試験や大事な面接で生理や月経がかぶったら?

PMS

受験シーズンだけでなく彼氏とのデートや重要な場面において生理が重い女子には、なんで今日なの?という事がないでしょうか。
生理痛や毎月の体調の悪さは個人差があるので女性間でも理解されない事もあるようです。

女性は不利(痛みは)に耐えなければならないの?

男女共に平等に開始する受験や試験一つにしても、当日に生理がきてしまえばとても最悪ですね。
生理痛は症状が軽い人もいれば、かなり重い人まで一人ひとり個人差がありますよね。

生理痛がひどい人は、受験中に痛みと一緒に受験に臨まなくてはなりません。
激しい痛みで集中できず、「実力的には受かるはずだった学校の受験にも失敗してしまった」という人も少なくなく、原因が自分の能力ではないとすればやり切れない気分でしょう。

しかし、痛みは鎮痛剤などで対象は散らせる事もあり、痛みを多少抑えられても体調不良や漏れなど気が散って仕方なったりしないでしょうか。生理痛が重い人は無理せず生理痛を緩和する薬を処方してもらうのが良いでしょう。
市販薬も「ロキソニン」「バファリンルナ」などがありますが、病院処方の方が効果が強いのは良いのですが、鎮痛剤は眠気が起きやすかったり精神的な支障がでたりすれば勉学にも影響がでてしまいます。

どのような生理対策があるかな?

どのような生理対策があるかな?

実際、試験など重要な時と生理日が重なると辛くストレスを感じながら対応が必要となります。
試験や面接会場など人が集まる場所では人の数に対してトイレ数が少なく混雑したりします。
また、生理時はトイレに行く頻度も高く、またタイミングも気軽に選べなかったりしますね。
それに、長時間座りっぱなしだったりすると漏れたりしてないか、臭いなども気になってしまたりと、イライラと気が散ってしまったりしてるかもしれません。
夜用の大きなナプキンを使用したり、漏れても汚れが目立たない様に暗い濃い色合いのボトムズを着用したりと工夫はしているかと思います。

生理の痛みだけでなく生理という制約の中での活動でストレスや疲れがたまったり、また、ニキビも出来やすくなったり、泣きたくなるほど大変な状況でしょう。
このような強いストレス下では更に痛みを感じやすい心身状態となるかもしれません。

制約のある条件下で生理での問題は最近では鎮痛剤などだけでなはピルで女性ホルモンの調整で根本から生理の問題の改善する方法が知られるようになってきています。
日本では鎮痛剤の処方が一般的だったかもしれませんが、美容系クリニックや海外ではピルの利用が一般的となっています。
以前は、ピルに関してはネガティブな情報が出回っておりましたが、近年ではネットによ正しい公平な情報を入手できるようになったこともあります。
欧米ではピルは安全性にも問題なく総合的に女性にメリットが多いとし推奨されており、薬局などでも手軽に入手ができております。
日本では日本では根深い理由で非推奨な感があります。
緊急避妊薬一つにしても、女性の身を守るために迅速に入手ができるべきなモノも病院経由でなければ入手が出来ないなど、一言では説明できない問題が潜んでおります。

通販ピルでもできる生理の悩みを解決

通販ピルでもできる生理の悩みを解決

「ピル」とは避妊用ピルを言います。例えば、ノベロンという製品は低用量ピルという避妊薬ですが、エストロゲン化合物(通常は、エチニルエストラジオール)に加え、デソゲストレルのようなプロゲスチンを含む生理にかかわる2種類の女性ホルモンが入っている排卵をおさえる働きがあります。

何か難しいかもしれませんが、ピルに含まれてる成分は女性ホルモンの1種であり、内服により補充する事が出来るのです。
これにより、体が妊娠したような感じになり生理を止め、正しい周期で生理が来るようになることで痛みを止める効果があるとして病院(婦人科)でも積極に利用されています。

ノベロンで痛みが和らぐ理由

ノベロンなどの低用量ピルには女性の痛みの元になる「プロスタグランジン」を抑制する働きがあります。この「プロスタグランジン」は生理開始の前から生理前半にかけて出現し、子宮の収縮を促し剥がれ落ちた子宮内膜を体外に押し出す役目をします。

このとき、子宮の収縮が強くなると、生理痛の症状として、下腹部が痛くなったり、生理腰がだるくなったりします。また、子宮が未熟な未成年では子宮が狭いために痛みが強くなる場合があります。

イライラ、便秘、頭痛、苦痛もピルが劇的

最近ではよくPMSという言葉も生理痛と関連ワードとしてネットで情報が得られているのではないでしょうか。このPMSは月経前症候群のことで、月経が始まる10〜2日前くらいから始まり、月経の開始とほぼ同時に終わります。

症状の例としては、乳房の張りや痛み、のぼせ、頭痛、からだのむくみ、便秘、イライラ、眠気、不眠、気分の落ち込みなどで、このとき同時におなかの張りや下腹部痛を感じる人も多くいます。

生理痛は問題なくても、生理前に来るPMSで激しい痛みを感じる女性もいるようです。そして、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気がもとになって起こる生理痛もあります。生理痛以外でも、クラミジアや大腸菌の感染により子宮内に炎症が起こっておなかが痛くなることもあります。

PMSの不快症状は、排卵から月経にかけて卵巣から分泌が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きでおきることから、プロゲステロンの分泌を抑制することは効果的な治療となる。

卵巣にホルモン分泌の指令を送っているのは、脳の視床下部から指令を受けた下垂体という場所である。低用量ピルは微量のホルモン剤を服用することによって、下垂体に“卵巣から十分なホルモンが分泌されている”と錯覚をおこさせ、結果的に排卵を抑制して、卵巣からプロゲステロンが分泌されるのを抑えるのである。

低用量ピルを服用すると、体温が上昇することもなくなり、眠気、だるさ、集中力の欠如などが抑えられる。プロゲステロンの水分貯留作用もおさまるため、むくみ、頭痛、体重増加なども避けられる。ホルモンバランスが整うことで、精神的にも安定し、月経前にイライラして攻撃的になったり、落ち込んでうつ状態になることも落ち着く。

ピルで生理日をズラせる

生理が重要な日と重なりそうな場合は生理が来るタイミングをずらす方法があります。
ピルの使い方としては以下のように低用量か中用量ピルを使い分けて行います。

・生理を早めるには低用量ピルあるいは中用量ピルを使います。
・生理を遅らせるためには中用量ピルを使うことが多いです。

しかしながら中用量ピルは女性ホルモンの含有量が多いため、低用量ピルと比べると効果が強い反面、副作用も強いとされています。
ですので、計画的に生理周期を移動させたいのでしたら低用量ピルを利用するのをおススメします。
中用量ピルの場合はクリニックで医師に相談した方がいいかもしれません。

ピルで生理日をズラせる

生理を早めたい場合には、ずらしたい生理の一つ前の生理が始まってから5日目までに低用量ピルの服用を開始します。14日以上低用量ピルを服用したあとに低用量ピルの服用を終えると、2,3日後に生理が訪れることになり生理を早めることができます。

生理の回数が増えている現代女性

私たちの祖母の年代と比べても明らかに女性の生涯の生理が訪れる回数が増えているとのことです。
これは2点理由があります。1つは栄養状態の改善で、戦後の記録では初潮年齢は15歳位でしたが現在では平均初潮が早く12歳位となっています。早いと10歳位から始める子もいるようですが、昔に比べると3~4年は早くなっているとのことです。
また、生理が終了する閉経の平均年齢も50.5歳との平均ですが、個人差が大きいようで40代や50代後半の人もいるようです。

そして、もう一つは今の先進国の課題の一つでもある障害妊娠率が大きく低下している事でしょう。
妊娠するば、その間は生理が止まっていますが1生涯の生理の回数に影響します。

女性に役立つ薬品
女性ホルモンは医学で調整
女性ホルモンは女性の美の味方
女性ホルモンは女性の美の味方
女性ホルモンの効果
・更年期障害、月経不順など様々な体の不調を改善
・女性らしいボディや美肌に貢献
・女性薄毛にも効果
・妊娠、避妊に役立つ
女性に役立つ女性ホルモン成分
・卵胞ホルモン(エストロゲン)

・黄体ホルモン(プロゲステロン)
このうち「エストロゲン」は美容クリニックの薄毛治療にも使われる女性ホルモンの補充剤です。
PMS
健康クラブ-KENKOclub

コメント

タイトルとURLをコピーしました