AGA対策は薬だけじゃない!生活習慣も見直そう

AGA

AGA治療の定番は「フィナステリで抜け毛予防」、「ミノキシジルで発毛・育毛強化」が知られています。最近は安価な海外医療で植毛も注目されていますが、やはりある程度決まった休みや費用が捻出できない人に難しいようです。

これら医薬品は世界各国の医薬メーカーでジェネリックが発売されている歴史のある成分ですので「安心と実績」からも利用者が増えています。
AGAの治療や予防での薬の選択は一生続く投薬治療です。ですので投薬量や服用頻度を減らす事も視野に入れてAGAを理解して生活習慣の見直しも同時進行の治療を進めたいですね。

記事を参考に、AGA対策をはじめてみましょう。

AGA治療はフィナステリド系で

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)は、男性の薄毛の90%以上を占めると言われております。まず、少なくとも異なる原因としてもAGAの要因が関係していると考えてもいいでしょう。
これはAGA予備軍として成人男性の4人に1人も薄毛の症状を感じ始めているようです。
特に情報弱者としてネットから情報を正しく得られない人は、広告や面白可笑しいが不正確なTV番組などから誤った情報しか得られないため、AGA治療を半ば諦めてしまっているかもしれません。

現在では一般的な薄毛治療(シルデナフィル、ミノキシジル)は薬機法上の制約から広告を出すことが出来ません。唯一、美容系クリニックなどは高価な秘薬を使って薄毛の治療ができるかのようにしておりますが、AGAは原因が分かっており、必要な薬は全て安価なジェネリックで入手できるようになっております。そして、これがネット社会において暴露、共有知識として知られてしまっております。

AGAは発症すると髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまいます。そのため、頭皮に残るのは細く短い毛だけになります。このためAGAの進行では抜け毛から徐々に頭髪が薄くなり始め、局所的に肌が露出するようになります。正面から頭頂部にかけての部分で肌が露出したり、薄毛になったりしているのは、症状がかなり進行してしまった状態といえるでしょう。
進行性の疾患であるAGAに対しては、症状が進行する前に、できるだけ早いうちに対策を講じることが重要です。

AGAの原因として、すぐ頭に浮かぶのは「遺伝」ですが、遺伝だけが原因ではありません。
現在、AGAの原因と考えられているものとしては、以下の3つがあります。ここでは、それぞれについて詳しく解説していきましょう。

(1)男性ホルモン(テストステロン)の分泌でAGAが進行

テストステロンは主に睾丸から分泌されるもので、このホルモンは血液を通して身体中に運ばれていきます。頭皮に運ばれたテストステロンは、5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変化します。

DHTが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合することで、脱毛因子(TGF-β)が生産され、毛母細胞の分裂や増殖を抑制、薄毛の原因となります。DHTが発生し、脱毛因子が増えることで、髪の成長期はAGAではない状態より短くなってしまいます。そのため、髪が太くなる前に抜け落ちてしまうのです。

(2)遺伝は抜け毛の性質も引き継ぐ

祖父や父が薄毛だと「自分もそうなるのではないか」と心配する人が多いようですが、実は、AGAと遺伝に因果関係があるかどうかは明確に解明されていません。しかし、それでも両者に密接な関係があるのは確かなようです。

DHTの生成を阻害するには5αリダクターゼを抑制することが必要です。また、DHTが毛乳頭の受容体と結合することで脱毛が促進されます。こうした体質は遺伝によって受け継がれる可能性もあるため、AGAの発症リスクとかかわりがあると考えられているのです。

(3)生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れに関しては抜け毛が進行するとは言われています。ですが、AGA(男性型脱毛症)の進行を進めるのとは少し違うかもしれません。つまり、生活習慣の乱れは女性にも同様に抜け毛を発声されるためAGAではなく単なる薄毛が進行するという見方もできます。
これから言えることは「生活習慣の乱れ」を改善する事で、「生活習慣の乱れ」が起因する抜け毛は予防できますがAGA(男性型脱毛症)の症状が緩和するとは一概には言えなそうです。

ですが、睡眠や運動不足、食事といった生活習慣の乱れも抜け毛の進行に大きく影響を与えています。
医学的なデータは示されていませんがAGAの症状が進行する要因となってるかもしれません。

過度なダイエットをしたり、偏った食事を続けたりすると、髪を作るのに必要な栄養素が不足してしまいかねません。
さらに、睡眠サイクルの乱れや睡眠不足、運動不足、過度なストレスが、自律神経やホルモンのバランスを乱し、正常なヘアサイクルの妨げになることに。
また、飲酒・喫煙といった習慣が過ぎると血流の悪化を招き、髪に必要な栄養が届きにくくなるため、AGAの発症や進行の起因となったり、症状が悪化したりする恐れがあるのです。

