デュタステリドのAGAと前立腺肥大症予防

AGA

薄毛治療にはミノキシジルの塗るタイプが知名度が高いのですが、本格的にAGA治療を行う場合は抜け毛を止める治療が必要です。

これまでは一般的にはフィナステリドが確実に処方がされているAGA治療薬ですが、最近はディタステリド製品も同じような抜け毛予防効果があるお薬でありながら、より高い効果があるとして知られています。また、製品名としてはアボダートの方が知られているかと思います。

アボダートの概要とAGA治療効果

アボダートの主成分はデュタステリドでAGA発症要因となる『5αリダクターゼ還元酵素』を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛男性ホルモン生成を抑制する働きを持つ医薬品成分です。

これらの働きはフィナステリドと同様なのですが、違いとしては、デュタステリドはフィナステリドが抑制できない1型5αリダクターゼの生成を抑える効果をもっております。
「5αリダクターゼ」は1型と2型があり、フィナステリドは2型のみ抑制が可能です。
アボダートはAGA治療においてフィナステリドに対して約1.5倍の脱毛抑制効果を持っているのが特徴です。

ポイント! アボダートのAGA治療効果は150%。
フィナステリドに対して約1.5倍の脱毛抑制効果を持っている

アボダートも前立腺肥大症の治療・予防薬から誕生

アボダートも前立腺肥大症の治療・予防

ディタステリドもフィナステリド同様に前立腺肥大症の治療薬からAGA治療薬への転用として生まれました。デュタステリドはアボダートという製品名でイギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社によって開発され2001年に発表されました。

これはAGA患者の抜け毛の原因となる「DHT」が、そもそも前立腺肥大症の発症要因でもありました。

55歳以上の5人に1人が発症し、推定患者数が400万人にも上る「前立腺肥大症」は、中高年の尿トラブルの一因であるこの疾患ですが、DHTの濃度が高くなると前立腺に作用して前立腺肥大症を引き起こす病気でもあります。
アボダートはAGA治療薬であり薄毛の原因の「DHT」を活動を抑えると、同時に前立腺肥大症の予防や治療薬にもなります。

ポイント! 老齢期までにおよそ8割以上の男性が悩まされる前立腺肥大がAGAの治療で同時に予防もできそう。

アボダートは日本と韓国で認可だが、前立腺肥大の目的では世界で

アボダー成分であるデュタステリドは前立腺肥大症の治療薬でもありますが、AGA(男性型脱毛症)の治療薬としては日本と韓国以外では認可されていません。
かといって服用の危険が伴う訳ではなく言い方を変えれば、欧米でも前立腺肥大症の治療薬としては認可がされているので薬としては安全性が確認されているので正しい用法、用量ならば問題はありません。

韓国でもAGAに対するデュタステリドの安全性、耐用度、効果を調査する試験がグラクソ・スミスクライン社によっておこなわれており韓国では一般的に普及している状態になっているようです。

日本では2015年9月28日にアボダートの開発メーカーのグラクソ・スミスクライン社により、「ザガーロ」というパッケージで認可を受けております。
通販で購入ができるデュタステリドのアボダートと日本で認可を受けた「ザガーロ」は成分、製法共に全く同じものです。

ポイント! 少なくともアボダート(デュタステリド)は日本国内基準で認可を得られている。

アボダートとザガーロ、正規ジェネリックの違い

アボダートも既に特許終了でジェネリックも発売済み

ザガーロもアボダート(Avodart)も同じグラクソ・スミスクライン社製の商品です。製品としては0.1mgと0.5mg/錠の2種類が処方されているようです。
製品としてザガーロもアボダートとパッケージが違うだけで、成分はまったく同じものですが、先発薬として発売されたアボダートに続き、同じメーカー製ではありますが、パッケージを変えて日本国内で認可をう受けての発売されています。

ザガーロはAGA治療成分のデュタステリドの開発会社の製品ですが、それでも後発薬ですのでジェネリックになります。つまり、後から発売される同成分の薬は「ジェネリック」として認可を受けることになります。

以前は根拠もなく「ジェネリックは効果が弱い」などと言われる人もいましたが、このザガーロのように同じ成分を使っているのため後発薬として比較的簡単に認可を受けることで来ます。
言い方を変えれば、同じ成分ですので、効果・効能だけでなく副作用も同じもであるはずです。

医薬品の中には海外から医薬成分を輸入して、国内で整形(固めて錠剤へ)している製品も少なくありません。同じ成分、分量なのに異なった効能の製品ができる訳はないですね。

また、「海外の医薬品は効果が強い」などと言う人もいますが、それは異なる成分か1錠あたりの成文量の違いです。AGA治療薬1つでも、抜け毛防止ならば「フィナステリド、ディタステリド」ですが、発毛ならば「ミノキシジル」がAGA治療薬として一般的に選択されます。

ポイント! 先発薬のアボダート(デュタステリド)も後発薬のデュプロストも同じなので安い方を選びましょう。
アボダート
(先発医薬品)
日本では前立腺肥大症の薬としてはグラクソ・スミスクライン株式会社(日本法人)から「アボルブ」という名称で処方されています。
AGA治療薬としては「ザガーロ」という名称となっています。

■通販購入での数量と価格
30錠(カプセル)1箱で販売されていますが、複数購入でディスカウントされるようです。海外製品であるので為替レートで金額が変わってくるようですが、1箱2,000円~から販売されているようです。

■総合的な評価
前立腺肥大症用とAGA治療用などでパッケージ(名称)が変わっていますが、主成分はまったく同じディタステリドです。先発薬という事とAGA治療薬としては海外通販サイトでも取り扱ってない所も少なくくフィナステリドと比較すると高めな価格となっているようです。

病院処方のザガーロですと1箱30個で8,000円~からでしょうか。
処方箋、診察料などを合わせると、1か月1万円~からでしょう。その他にもジェネリックが発売されているようですが、国内のジェネリック品は先発薬と大きな価格差はないと感じるのは、海外製が安すぎるからではないでしょうか。
デュプロスト
インドのシプラ社(世界的な認知度を誇るジェネリック医薬品メーカー)の正規ジェネリック
AGA治療薬のフィナステリド成分のフィンペシアの製造もしているシプラ社製です。正規ジェネリック品として信頼ができるメーカー製です。

■数量と価格
100錠(カプセル)1箱で販売されているのですが、値段的には1錠あたりの単価はアボダートと差はないようです。ただし、まとめ買い価格が前提です。
円安になると海外製品は買いにくくはなりますが、市場での人気度合いの状況によっても価格が変わってくるので、こまめにサイトで値段確認をしておくと良いでしょう。

■総合的な評価
ディプロストのシプラ社は多くのジェネリック製品を合法的に製造販売しております。海外製ではありますが医薬メーカーとして認可を受け、株式上場もしているので問題はないかともいます。前立腺肥大症用のフィンカーはフィナステリド製品としも販売実績があります。
先発薬のアボダートを選択するか、AGA治療薬と前立腺治療薬としての正規ジェネリックの製造・販売実績が長いシプラ社製のディプロストを選択するかは、好みの問題になるでしょう。

◆ザガーロ
(日本国内版先発薬)
上記のアボダートと同じグラクソ・スミスクライン株式会社から日本パッケージでのAGA治療薬。理由はわかりませんが2022年時点でもAGA治療薬として認可を得ているのは日本と韓国のみとなっています。

■通販購入での数量と価格
ザガーロは通販購入ができないため病院処方でのみ入手が可能です。
価格的にも30錠で7,000円前後のようですが自由診療となりますので費用はクリニックによって異なります。
また、「明治、トーワ、サワイ」からもジェネリックが発売されていますが値段はザガーロと殆ど同じです。

■総合的な評価
病院でデュタステリドの処方ですと、ザガーロやザガーロのジェネリックとなりますが値段は同じですの特にこだわりがなければ、どれでもいいでしょう。
AGA治療は自由診療ですのでクリニックによって値段設定が異なりますので、先に価格を確認してから通院をすることをお勧めします。

アボダートは安全性が確認されていますが女性は使用不可

アボダート及びジェネリック品でも女性に使用をすることはできません。これは同系統の抜け毛防止薬のフィナステリド系でも同様な理由で禁止されています。まず、女性が利用しても効果がありません。
女性も男性同様に抜け毛に悩まれてるかもしれませんが、多くの場合は原因が異なるのでアボダートを飲んでも薄毛や抜け毛の悩みの解決にはなりません。
ですが、男性同様に前立腺肥大症のお薬としては利用する事は可能です。

アボダートは女性には影響がないのですが、もし妊娠および妊娠する可能性、または乳幼児がいる場合は、それら子供が直接及び間接的に成分に触れるとホルモン的に悪影響が及び可能性があります。

ポイント! 男性ホルモンに影響するお薬ですから、胎児、子供が摂取すれば性器の発育などへの影響が考えられます。

AGAでも前立腺肥大症でも副作用は同じ

AGA治療で効果が高いといわれているデュタステリドにするか他のAGA治療薬にするか迷うところでしょう。前立腺肥大症の治療でも同様に効果が強ければ、副作用も強めにとなりそうというのは想定済みかもしれません。

アボダート及びザガーロの開発元の「グラクソ・スミスクライン社」が提供している副作用情報が以下のように報告がされています。

副作用症状ディタステリドフィナステリド
勃起不全4.3%0.7%
リビドー減退(性欲減退)3.9%1.1%
精液量減少1.3%0%
過敏症1%未満:発疹
頻度不明:蕁麻疹、アレルギー
反応、瘙痒症、限局
性浮腫、血管浮腫
頻度不明:蕁麻疹、アレルギー
反応、瘙痒症、限局
性浮腫、血管浮腫
精神/神経系1%未満:頭痛、抑うつ気分
頻度不明:浮動性めまい、味覚異常
消化器系1%未満:腹部不快感
頻度不明:腹痛、下痢
その他頻度不明:肝機能異常、倦怠感
、血中クレアチンホスホキナーゼ増加
頻度不明:乳房圧痛、乳房肥
大、抑うつ症状、めまい、肝臓機能異常

お薬ですので副作用は必ず記載がありますので、上記は特に大きな問題ではなさそうですが、男性として気になるのが勃起不全などではないでしょうか。副作用があっても服用を止めれば元に戻るのが基本でしょうが、それでも心配ですね。

比較してもデュタステリドが少し高めな服作用発生率となっているので、勃起不全治療薬との併用が必要になるかもしれません。

当サイトで取扱い中のデュタステリド製品

ディタステリド製品に関してはジェネリック品は種類が少ない事と知名度の問題などで、先発薬のアボダートと後発薬の製品との価格差はあまりないのが現状です。

アボダート(Avodart)0.5mg 【1箱30錠】 GSKファーマ社│デュタステリドの薄毛治療デュプロスト(Duprost)0.5mg 【1箱100錠】 シプラ社│デュタステリドの薄毛治療
商品名シアボダートデュプロスト
特徴先発薬
別名:ザガーロ
定番ジェネリック
知名度NO1
用量0.5㎎0.5㎎
価格30錠:2,296円~
最安値1錠:77円
100錠:7,710円~
最安値1錠:77円
購入アボダート購入を検討デュプロスト購入を検討

AGA選別薬品
▶フィンペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品フィンペシア ▶フィンペシアの効果
フィンペシアの有効成分のフィナステリドは、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。 これによって、脱毛を防ぎ、発毛を促進して薄毛やハゲを改善します。
発毛・育毛促進成分は「ミノキシジル」を選択しましょう。
▶フィンペシアの主成分
フィナステリド
▶フィンペシアのメーカー Cipla Ltd(シプラ社)
プロペシアの効果
日本皮膚科学会によると、男性型脱毛症(AGA)の症状は成分フィナステリドは抜け毛を抑え、髪の毛の再生と発毛促進をサポートします。
プロペシアのAGAの男性への効果:
・抜け毛の進行が遅くなり、育毛が促進される。
・前頭部や頭頂部から額にかけての後退が改善される。
・毛包と毛根が強化される。
・薄毛が健康的な毛髪に改善される。
プロペシアの主成分
フィナステリド
プロペシアのメーカー (メルク社)
プロペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品プロペシア
ミノキシジルのミノタブミノキシジル製品のミノタブ ミノタブ効果
ミノキシジルの服用のタイプのミノタブは発毛/育毛を促します。
ミノタブではAGA(男性型脱毛症)の抜け毛の防止にはなりません。
抜け毛防止と同時にミノタブで発毛力を強化が一般的な薄毛治療です。
ミノタブの主成分
ミノキシジル
ミノタブのおススメ製品 ・ロニタブ(5mg/10mg)、ミノキシートップ5mg
抜け毛防止の効果
抜け毛防止の効果があるのはデュタステリド/フィナステリドの2択。 費用対効果はフィナステリドが1番。費用的に余裕がある人はデュタステリドはフィナステリドより150%の強い効果。

抜け毛防止の主成分
デュタステリド/フィナステリド
デュタステリド/フィナステリド 抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド
AGA
健康クラブ-KENKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました