お爺ちゃんのハゲは遺伝しやすく薄毛になりやすい

AGA

AGAはフィナステリドミノキシジルなどで確実に改善出来る薄毛の症状として知られています。
そして、なぜ薄毛となるのかの原因の物質は特定はできいます。
これは医薬品として薄毛治療薬が発売されており、多くの結果を出している事からも納得が出来るはずです。
ですが、様々な病気と同様に薄毛になる根本の原因が分かっておりません。
なぜ、薄毛の原因物質が分泌されるようになるか、そして、その物質は薄毛を誘発する以外に、どのような理由で存在しているのか、 薄毛以外に特に身体への悪影響は見つかってはいません。
磯野家のタラちゃんを例に、何故禿やすい要因を持っているのか見て取れると思います。

タラちゃんが禿やすいのは母方が原因

薄毛は遺伝というのは噂ではなく、遺伝子研究の中で発見されています。薄毛になる人の傾向としては母方に薄毛家系である事が統計的にも関連があると報告もされています。


もちろん、母方に薄毛の人がいれば、必ずしも髪の毛が抜けやすく、薄くなる訳ではありませんが確立がかなり高くなるようです。

ヒント! 磯野家でいえば、浪平さんは設定上は54歳ですが、既に頭頂部には1本しか残っていない事からAGAの症状が出ているとキャラクターとして判断してもいいでしょう。

母型(サザエ)側の父(浪平)を薄毛DNAはタラオちゃんに遺伝している可能性が高い!

磯野家の家系図的には「浪平さん又はフネさん」の薄毛「X染色体」は娘(サザエさん)に遺伝し、その薄毛(X染色体)は子供(タラちゃん)へ遺伝するのが確認できます。

この薄毛の原因となる「x染色体」は浪平さんかフネさんのどちらかから貰うことになるので50%の確立になります。
つまり、男の兄弟間で家系が同じなのにハゲる場合とハゲない場合があるのはこのような理由なようです。

薄毛遺伝子を引き継いでしまう確率は25%
薄毛遺伝子を引き継いでしまう確率は25%

兄弟間での毛髪の差が出るのは、祖父か祖母の2択なので確率的には50%ですが、更に女性として生まれる可能性も含めると、更に半分となり、薄毛確率は25%程となるようです。

ですので母方の祖父が薄毛でもAGAにならない可能性もあります。
このような事実から兄弟でも兄のみ、あるいは弟のみ薄毛化するという状況が発生するのです。

ポイント! 母方の祖父が薄毛だと自分も薄毛になる可能性が遺伝的に高いようです。

ハゲの遺伝は染色体から確認されている

ハゲが遺伝が影響するというのは遺伝子レベルで確認が出来ています。
実際に2005年に米誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマンジェネティクスへ研究結果を発表されており、ボン大学のアクセル・M・ヒルマー博士とその研究チームは、ハゲが遺伝する原因をつきとめられています。

X染色体は母親からのみ受け継ぎ、ハゲは優性遺伝(特徴が現れやすい遺伝子)するため「薄毛の原因は母親」と明確になりました。母方の祖父の影響が大きく「薄毛が隔世遺伝する」といえるでしょうが、必ずAGAとしての症状として抜け毛が進行するわけではありません。

ヒルマー博士は「薄毛に影響する遺伝子は他にも存在すると思われるので、必ずしも一概にX染色体の影響のみとは言い切れない。」と述べています。つまり他にもAGAの原因となる遺伝子は見つかってないかもしれません。

遺伝の次にはストレスが要因

薄毛の原因は遺伝などの要因以外には、やはりストレスだと感じるこの頃です。
まずは、この2つの違いですが、香港と中国大陸では同じ系統の民族ではありますが、生活のストレスが全く違います。
とにかく香港側は労働者に厳し労働環境なのです。
中国大陸の方が政治体制からも国民に犠牲をしいていて、沢山ストレスを感じているとお思いでしょうが、実は違います。中国大陸の方はかなり労働者への保護は手厚くなっています。
そして、中国、香港人を見ていて感じているのが、基本は同じ民族ですが香港人の薄毛の認識率が非常に高く感じます。
*街中で薄毛の人と出会う確率が高い。
その点において、中国大陸側の人は「少ない」、薄毛の人が少ないく感じています。
恐らく中国大陸は広いので地域によっては「違う」という人もいるは思いますが。

ストレスで抜け毛が多くなるのは、医学的にもしっかりと確認されているのですからね。
精神的にストレスをためない抵抗で抜け毛も回避したいですね。

AGA選別薬品
▶フィンペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品フィンペシア ▶フィンペシアの効果
フィンペシアの有効成分のフィナステリドは、AGA発症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。 これによって、脱毛を防ぎ、発毛を促進して薄毛やハゲを改善します。
発毛・育毛促進成分は「ミノキシジル」を選択しましょう。
▶フィンペシアの主成分
フィナステリド
▶フィンペシアのメーカー Cipla Ltd(シプラ社)
プロペシアの効果
日本皮膚科学会によると、男性型脱毛症(AGA)の症状は成分フィナステリドは抜け毛を抑え、髪の毛の再生と発毛促進をサポートします。
プロペシアのAGAの男性への効果:
・抜け毛の進行が遅くなり、育毛が促進される。
・前頭部や頭頂部から額にかけての後退が改善される。
・毛包と毛根が強化される。
・薄毛が健康的な毛髪に改善される。
プロペシアの主成分
フィナステリド
プロペシアのメーカー (メルク社)
プロペシア AGAはフィナステリド製品の1つフィンペシアフィナステリドの製品プロペシア
ミノキシジルのミノタブミノキシジル製品のミノタブ ミノタブ効果
ミノキシジルの服用のタイプのミノタブは発毛/育毛を促します。
ミノタブではAGA(男性型脱毛症)の抜け毛の防止にはなりません。
抜け毛防止と同時にミノタブで発毛力を強化が一般的な薄毛治療です。
ミノタブの主成分
ミノキシジル
ミノタブのおススメ製品 ・ロニタブ(5mg/10mg)、ミノキシートップ5mg
抜け毛防止の効果
抜け毛防止の効果があるのはデュタステリド/フィナステリドの2択。 費用対効果はフィナステリドが1番。費用的に余裕がある人はデュタステリドはフィナステリドより150%の強い効果。

抜け毛防止の主成分
デュタステリド/フィナステリド
デュタステリド/フィナステリド 抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド抜け毛を防ぐデュタステリド/フィナステリド
AGA
健康クラブ-KENKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました