薄毛治療薬アボダートは通販での購入がお得で便利!高い効果だから調べて利用したい!

AGA

男性の薄毛の原因である脱毛の症状にデュタステリド系のアボダートが注目されています。
これまではAGA男性型脱毛症といえば「フィナステリド」が一択で補助的にミノキシジルが使われていました。
これまでも高い効果で抜け毛の症状を緩和し薄毛の治療薬として知られてはいましたが、普及しない理由は価格!
ですが、ここにきてアボダート(デュタステリド)やそのジェネリックがお手頃価格となってきており利用ユーザが増加中しております。

ただし、これは通販価格が特に顕著なお手頃価格で病院価格でも微妙に価格が下がっているようです。特に海外通販を利用すれば、日本で処方を受けるAGA治療薬と全く同じ医薬品を診察なしで購入できるため、今通販購入する人が増えています。

ジェネリックと先発薬のアボダートの違い

ジェネリックと先発薬のアボダートの違い

先発薬のアボダートとジェネリックとの違いはパッケージだけが基本です。このアボダートは主成分がデュタステリドで、イギリスのグラクソスミスクライン社(GSK)が製造販売しています。


初めは前立腺肥大の治療薬でしたが、副作用としての多毛症(毛生え効果)が確認されてから、日本国内ではAGA治療薬として承認されています。

抜け毛を防止する効果のデュタステリドは先発薬でもジェネリックでも同じ主成分であるので、どの製品も「デュタステリド」を主成分にしてるので、100%同じ効果、効能と言ってもいいでしょう。多少の差分の違いとしては錠剤カプセルの溶けやすさ差異位では無いでしょうか。

先発薬のアボダートがジェネリックの大きな違いは先発薬の製品名の知名度が高いだけです。
アボダートはこの主成分のデュタステリドの製薬特許により独占販売され「アボダート」という商品知名度が高く、商品名がブランド化しているだけです。

今ではその製薬特許の保護期間も終了しているので、他社が同じ医薬品(ジェネリック)を製造販売しています。こと医薬品に関してはカバンや財布などのブランド商品とは異なり、製造自体に差異は殆ど生まれません。入手できる材料や製造に使用する機械にも差異が殆どないので、製造メーカーの違いによる品質の違いは生まれにくくなっています。

医薬品の製造はブランドカバンと異なり、綺麗な円状や奇抜なデザインなどの錠剤を作る必要はありません。薬の錠剤を作る事自体は難易度は高くはないので、どのジェネリック品を使用していも少なくとも「大手メーカー」であれば違いはなく絶対に問題はありません。

病院やクリニックと通販AGA薬との比較

薄毛専門のAGAクリニックでも、最近ではデュタステリドを処方されます。製品名としては国内ではアボダートではなくザガーロというパッケージ名で処方されています。

*アボダートとザガーロは製造国によるパッケージ名称が違っているだけです。中身は同じです。
同じ「GSK社」で成分もデュタステリド(dutasterid)です。

病院処方のザガーロと、通販でのアボダートのどちらがお得なのか値段を比較してみましょう。

病院処方のザガーロ0.5㎎ 30錠 10,000円~

通販でのアボダート0.5㎎ 30錠 2,500円~

AGA治療は自由診療なので「定価」ではありませんので、病院によって費用が異なります。

プラス初診代や再診代、場合によっては検査費用などがかかる場合もあります。また、オプションでサプリメントなどを進められる可能性があるので、いつでも購入はできるので、とりあえず成分名を聞いて断りましょう。

つまり、皮膚科なら診察を受けるのは保険適用される場合がありますので受診だけは病院で行うのもいいでしょう。そして一番費用が掛かるのが保険適応されないザガーロの処方でしょう。
ですので、診察を受けても薬の処方は受けずに帰宅をしてから、通販用のアボダートを購入すれば経済的にAGA(男性型脱毛症)の治療が継続できますね。

どのサイトのまとめ買いがお得で、上記の価格は三越屋の場合を参考にしています。
その他、ジェネリックもあるので比較されるといいでしょう。

アボダートでもある偽物?!

アボダートは海外でもAGA治療薬として人気が高く、世界的に需要があります。アボダートは他の毛生え薬よりも市場価格がが高めであるのと、知名度がそれほど高くもないのでパッケージなどの情報より偽物と本物の区別をつけれる人が少ないこともあり偽物と出会う事もあります。


国内では商品名ザガーロの入手は医師の診察が必要で値段も高い事もあり、通販用のアボダートの購入する人も増加しております。このデュタステリド製剤をAGA(男性型脱毛症)として認可してるのは現状、日本と韓国のみとなっている事もあり流通量も少ない事もあり、他の毛生え薬製剤と比べても価格が高めであり偽物が紛れ込みやすいようです。

例えば、アボダートもそのジェネリックも錠剤タイプはカプセルです。
もし、アボダートの名前で販売されているのに、錠剤だった場合は確実に偽物ですので、絶対に購入したり、飲んだりしないでください。
海外で販売されているジェネリックのデュタステリド製品の中に、錠剤で販売されているものもありますが、アボダートとは違うため偽物ではありません。

副作用が出てもアボダートは偽物ではない

副作用が出てもアボダートは偽物ではない

アボダートだけでなく、薬というは全てに副作用の可能性があります。これは風邪薬や痛み止めなど、どれをとってもあります。眠くなったり、頭が痛くなったり、貧血のような立ち眩みをしたりなど症状は様々ですが、このアボダートにも同様に副作用が出る可能性はあります。このアボダートはフィナステリド系に比べて効果が高いようですが、同時に副作用も高めと報告がされています。

主に性機能不全がフィナステリド系よりも頻度が高くなっていると報告もされています。
*ただ、基本的に服用を止めれば副作用もなくなりますので気になるようでしたら医師に相談をしてください。もし、稀に発生する副作用が発生しても、それは偽物だからではありません。

また、アボダートを何か月も飲み続けたけど薄毛の改善がしなかった、髪の毛がフサフサにはならなかったという人もいるかもしれません。ですが、それをもって偽物と判断するのも正しくはありません
もしかしたら、薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)以外の原因の可能もあります。
このアボダートも100%の治療効果ではないので本物でも効果が出ない事もあります。

何か別の病気や脱毛症の可能性もあるので、効果が無い場合や抜け毛が酷い場合は一度、皮膚科で「保険診療」を診察を受けてみるのも良いでしょう。

または、他の抜け毛防止薬のフィナステリド系や発毛剤のミノキシジルを試してみるのも良いかもしれません。

アボダートの初期脱毛が起きても偽物ではない!!

アボダート等のAGA(男性型脱毛症)の薬を飲み始めると開始してから1週間~1ヶ月ほどの間初期脱毛が起きます。

必ず初期脱毛は起きますが症状による程度の差があるので初期脱毛に気づかない人もいます。

稀に、強く初期脱毛の症状が出てしまい焦る事になり、
これ以上、ハゲを進行させないために抜け毛防止薬としてアボダートを飲んでいるのに、髪の毛がこんなに抜けるんだ?!と絶望するかもしれません。

ですが、この初期脱毛の抜け毛は効果が出ているから、効果が強く得られているからの証拠にもなります。繰り返しますが「初期脱毛が必ず起きます。」それが程度の差があり、且つ、重度なAGA(男性型脱毛症)であれば、強い効果として初期脱毛が発生いたします。

これまで異常だったヘアサイクルを通常の状態に戻そうと頑張っている段階ですので、ビックリせずにそのまま飲み続けましょう。10日から長くても1ヵ月位で抜け毛が確実に減っているのに気づくはずです。

アボダートの効果や副作用・注意点

アボダートの効果や副作用・注意点

アボダートの主成分であるデュタステリドは、別名5α-還元酵素阻害薬と呼ばれています。これはプロペシアで知られるフィナステリド製剤と同じです。

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる周期があり、通常だと長い年月をかけて(最長6年といわれている)髪の毛が生え変わるのに対し、AGA患者は周期が極端に短くなり毛穴の寿命が早くきてしまいます。

AGAの原因だと考えられているのが、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。

このDHTは男性ホルモンのテストステロンと5α-還元酵素が結びつくことで生成されます。

5α-還元酵素をアボダートの服用によって阻害することでDHTが生成されなくなり、ヘアサイクルを通常の状態へと戻してくれるのです。

プロペシアの有効成分フィナステリドは「5α-還元酵素の2型のみ」に作用しますが、デュタステリドは1型と2型の両方に作用します。
そのため、フィナステリド系では効果を得ることができなかった人でも、アボダートだと効果が出たという人もいます。しかし効果が高い分、フィナステリド系よりも副作用が起きる確率が高くなるので、医師によってはデュタステリドを推奨していない人もいます。

アボダートを含めたデュタステリド製品は、女性や未成年など服用できない人もいますので、服用の前に必ず確認しましょう。

献血に注意

アボダートを服用している場合、6ヶ月間は献血を受けることはできません。
つまり基本的にAGA治療をしている人は献血はしない様にしてください。
特に小さい子供や授乳中の女性や妊娠の可能性がある女性が、デュタステリド成分入りの輸血をされるとホルモンに影響がきたす恐れがあります。

飲み始めてから6か月間ではなく、服用を中止してから6ヶ月間ですのでお間違えの無いようにしましょう。
因みにフィナステリド系では服用を中止してから1ヶ月間献血できません。
献血は何か薬を継続服用している場合は、避けるにようにしましょう。

アボダートは通販が継続しやすくお得!

アボダート通販は海外通販でのみ購入が出来ます。

クリニックでは日本名のザガーロが処方されるでしょうが、様々な事情から通院が難しくなってきた人などにとって、アボダートの通販はかなりオススメです。

まずは通院から通販への切り替えは、医師に相談した後にザガーロ又はアボダートで薄毛を治療する方針を決めたのですから、通販で購入できるアボダートを利用しても何の問題もないはずです。

しかも、ザガーロと全く同じものが通販だと四分の一の価格から入手が出来ます。
また価格面だけでなく通院も不要なので、通院時間、通院の交通費なども節約が出来ますね。

実はアボダートは決して高くはありません。これは医師や薬剤師が関わる費用が高いだけです。

AGA選別薬品
▶フィンペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品フィンペシア ▶フィンペシアの効果
フィンペシアの有効成分のフィナステリドは、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。 これによって、脱毛を防ぎ、発毛を促進して薄毛やハゲを改善します。
発毛・育毛促進成分は「ミノキシジル」を選択しましょう。
▶フィンペシアの主成分
フィナステリド
▶フィンペシアのメーカー Cipla Ltd(シプラ社)
プロペシアの効果
日本皮膚科学会によると、男性型脱毛症(AGA)の症状は成分フィナステリドは抜け毛を抑え、髪の毛の再生と発毛促進をサポートします。
プロペシアのAGAの男性への効果:
・抜け毛の進行が遅くなり、育毛が促進される。
・前頭部や頭頂部から額にかけての後退が改善される。
・毛包と毛根が強化される。
・薄毛が健康的な毛髪に改善される。
プロペシアの主成分
フィナステリド
プロペシアのメーカー (メルク社)
プロペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品プロペシア
ミノキシジルのミノタブミノキシジル製品のミノタブ ミノタブ効果
ミノキシジルの服用のタイプのミノタブは発毛/育毛を促します。
ミノタブではAGA(男性型脱毛症)の抜け毛の防止にはなりません。
抜け毛防止と同時にミノタブで発毛力を強化が一般的な薄毛治療です。
ミノタブの主成分
ミノキシジル
ミノタブのおススメ製品 ・ロニタブ(5mg/10mg)、ミノキシートップ5mg
抜け毛防止の効果
抜け毛防止の効果があるのはデュタステリド/フィナステリドの2択。 費用対効果はフィナステリドが1番。費用的に余裕がある人はデュタステリドはフィナステリドより150%の強い効果。

抜け毛防止の主成分
デュタステリド/フィナステリド
デュタステリド/フィナステリド 抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド
AGA
健康クラブ-KENKOclub

コメント

タイトルとURLをコピーしました