少も期待できます。

副作用のような不具合が起きる可能性もありますがお薬との相性など程度でもあり、継続する事で身体が慣れてくるのが殆どなようです。ですが、特に注意をしておきたいのは血栓症の報告ではないでしょうか。

月経不順によって辛い生理痛やPMSにおいて社会生活に支障が出ている人は是非試してみてください。

女性らしさには女性ホルモンは重要ではありますが、急激なホルモンの変化は心身共に大きな影響をもたらします!!

低用量ピルの4つのメリット

低用量ピルの4つのメリット

メリット1:自由自在に生理予定日のコントロールが可能

低用量ピルは服用によって生理が規則正しく来るだけでなく予定日をずらしたり、一時的に生理を止めることも可能です。完全に月経を止めることはできませんが、数日間の調整ならば可能です。

試験や旅行など、彼氏とのデートなども調整が可能です。

メリット2:婦人科系疾患の予防になる

月経の回数が多くなれば、それだけ子宮に負担を与えるものです。
現代の女性は妊娠する機会が減っております。出産回数が減り、排卵数が増えたことによる影響で、女性が婦人科系の疾患を発症する確率は高くなっている。
本来、妊娠中は生理が来ない(10月10日)ので、妊娠回数が多い女性はそれだけ障害の生理の回数が少なくなっております。現代の女性は排卵数が増えたことによる影響により、女性が婦人科系の疾患を発症する確率は高くなっているようです。排卵を抑制する事で女性特有の病気の予防にもなるのは嬉しいですね。

低用量ピルを飲むと「生理が止まる=ホルモンが止まる=女性らしさが止まる」のような心配は不要です。

生理の痛みや出血量が軽減される

低用量ピルで人によっては劇的に月経痛や月経量を軽減する効果があります。
ですが、残念ですが効果が出ない、又は慣れるまで時間がかかる人もいます。日本ではピルというとあまり良いイメージを持たれない事もあり普及、認知度はまだ高くは無いようです。

生理中の痛みの原因は生理の最中に増殖する子宮内膜には、子宮の収縮を促す「プロスタグランジン」という物質が含まれています。
この「プロスタグランジン」が過剰分泌されると子宮がより強く収縮します。これが痛みを引き起こしてしまう。

ですが、ピルを内服することにより、子宮内膜の増殖が抑えられます。
すると、「プロスタグランジン」の量が減り、月経の痛みは改善され、月経量も少なくなります。

月経前症候群(PMS)がある人は本当に辛いを軽減

月経前症候群(PMS)とは生理前の「イライラや頭痛、腹痛、腰痛。眠気、倦怠感」といった精神的・身体的症状です。女性の半数以上の人が生理のたびに経験しているとの指摘もあり、また時期よっても症状が悪化してりもあるようです。このような症状はピルを使えば女性ホルモンのバランスが整えられ、PMSを改善できます。

メリット3:高齢出産でも妊娠がしやすい

日本経済の問題は単に女性の社会進出の機会が増えたのか女性の高齢出産も少なくない。
高齢出社では不妊のリスクなどが考慮されるが、実はピルを早くから利用していれば、30代後半でも安全な妊娠がしやすくなります。これは低用量ピルにより卵巣を休ませホルモンバランスが整えられることが、妊娠しやすい体づくりにつながると考えらえています。

「ピルを飲むと妊娠しにくくなる」というイメージを持っている人もいるようですが、実は低用量ピルが卵巣を守ってくれる働きもあります。

ポイント!
ピルを長期間飲んでも服用を止めれば1~3か月で妊娠が可能となります。

メリット4:美容効果でニキビ激減

肌荒れやニキビがホルモンの異常が原因の場合は低用量ピルにより原因が削減され美容効果が得られる場合もあります。

あごや口の周りのニキビなどは、男性ホルモンが過剰になり、ホルモンバランスが崩れてできやすくなることがあります。低用量ピル(OC)には、ニキビの原因となる黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあるため、ニキビや肌荒れの改善など、美容効果が期待できます。 

低用量ピルの血栓症を予防する方法

副作用される年齢では死につながるようなリスクとなる事は殆どないでしょう。
ですが、低用量ピルの副作用でもっとも気に掛けたいのは血栓症ではないでしょうか。
血栓症とは、血液中でできた血栓(血の塊)が血管を閉塞(詰まる)することで、障害を引き起こす病気のことです。血液が流れなくなると、その先の細胞に栄養が届かなくなるため、細胞が壊死して機能障害が起こります。低用量ピルの利用で血栓症の発生は統計的には高まることはあります。

血栓症は、低用量ピルを服用していない人でも発生している疾病ですが、重篤な血栓症を発症する確率は限りなく低いと言えます。

低用量ピルは血液を固める作用がある
低用量ピルは“卵胞ホルモン(エストロゲン)”と“黄体ホルモン(プロゲステロン)”が主成分の薬です。 このエストロゲンには、血液を固まりやすくしてしまう“凝固作用”があるとされているので、血栓ができやすくなると考えられています。


ですので、血栓症について理解を深め、発生する確率を下げる活動をしておく事も大切です。

以下のような人は血栓症リスクが高い傾向にあるため注意が必要です。

低用量ピルの血栓症を予防する方法
  • 35歳以上の人
  • タバコを1日に15本以上吸う人
  • 肥満体質の人
  • 高血圧の人
  • 前兆を伴う偏頭痛の診断をされている人
  • 肝機能障害を起こしている人(過去に起こしたことのある人)
  • 心疾患を持つ人
  • 腎疾患を持つ人

こまめな水分補給で血流をうながす血栓症予防

水分不足は血液中の水分量も少なくなり血液濃度が高くなることで血栓ができやすくなります。
水分をしっかり摂取することで血液の流れがよくなるため、低用量ピル服用による血栓症の予防につながります。低用量ピルを服用しているときには、更に意識して水分補給を試みてください。
朝目覚めたときや入浴後、スポーツで汗をかいたあとなど、1日1Lほどの水分を積極的に摂取するようにしましょう。一方でお酒やコーヒーなどは利尿作用が強く、血液中の水分が減ってしまうため、低用量ピルを服用しているときには、更に水分補給には注意をしてください。

水分不足で血液濃度が高くなり血が固まりやすくなるようです。

適度な運動で血流促進と太い血管で血栓症予防

低用量ピルを服用中は、血栓症が発生しやすい全体で血流がとどまらないようにしたいです。
例えば、長時間同じ姿勢でいることは避けるようにし、軽い運動やストレッチなどを取り入れましょう。また以下のような適度な運動を取り入れることも、エコノミークラス症候群(肺塞栓症)などの血栓症の予防につながります。

  • 車通勤から徒歩・自転車通勤に変える
  • 駅やオフィスでは階段を使う
  • ひと駅手前で降りて歩く
  • 軽い体操やストレッチ
  • かかとの上げ下ろし運動

運動習慣を継続するためにも、無理のない範囲で運動することを心がけてください。

デスクワークや長時間の飛行機や電車移動など、同じ時間にならないように座りながらも体を動かす工夫もしてみてください。

喫煙で血管収縮が血栓症のリスクを高める

喫煙により血管が収縮してしまいます。35歳以上で1日15本以上タバコを吸う方は、血栓症のリスクが高くなるといわれております。ですので、喫煙者の低用量ピルは推奨されていません。
禁煙するか運動をするなどで血栓症のリスクをできる限り下げたいです。

また低用量ピルとタバコの組み合わせは、血栓症や心筋梗塞など、さまざまな病気を発症するリスクを高めるため、低用量ピル服用中はなるべく喫煙回数を減らすようにしましょう。

肥満や高血圧などの持病はそもそも血栓症リスクが高い

低用量ピルに限らず高齢で肥満、高血圧などであれば血栓症のリスクは元々高いモノです。
加齢による増加リスクでは、卵巣機能のバランスが崩れることや余剰なホルモンの摂取により、血管障害を引き起こしてしまうことなどが挙げられます。
目安としては40歳を超えた人がピルの服用は更にリスクが高まります。

低用量ピルで卵巣が保護される反面、血栓症のリスクが増加するなども考えられます。

女性に役立つ薬品
女性ホルモンは医学で調整 女性ホルモンは女性の美の味方女性ホルモンは女性の美の味方 女性ホルモンの効果
・更年期障害、月経不順など様々な体の不調を改善
・女性らしいボディや美肌に貢献
・妊娠、避妊に役立つ
女性ホルモンの主成分
シルデナフィル
・卵胞ホルモン(エストロゲン)
・黄体ホルモン(プロゲステロン)
PMS
健康クラブ-KENKOclub

コメント

タイトルとURLをコピーしました