睡眠の質の低下が成長ホルモンの分泌量が減少し薄毛へ

身体の細胞を修復し成長を促す成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されているのが知られています。
成長ホルモンは髪を生やしたり体を成長や回復させたりとする作用があります。
徹夜や睡眠不足などが続くと抜け毛が多くなるのは多くの男性が実体験で経験しているのではないでしょうか。

睡眠不足になると髪の成長と修復がうまく行われない為、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

睡眠不足は血行不良で薄毛の原因に。

睡眠中は副交感神経が優位になり血管が広がり血行が促進されます。
睡眠時間が短いと血管を収縮させる交感神経が優位になったり、疲労の蓄積でも血流が滞り毛根に栄養が届きにくくなります。血液は頭髪に必要な栄養分を送り届けるのに重要であるのですので、これにより抜け毛や薄毛が進んでしまいます。

AGA対策のための対処法・予防法(日常生活で対応可)

AGAの症状の抑制・改善には、男性ホルモン・テストロンと結びつく酵素(5αリダクターゼ)やDHTの働きを抑制しながら、頭皮の血行改善をはかり、成長因子の分泌を促進させる必要があります。
AGAの症状が進行している場合、AGAの症状と共に髪に栄養素を届ける血管が縮小してしまい、十分な栄養素が髪に補給されていないということもあります。
自分の生活習慣を見直して髪に十分な栄養素を補給できれば、AGAの症状進行を抑えられる可能性が高まるでしょう。

AGAは、進行性の疾患です。放置していると、より一層進行してしまうため、できるだけ早期に対策を講じなければなりません。
ここでは、よく言われているAGA対策について5つの視点で考えてみたいです。

早々に結論となってしまうかもしれませんが、AGA(男性型脱毛症)の症状は抜け毛です。
抜ける症状のAGAの活動を以下の5つの対策が補助的に助けてくれるかもしれません。

(1)食習慣を見直す

「◯◯を食べるとハゲる」という噂の食材があるようですが、特定の食材が原因で薄毛になったり、髪が生えることはないというのが医学的な知見です。

一方で、食生活の乱れが薄毛の間接的な原因になる可能性は十分に考えられますが、これらは、AGAとの関係性には医学的には何も証拠はありません。

良く言われるのは、髪の主成分はケラチンというタンパク質です。ケラチンは髪の約70%を占める物質で、複数のアミノ酸によって構成されています。ですので良質なたんぱく質とタンパク質に欠かせない「亜鉛」、そして血液促進をさせる「ビタミン」などと言われています。
繰り返しますが、AGA(男性型脱毛症)の原因は抜け毛です。どんなに元気でツヤのある髪の毛が生えても、AGAの影響で抜けてしまえば意味がありません。

ですが、AGAと食習慣は直接は関係がないかもしれませんが、AGAの発症、進行に影響するとは考えられます。

重要な点は、食事が偏りすぎない事でしょうね。健康が害されればAGAが要因ではなく、不健康に抜け毛が増え、発毛力が落ちるのでしょうから。

(2)睡眠の質を向上させる

睡眠の質の低下が成長ホルモンの分泌量の低下でAGAが進行します。ですが、睡眠の量や質ではなく、重要なのは成長ホルモンが分泌するタイミングです。
このタイミングは成長ホルモンの分泌が最も多いといわれる22〜2時とされています。ですので、できる限り、この最大的な成長ホルモン分泌される時間を狙って睡眠をとるようにしたいものです。
どちらにしても睡眠不足はAGAを進行させる原因の1つですし、あらゆる病気にも影響しますのでよりよい睡眠をとれるよう、以下を注意したいですね。

気を付けたい7つの習慣

・規則正しい生活習慣と睡眠習慣をつくる
  成長ホルモンの分泌が決まった時間に出やすくなります。
・寝る3時間以内は食事・飲酒は控える
  飲食やアルコールは睡眠が促されるかもしれませんが、就寝3時間前の飲食やアルコールは睡眠の質が低下するとされています。
・寝る前にスマホ、パソコンを見ない
  眠りに入る前の目の前の明るさは重要ですので目には光を入れずに、暖色系の照明にしてリラックスして眠ることもおすすめです。
・寝る前のカフェインは避ける
  カフェインは神経を興奮させる作用がありますので質の良い睡眠に影響があります。
・昼寝は20~30分
  仮眠をとりすぎると昼間に寝付けなくなることも。
・運動を習慣化する
  運動は万人向けの睡眠薬です。ですが、寝る前の運動は逆に体が興奮して眠れなくなるので避けましょう。
・入浴をする
  入浴後の体温の低下が睡眠を促すとされています。

(3)飲酒・喫煙を控える

AGAが気になっている男性ならば気になっている飲酒・喫煙ではないでしょうか。
自分は止めることによるストレスが抜け毛が増加するという人も少なくないのでしょう。確かにAGA治療薬を始めた人は飲酒、喫煙を止めなくても毛髪が復活しています。
喫煙は身体の血管を収縮させる事は医学的に確認されているですが、喫煙後、30分程度でニコチンで収縮していた血管は元に戻ります。つまり低ニコチンを一日に何度も吸うのではなく、高ニコチンでもいいので一日の喫煙回数を減らす事で頭皮の血管の収縮頻度を減らす工夫はしたいですね。

また、飲酒については飲みすぎ、夜遊びが体に害があるのでしょうね。
もちろん、肝臓疾患や糖尿病などにあんれば、それらもAGAに影響をするはずです。

(4)ストレスを発散する

ストレスを感じると抜け毛が増える傾向があるのは実体験で感じているのではないでしょうか。ストレスによって抜け毛が増えるのは、自律神経のバランスが崩れ交感神経が優位になることが原因だといわれています。この交感神経が優位、つまり活発になると「緊張状態」が血流の悪化や睡眠不足などの要因となります。
血流が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が頭皮まで行き渡らなくなり、睡眠の質の低下は成長ホルモンの分泌の低下で抜け毛が起きやすくなります。

こうして髪の毛の状態が悪化した結果、抜け毛が起こります。
無理な運動に悪影響を及ぼす場合もありますし、精神衛生上も苦痛になって逆にストレスを感じるかもしれません。ストレスの発散方法は人それぞれですので楽しく日常を過ごせるような工夫を取り入れてAGAの予防・改善の対策に取り入れたいです。

(5)適切なヘアケアを行う

適切なヘアケアを行い、頭皮を清潔かつ健康に保ったり、血流をよくしたりすることで、髪が育ちやすい環境を整えることも重要です。ここでは、自宅で気軽にできるヘアケア方法として、頭皮マッサージと正しいシャンプーの方法を確認してみましょう。

〈自分でできる頭皮マッサージの方法〉

  1. シャンプー直後、後頭部・耳のうしろ・側頭部・頭頂部・前頭部の順に優しくマッサージする
  2. 指の腹を使って優しくもみ込むのがポイント

〈適切なシャンプーの方法〉

  1. 髪全体をお湯で洗い流し、汚れやほこりを落とす
  2. シャンプーを手で泡立てる
  3. 泡立てたシャンプーを使って、指の腹で優しく洗う
  4. すすぎ残しがないよう、シャンプーを根本から洗い流す

結局、AGAで最も役立つのが実績医療

AGA治療はフィナステリド系で

AGAで定番なのがフィナステリド、ミノキシジルです。これらの成分が20年以上の実績のジェネリックとなる品質の薄毛治療薬です。
生活習慣の改善をしても、成長ホルモンの分泌を促したとしても、結局、AGAの病気の症状は「抜け毛」です。

髪の毛の成長が促されても、抜け毛が止まっても、AGAの抜け毛の症状が止まらないければ薄毛の進行は止まらないはずです。

この辺りのAGAの症状が理解されている人は容易に理解できるのですが、各メーカーは頭皮の状態の改善や発毛促進が出来る製品により薄毛が改善するとする「広告」がだされています。

これらは一概に間違いとは言えませんが、AGAの「抜け毛」の要因と止めることが出来ないければ薄毛は無くならないのがご理解頂ければ、まず何が必要なのかが必然的に分かるはずです。

AGA選別薬品
▶フィンペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品フィンペシア ▶フィンペシアの効果
フィンペシアの有効成分のフィナステリドは、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。 これによって、脱毛を防ぎ、発毛を促進して薄毛やハゲを改善します。
発毛・育毛促進成分は「ミノキシジル」を選択しましょう。
▶フィンペシアの主成分
フィナステリド
▶フィンペシアのメーカー Cipla Ltd(シプラ社)
プロペシアの効果
日本皮膚科学会によると、男性型脱毛症(AGA)の症状は成分フィナステリドは抜け毛を抑え、髪の毛の再生と発毛促進をサポートします。
プロペシアのAGAの男性への効果:
・抜け毛の進行が遅くなり、育毛が促進される。
・前頭部や頭頂部から額にかけての後退が改善される。
・毛包と毛根が強化される。
・薄毛が健康的な毛髪に改善される。
プロペシアの主成分
フィナステリド
プロペシアのメーカー (メルク社)
プロペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品プロペシア
ミノキシジルのミノタブミノキシジル製品のミノタブ ミノタブ効果
ミノキシジルの服用のタイプのミノタブは発毛/育毛を促します。
ミノタブではAGA(男性型脱毛症)の抜け毛の防止にはなりません。
抜け毛防止と同時にミノタブで発毛力を強化が一般的な薄毛治療です。
ミノタブの主成分
ミノキシジル
ミノタブのおススメ製品 ・ロニタブ(5mg/10mg)、ミノキシートップ5mg
抜け毛防止の効果
抜け毛防止の効果があるのはデュタステリド/フィナステリドの2択。 費用対効果はフィナステリドが1番。費用的に余裕がある人はデュタステリドはフィナステリドより150%の強い効果。

抜け毛防止の主成分
デュタステリド/フィナステリド
デュタステリド/フィナステリド 抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド
AGA
健康クラブ-KENKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました