江頭2時50分も飲んだ、バイアグラを飲むとどうなる?

ED(勃起不全)

Youtuberでも有名な江頭2時50分ですが、彼は無謀なパフォーマンスで有名な彼もバイアグラの犠牲者に?
彼のような特殊な人は、好き嫌いが別れる芸能人では有りますが、その彼がバイアグラを飲んで見て死にかけたって知ってますか?
当時(1997年)、まだ国内ではバイアグラは処方もされてなかったはずですが何らかの形で入手されたようです。*1998年3月に米国で販売認可を受けたことからも、入手方法は正規のルートではないかと思われる。

バイアグラのイッキ飲みで死にかけた江頭2:50

事件の経緯は彼が大好きな女性がいるキャバクラで女性ホステスを前にバイアグラを5錠(250mg(50mg x 5錠)を、お酒(ブランデー)で飲み干してしまったそうです。
「俺は不死身だ~!」と叫びながらでしょうから、かなりテンションが高かったのでしょう。

当然のことながら、まもなくして倒れ、救急車で病院に運ばれたそうです。
もともと、江頭2:50分のキャラクターとしては、無茶な行為をするのが知られていますが、女性ホステスとの会話の中で、つい調子に乗ってしまったのでしょう。

今のようにネットでのバイアグラの情報も知られてなく、かなりグレーゾーンで、このような事故は江頭2:50だけでなく少なくはなかったのではないでしょうか。

バイアグラ製品はこんな「オーストラリア版の安価なバイアグラ」です。

バイアグラで倒れた診断結果は急性アルコール中毒

バイアグラはお酒と一緒でも適量ならば問題がないと言われていますが、飲み過ぎると効果が出なかったり悪酔いするなどがあります。

一番の危険だったのが250mgの成分を一気に飲んだことにより過剰摂取で、これにより血行が急激によくなり血液中のアルコール濃度が一気に高くなり急性アルコール中毒になったようです。
*日本国内でのバイアグラは1錠50㎎の仕様。

結局、急性アルコール中毒の一般的な対処の点滴を受けただけで、そのまま帰宅したそうです。 マスコミは翌日は運ばれてもいない病院の前で一連の事件を報道していたようです。

本人曰く「マスコミって適当だぜ」とラジオ番組で語っている。この現場であったパブは、「当店で江頭が倒れた」という看板を出し、しばらくは繁盛した。
事件後、江頭が再びこのパブを訪れたら、VIP席に通された上の高接待を受けたものの、帰り際に店長から「お金は結構ですが、もう1回倒れてくれませんか?」の言葉に憤慨した。
その後、『めちゃ2イケてるッ!』に出演した江頭は「生きてて良かった」と発言した。

この事件を受けて厚生省(現・厚生労働省)内部ではバイアグラの認可をめぐって議論が巻きておりました。 同様な事故が多発していたこともあり、一説には芸能人であった江頭2:50が世間を騒がせたことが、国内での認可が遅れたとも言われている。

バイアグラなどの医薬品との付き合い方

飲み屋にバイアグラを携帯しない

男性諸君でしたら話のネタとしてのみの席でバイアグラを自慢がしたいかもしれません。加齢とともに、どうしても男性力が低下してしまうのは男性としては哀しく、辛い事でしょう。


彼女と軽いアルコールと共にバイアグラでしたら大きな問題にはなりません。
ですが、江頭2:50の事件を見ても分かるように、用法容量は必ず守る必要がありますね。
お薬のとの相性によってはバイアグラが急速にアルコールが回る事もありえます。

まして、バイアグラは100mg/日の制限がありますので、その2.5倍の量を服用されたのですから、強く作用が現れるのも当然です。 当時は、キャバ嬢が売上を上げるために客を酔わせる手段としも使われており。 お酒が強い人でもED薬と一緒に飲酒をすれば、確実に酔いが早くなります。
興味本位や遊び感覚で服用するモノではなくバイアグラも正規の医薬品ですので、確実に効果が得られる反面、健康な人でも扱い方を誤れば強力な副作用が危険です。

医薬品は販売・譲渡は違法行為です

バイアグラなどの医薬品との付き合い方

江頭2:50がどのように経緯でキャバクラでバイアグラを使用したのかは、良く分かっていませんが。
まだ、国内での入手は基本的に出来なかったはずですし、今のようにネット通販でのED治療薬の購入は難しく、もしくは非常に効果だったはずです。適法で手軽な入手方法は密売人からの購入や個人輸入での入手方法しかなかったはずです。

現在では、バイアグラはED治療薬として病院でもらう事も可能ですが、それ以外の厚労省から許可を得られていない医薬品の譲渡、販売は違法とされています。
個人輸入でのバイアグラやそれらのジェネリックも個人輸入では入手は可能ですが、それを転売などは違法になります。

バイアグラの副作用について

バイアグラは必要に応じて服用をするタイプのお薬ですのですので毎日飲む必要はありません。
常に元気でいたいのは分かりますが、薬の効果は4~5時間程度ですが、24時間以内にバイアグラ成分はオシッコで出てしまいます。EDではない人が飲んでも効果はないのですが副作用は稀ではありますが起きる可能性があります。

ED治療薬は効果として、血圧、血流に変化を及ぼす作用を持ちますので目の充血などは高頻度で起きるようです。また、お酒と一緒に服用しますと悪酔いしたり、急性アルコール中毒の危険性があります。
・全身や顔の火照り
・軽い頭痛
・軽いめまい
・動悸
・目の充血
・胸やけ

その他、他のED治療薬は筋肉痛なども起きる場合もありますが、一時的に症状が出る場合もあります。
また、バイアグラは依存性もないので用法用量、注意事項を守っての服用ならば安全なお薬となっています。

バイアグラを飲み過ぎていませんか?

ついつい効果を感じられなかったり、ちょっと欲張ってバイアグラを多く飲んでいませんか。
健康体の人ならば間違って多少飲み過ぎても問題はありませんが、高い効果を得たいがために大量に摂取は意味がない事は実験からも分かっています。
バイアグラの効能は勃起不全の原因のPDE5という酵素の働きを抑制し、男性器へ血液が届きやすくしています。一般的には100mg/日が十分な量なので、男性器を元気にするには十分な量とされています。
必要以上に飲んでも副作用が強くなるだけが一般的です。

バイアグラは製品仕様によっては1錠あたりの成分量が異なっております。
1錠あたり100㎎で、1日に服用できる最大量のサイズから、25㎎の錠剤タイプもあります。
つまり、同じバイアグラでも1錠あたりの成分量が異なれば、異なれば1日服用できる錠剤数が異なります。この25㎎/錠タイプならば1日に4錠まで服用できるとされています。

バイアグラの見た目(写真)の違い

バイアグラは今では国内でも貰うことが可能でありますが、ネット通販のような買い方の場合は、どの製品を選べば良いのか混乱するかもしれません。
安価なジェネリックではなく先発薬のバイアグラを購入した場合は、以下をご参考ください。
外見は違いますが製造国の違いなだけで、どちらも同じ先発薬メーカー製のバイアグラ製品です。

製品画像製品説明
製品名:バイアグラ錠(25mg,50mg)
成分:シルデナフィル(Sildenafil)
メーカー:ファイザー製薬(Pfizer)
特色:日本国内では50㎎/錠が最も大きな錠剤形状です。
100㎎/日が1日の最大用量とされています。
*世界共通
製品名:VIAGRA(25mg,50mg,100mg)
成分:シルデナフィル(Sildenafil)
メーカー:ファイザー製薬(Pfizer)
特色:米国版のバイアグラの最大サイズは100㎎/錠。
製品名:VIAGRA(50mg,100mg)
成分:シルデナフィル(Sildenafil)
メーカー:ファイザー製薬(Pfizer)
特色:オーストラリア版のバイアグラの最大サイズは100㎎/錠。

当店取り扱いの製品です。
バイアグラ50㎎
バイアグラ100㎎

どちらも、同じ品質、製品ですが国が決める薬価や生産国の物価などにより入手価格が異なります。
この中では一番したのオーストラリア版が一番安価に流通しているようです。
最近は日本は円安傾向で海外医薬品は高くなっているので、当分は安価で安全な正規のジェネリック品でしのいでみませんか?

ED選択薬品
バイアグラ バイアグラがED治療薬の始めりバイアグラがED治療薬の始めり バイアグラの効果
・勃起に火をつける
・折れない芯の強さ
・漢を強化
・世界で男性を救う
バイアグラの主成分
シルデナフィル
バイアグラのメーカー ファイザー製薬
バイアグラの効果
バイアグラは多数のジェネリックを生みだしています。
即効で効く効果で20年以上の歴史のある勃起力を向上する医薬品です。
バイアグラの主成分
フィナステリド
バイアグラのメーカー ファイザー社
バイアグラでED治療 男性EDはバイアグラの歴史男性EDは世界のバイアグラ
ED(勃起不全)
健康クラブ-KENKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました