若ハゲが10代から薄毛と抜け毛が増加の理由

AGA

「若ハゲ」が気になる10代、20代の若者は、なんかオデコの生え際が後退している、毎日の抜け毛が多くなっているなど話題になってないでしょうか。
新陳代謝が激しい若い世代ですと髪の毛の生え変わりも激しいので、抜け毛が多くても本気で気にされる人は少ないのではないでしょうか。ですが、実は男性特有の脱毛が「若ハゲ」として若い時に既に進行している可能性があります。本来は30代半ば位から始まるAGA(男性型脱毛症)が10代からも影響がある可能性があります。「若ハゲ」により将来的にも早く毛根が死滅してしまう可能性があるので、早め早めのメンテナンスをご検討ください。

若ハゲは10代から始めっているAGA(男性型脱毛症)

「若ハゲ」という言葉は医学的な薄毛の症状を指す言葉ではありませんが、通常は30代半ばくらいから始まるAGA(男性型脱毛症)が、より早い10代や20代前半の早い時期から始まる抜け毛の増加です。学生の時期でも友人との会話でオデコの後退度合いを見せ合ったりしているのではないでしょうか。

  • 抜け毛が増加している
  • 髪質が変化した
  • おでこが後退し前髪が薄い
  • 頭頂部(つむじ)の皮膚がうっすら見えている
  • 頭皮がかゆい
  • フケが出る
  • ヘアセットがしにくい

このAGAは医学的には体質や遺伝によって10代や20代前半の若年層でも薄毛になる可能性は十分にあり得ます。ですが、薄毛が進行しており「若ハゲ」として見えるか否かは、若さにより抜けるより生える速度の方が早いため「若ハゲ」が発覚しない場合も多くあります。
それが、30代に入ると発毛力が低下する事で、抜け毛の量が勝ってきて「若ハゲ」が顕著に目立ってきます。

ポイント! AGA(男性型脱毛症)の症状は「抜け毛」。
若い時は発毛力が高いので抜け毛が目立たない可能性があります。

特に男性ホルモンが原因とされるAGA(男性型脱毛症)は、統計によると日本人は20歳以上の成人男性は3人に1人が薄毛に悩んでいると言われており、10代あるいは20代前半の方で薄毛になる「若ハゲ」は特別なことではありません。

若ハゲの原因や前兆は

一般的に10代~20代前半の方が頭髪が薄くなる場合には、30代から始まる薄毛と大きな違いはありません。男性の場合の多くの薄毛はAGA(男性型脱毛症)として男性特有の抜け毛から始める薄毛です。
これが10代の若い時期から症状が出始めているだけです。
本来は若い時期の薄毛は、若かりしくない生活習慣や隠れた原因から始まっている可能性があります。以下、個別の若ハゲに関係する原因について確認していきたいと思います。

若ハゲの原因1:早すぎるAGAの症状の発症のケース

多くの若ハゲの原因もAGAのケースが非常に多くなっています。

AGAとはAndroGenetic Alopecia(アンドロジェネティック アロペシア)の略称です。
主に男性に発症する薄毛の病名で要因としては、体内の男性ホルモンが原因で引きおこる脱毛症のことです。発毛から抜け毛までの期間が非常に短期間となり発毛より抜け毛が多くなり、毛根の細胞分裂が終了し毛根の死滅、再発毛が出来なくなることで本当の若ハゲとなってしまいます。

これは頭皮でDHTという物質が抜け毛を促しています。体内には男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と反応し、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換します。
その後、毛髪の成長を司る毛乳頭細胞内にある受容体と結合することで脱毛シグナルを出す脱毛因子TGF-βが増加することで脱毛量が増加し、正常なヘアサイクルを短縮させてしまうのが、AGA(男性型脱毛症)のメカニズムです。

ポイント! AGA(男性型脱毛症)は30代半ば位から発症といいますが、単に薄毛が目立ち始めただけで、AGAの発症自体は10代の頃の場合もあります。

若ハゲの原因2:その他の脱毛症のケース(円形脱毛症など)

その他の脱毛症のケース(円形脱毛症など)

若ハゲでも薄毛になる多くの方はAGA(男性型脱毛症)を発症しているケースがほとんどですが、その他の症状の場合もあります。
例えば、「毛髪の成長不良」「自分で髪の毛を抜いてしまう」「円形型に抜ける脱毛症」など、原因や要因は様々ですが、頭頂部やオデコの生え際の薄毛となるAGAと異なる、これらは症状が特殊ですので、若ハゲというよりは別の病気だと判断がつきやすいかもしれません。

円形脱毛症は、医療機関の皮膚科において最も来院患者数が多いと言われている程、一般的な脱毛症です。他にも脂漏性皮膚炎による脱毛症などでも、抜け毛が増えて全体の頭髪量が減ってしまうこともあります。

また、10代後半から20代は男性ホルモン分泌量が一生においてピークに差し掛かる時期てもあるため、頭皮の皮脂などの分泌も活発で頭皮環境が異常となり脱毛につながるなどもあります。

それに伴い頭皮の皮脂の分泌も非常に活発になります。その場合には、皮脂の過剰分泌により雑菌が繁殖して頭皮環境が崩れる脂漏性皮膚炎による髪の毛の脱毛の可能性もあります。

ポイント! 円形脱毛症などはストレスやホルモン異常など原因は様々です。。

若ハゲの原因3:若者らしくない生活習慣などが要因

10代~20代前半で頭髪が薄くなる、もしくは抜け毛が増えるなどの若ハゲの症状が出た場合には、稀に生活習慣に起因するケースも考えられます。具体的に薄毛を引き起こす可能性がある習慣として以下の様な物があげられます。

  • 毎日タバコ2箱以上の喫煙をしている
  • 頻繁に大量の飲酒をしている
  • 常に睡眠不足の状態
  • 日常的な偏食や栄養不足
  • 強いストレスがたまっている
  • 日々洗髪せず頭皮のコンディションが悪い

上記の様な生活習慣を慢性的に抱えている場合には、頭皮に栄養や血液、酸素がいきわたらなくなり毛髪が正常に成長することが困難になります。それにより若ハゲを引き起こす要因となり得ます。

ポイント! 夜更かししてゲームやネットなどの習慣があるとAGAが若ハゲの要因になりそうですね。

若ハゲと遺伝

若ハゲの原因がAGAであるならば、それは統計的にも知られているDNA(遺伝)が要因として考えられます。母方の祖父の遺伝が若ハゲにも影響するとされており、母方の家系に薄毛の人がいる場合は抜け毛遺伝子を受け継いでいる可能性が強いです。
AGAの要因は先にも説明したように「DHT」が髪の毛が抜けやすい状態にしております。
かといって、DHTの発生するそもそもの原因である男性ホルモンの分泌量によって若ハゲとなるとは一概には言い切れません。
これは若ハゲや薄毛になりやすさとして、受容体(アンドロゲンレセプター)がDHTと結合しやすいかどうか(感受性)が、母親からの遺伝によって決まっていると考えられています。

少し詳細に説明しますと、
・「5αリダクターゼ」によって変換されて、「悪玉男性ホルモン(DHT)」が生まれれる。
・DHTが髪の毛の成長をコントロールしている毛乳頭細胞内にある受容体に結合する。
・そして、脱毛のシグナル(命令)が発せられます。
この、男性ホルモンをDHTに変換する5αリダクターゼの活性情報を持っているのは「優性遺伝子」で、ご両親のどちらかが活性を持つ遺伝子であれば子に受け継がれやすいです。

このように、AGAになるきっかけの「5αリダクターゼの活性」と「アンドロゲン受容体の感受性」は遺伝と大きく関係があります。

ポイント! 母方の祖父がハゲてると若ハゲにもなりやすい。
※若ハゲや薄毛になる可能性が高くなりますが、必ずではありません。

若ハゲは頭頂部に出やすい

若ハゲは頭頂部に出やすい

若ハゲはもちろんAGAの症状は頭頂部とオデコの生え際の症状が出やすくなっています。
また、これがAGA若しくは若ハゲの症状でもあります。

これは薄毛の原因の「5αリダクターゼ」が頭頂部と生え際に多く存在するからと考えられています。
頭頂部などに「5αリダクターゼ」が多く存在するので、抜け毛の要因であるDHTが生まれやすくなっているようです。

現在のAGA治療としては、この「5αリダクターゼ」の活動を阻害するまでで、なぜ「5αリダクターゼ」がAGA患者には多く存在するのか、その生成のメカニズムの根本から治療する事までは、まだ出来ておりません。

若ハゲの対策方法とは

若ハゲもオッサンのAGAにも大きな違いはありません。重要な点は髪の毛も人の細胞と同じで、発毛できる回数としての細胞分裂の回数として限界があります。
1つの毛根(細胞)からは50回の細胞分裂(発毛)というのが生物学的な常識です。

10代~20代の生物的にも活発な時期で、毛髪の細胞分裂も盛んだと思います。
同時に実はAGAの症状が出ているが若いために発毛力も強い、旺盛である可能性があり若ハゲに気づかれない可能性があります。
ですが、これは発毛力が弱くなった30代に入ってから、顕著に影響が出てくる可能性があります。

若い時期だからでAGAにならないのではなく、若いから若ハゲが隠れている状況かもしれません。

このAGAは対処療法として薄毛を予防する事は出来ますが、完全な治療はできないのが現代の医学です。若ハゲも特異な事例ではなく一般的なAGAと同じ原因であれば、フィナステリド、ディタステリド、ミノキシジルが現在の対処療法の最先端医療となります。

また、言い方を変えるとAGAに関しては、医師もこられの医薬品以外の治療はありません。
それに、海外ではこれらの医薬品を通販購入が可能であり、健康体であれば特に医師の診断なども不要で治療をしています。
しかし、これらの医療は治療にも予防にもなりますが継続が必要になりますので、継続使用での副作用には注意が必要です。

ポイント! 病院で薄毛治療をする場合は「実績がある方法」ならば「フィナステリド」が必ず処方されるはず。日本皮膚科学会など様々な論文でも根拠があるAGA治療薬とされています。

若ハゲが気になったら医師に相談を

一口に若ハゲと言っても、その症状や原因は様々です。AGA(男性型脱毛症)が原因の場合は、治療薬によって薄毛の改善が可能ですが、そうではない方が服用すると、副作用の発現が起きる可能性だけを高めてしまいかねません。

最近ではインターネットでご自身の頭部の写真をアップし、「自分はAGAなのか」という質問をされている方も多く、安価という理由でにより個人輸入でAGAに用いる治療薬を個人の判断で服用される方も目立ちます。仮にAGAであっても副作用のリスクを抱えたまま治療をすることになりますし、円形脱毛症や別の脱毛症の場合は改善はしません。また、若ハゲは1つの原因だけという訳でなく、複数の症状が併発している場合もあります。

この様な場合には医師による触診などでしっかりと診察をうけないと、原因の特定は非常に難しくなります。何れにしてもまずは、きちんとした医療機関で医師の診察を受けて治療する方法を探していきましょう。

当サイトで取扱い中のシルデナフィル(ジェネリック)

当サイトでもAGA治療薬には力を入れております。AGA治療は基本は継続が必要で服用を止めれば再度抜け毛が再発するようです。AGAは体内で生成されるDHT物質が抜け毛を促進しますが根本の原因は解明されておりません。
これらシルデナフィル製品で毎日服用を継続する事で抜け毛が予防できますので、長期継続しますと費用は蓄積しますので利用者にとってはコスパが高い商品、又は扱いやすい、安心できる商品が選択できるようにしております。

フィンカー(Fincar) 5mg200錠 Cipla社│AGA・薄毛治療のプロペシアジェネリック(フィナステリド)フィンペシア (Finpecia) 1mg【1箱150錠】Cipla社│プロペシアのジェネリック、AGA(薄毛)治療(フィナステリド)
プロペシア (Propecia) 1mg 1箱28錠 MSD社│AGA(薄毛)正規の先発薬
商品名フィンカーフィンペシアプロペシア
特徴1錠あたり5㎎で前立腺肥大症への錠剤サイズであるので、AGA用に分割利用が出来ればコスパが非常に高い。定番ジェネリック
知名度NO1
安心の先発薬
用量50mg1mg1㎎
価格200錠:11,360円~
最安値1錠:56.8円
*11円/回
150錠:7,957円~
最安値1錠:53円
28錠:5,890円~
最安値1錠:210円
購入フィンカー購入を検討フィンペシア購入を検討プロペシア購入検討

当サイトで取扱い中のミノキシジル(ジェネリック)

ミノキシジルは外用、服用の2種類があります。服用は未承認薬ではありますが外用薬が生まれたのは、服用での発毛効果からになります。発毛、育毛に優れていたので作用が小さい(効果が薄い)外用タイプが発売されています。また、ドラッグストアーでも販売できる制限としては5%の濃度となっていますが、海外では10%の商品も販売されています。

ロニタブ10mg1箱10錠(Lonitab-10)|AGA(薄毛)ミノキシジル(ミノタブ)
ミノタブ5mg 50錠/箱|ミノキシートップ5mg-発毛/育毛(ミノキシジル)
ミノキシートップ10%(ミノキシジル外用)60ml/本
商品名ロニタブ10mgミノキシートップ5mgミノキシートップ10%
特徴服用タイプのジェネリック
大手製薬・インタスファーマ社製
服用タイプの価格重視のジェネリック海外のみの高濃度10%タイプ
通常の2倍の効果
用量10mg5mg10%
価格10錠:2,099円~
最安値1錠:210円
50錠:3,027円~
最安値1錠:61円
1本(60ml):1,647円~
最安値1錠:1,647円
購入ロニタブ10mg購入を検討ミノキシートップ5mg購入を検討ミノキシートップ10%購入検討

AGA選別薬品
▶フィンペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品フィンペシア ▶フィンペシアの効果
フィンペシアの有効成分のフィナステリドは、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。 これによって、脱毛を防ぎ、発毛を促進して薄毛やハゲを改善します。
発毛・育毛促進成分は「ミノキシジル」を選択しましょう。
▶フィンペシアの主成分
フィナステリド
▶フィンペシアのメーカー Cipla Ltd(シプラ社)
プロペシアの効果
日本皮膚科学会によると、男性型脱毛症(AGA)の症状は成分フィナステリドは抜け毛を抑え、髪の毛の再生と発毛促進をサポートします。
プロペシアのAGAの男性への効果:
・抜け毛の進行が遅くなり、育毛が促進される。
・前頭部や頭頂部から額にかけての後退が改善される。
・毛包と毛根が強化される。
・薄毛が健康的な毛髪に改善される。
プロペシアの主成分
フィナステリド
プロペシアのメーカー (メルク社)
プロペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品プロペシア
ミノキシジルのミノタブミノキシジル製品のミノタブ ミノタブ効果
ミノキシジルの服用のタイプのミノタブは発毛/育毛を促します。
ミノタブではAGA(男性型脱毛症)の抜け毛の防止にはなりません。
抜け毛防止と同時にミノタブで発毛力を強化が一般的な薄毛治療です。
ミノタブの主成分
ミノキシジル
ミノタブのおススメ製品 ・ロニタブ(5mg/10mg)、ミノキシートップ5mg
抜け毛防止の効果
抜け毛防止の効果があるのはデュタステリド/フィナステリドの2択。 費用対効果はフィナステリドが1番。費用的に余裕がある人はデュタステリドはフィナステリドより150%の強い効果。

抜け毛防止の主成分
デュタステリド/フィナステリド
デュタステリド/フィナステリド 抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド
AGA
健康クラブ-KENKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました