通販・フォシーガで糖質制限ダイエット

ダイエット

当店(三越屋)でも人気のダイエット医薬品として「フォシーガ錠」があります。
こちらは、元々がSGLT2阻害薬の1つであり「糖尿病・心不全・腎不全」のためのお薬なのですが、身体の中の余分なエネルギー(糖分)が抜かれることからダイエット薬としても使われています。

ダイエットが苦手な人は食事制限や運動などが苦手かと思います。例えば、オニギリ1つ(180kcal)を運動で消費するには、ランニングでも15~20分、ウォーキングが1時間と大変ではないでしょうか。

そのウォーキング1時間分のカロリーがフォシーガ1錠で削減できるのですから人気が無理せず効率よく痩せるにはうってつけかもしれません。

この「フォシーガ錠」を飲むだけでダイエット効果があるかは、簡単に理解できると思います。

通販で安いフォシーガ錠とは?

当店取り扱いのフォシーガ錠は若い人からの注文が多くある医薬品です。
フォシーガ錠とはSGLT2阻害薬の1つであり、糖尿病・心不全・腎不全の治療薬として知られていますが美容系クリニックではダイエット薬として認知されています。

糖質制限ダイエットと同等なダイエット効果ですが「食べても痩せれる」。

美容系クリニックでは1か月分で「2万円~」で販売されているフォシーガ錠ですが、当店(三越屋)のような病院を介さないので通販で安く買えるので人気なのが分かりますね。

病院処方と同じフォシーガ錠(アストラゼネカ製)で違いは海外工場製とういう事です。

当店のフォシーガ錠は28錠で5,000円位です。
為替レートの差異で価格は変動します。

フォシーガにはまだジェネリックはありません

フォシーガは2014年1月に国内で製造・販売承認が得られているところからも、製薬特許の保護期間は特許出願した日から20年間。ただ、医療用医薬品に限っては20年間に「治験期間」「承認審査期間」を上乗せされるため有効期限は最長25年間となります。

今のところインドでも大手製薬会社でもジェネリックを販売しておりませので、安いジェネリックの調達は難しいです。
ですが、海外経由で通販購入ですと日本国内の薬価の縛りや、病院費用も掛からないので先発品ではありますが、ジェネリックでなくても十分に安く入手が可能です。

SGLT2阻害薬ってどんなお薬?

フォシーガはSGLT2阻害薬の1つで保険診療上も2型糖尿病の治療薬として適応を受けていますので用法・用量を守って人が服用する事が出来ます。

フォシーガはSGLT2の「阻害剤(そがいざい)」ですので、働きを邪魔する性質があります。
そもそも、このSGLT2は腎臓にある膜タンパク質(細胞などの膜の中にあるタンパク質)のことで、糖が尿へ逃げてしまわないようにする働きを持っています。
つまり、「糖が尿へ逃げてしまわない」働きを「阻害」するのでフォシーガ錠を飲むと、体内の糖分の排泄が促進され、結果として血糖値を下げる作用があります。

摂取した糖分をオシッコで排出が出来るので減量効果が得られます。

もともとフォシーガ錠は糖尿病などの糖を出す薬

フォシーガ錠は以下のように患者様にもダイエット同様に血糖値を下げる目的で使用されています。

  • 2型糖尿病治療薬
  • 1型糖尿病治療薬
  • 慢性心不全治療薬
  • 慢性腎不全治療薬

フォシーガとは2014年に日本で承認されたSGTL-2阻害薬です。
主に糖尿病の治療薬として保険適応で処方されていますが、ダイエットが目的とする場合は自由診療となるので高額医療となります。

当店のフォシーガ錠は28錠で5,000円位です。
為替レートの差異で価格は変動します。

フォシーガ錠で体重減少する理由は?

フォシーガは糖尿病・心不全・腎不全の治療以外にも、ダイエット効果を期待して利用する場合があります。フォシーガ錠がダイエット向けに利用できるのは、フォーシガ錠の主成分である「ダパグリフロジンプロピレングリコール」は糖分を尿で排泄する働きがあります。

服用により体内から60〜100gの糖が排泄されるようになります。

糖は1gあたり4kcalのエネルギー量があるため、1日あたり240〜400kcalが排出されることになります。

1ヶ月あたりの換算では約7,200kcal ~12,000kcalの排出効果が期待されます。

体重1㎏の減量には、約7,000kcalのカロリーが削減が必要といわれていますので、1ヶ月で約1-2kgの減量効果が期待できます。

フォシーガのダイエット効果はいつから?

体重減少効果が期待できるフォシーガですが、即効性はありますがダイエットの効果を感じるのは時間がかかります。
フォシーガの服用は一種のカロリー制限と同様です。毎日、服用する事で少しずつカロリーオフが可能になるので無理なくダイエットが進むはずです。
無理な断食ダイエットなどだと、筋肉も痩せてしまったりとリバウンドで却って体重が増えてしまう事もありますが、フォシーガによる糖質カットのダイエットだと健康的に美しくダイエット効果が続くことが期待できます。

毎日、フォシーガを服用すれば1日あたり以下位の運動量分のカロリーが削減できます。

・ランニング → 15~20分
・ジョギング → 25~30分
・ウォーキング → 約1時間
・ウォーキング(早歩き) → 約40分
・自転車(ママチャリ) → 約30分
・自転車(クロスバイク) → 約25分
・自体重の軽い筋トレ → 約50分
・強度のウェイトトレーニング → 約30分

これら消費カロリーは体重や運動の激しさでも変動するので、あくまで平均的な目安としてください。

フォシーガで太った口コミ評判

口コミなどの評判を見ると、フォシーガで逆に太り始める人もいるようです。
これは長期間フォシーガを飲み続けることによって確実に血糖値が下がる事になります。
ですが、人には活動に必要なカロリーがありますが、カロリーが不足すれば身体の脂肪の燃焼が始まり減量が開始されます。
ですが、残念ながら都合よく脂肪だけが減るのではなく筋肉も減ってくるので、フォシーガで逆に太ってしまう口コミを見かける事になります。

よくあるダイエットとの失敗でリバウンドがありますが、これは極端な食事制限で筋肉(新陳代謝)が落ちてしまうことで、1日に必要なエネルギー量が減っていき太りやすい体質になります。

既に食事制限をしているなかでフォシーガで糖質が制限されるのは筋肉も減少し減量してきますので、食事制限をしてもタンパク質の摂取には心がける必要があります。

フォシーガの服用方法

フォシーガは通常、成人では5mgを1日1回1錠(5mg)服用してください。

効果が不十分な場合は、10mgを1日1回1錠(10mg)まで増量で服用が可能です。

食事による臨床的な影響は受けませんし、飲む時間帯も特に決まりは無いようです。
ですが、毎日同じ時間に服用すると安定した効果を得ることができます。
例えば、夜寝る前(0時)に飲んで、翌朝(7時)の飲んでしまうと服用間隔が7時間となります。
それが毎日決まった時間ならば24時間間隔になるので、安定して効果が持続するという理屈です。

初めてフォシーガを服用する人は稀に急激な低血糖で立ち眩みがあったりしますので、お薬の加減を知ってから外出をするようにすると良いでしょう。

フォシーガの副作用

フォシーガを服用中に以下のような症状がみられる場合があります。用法用量を守れば副作用も稀な症状です。ですが、稀に重度な副作用の可能性もありますので無理なダイエットなどをしないしてください。

サプリや健康食品と異なり、医薬品はシッカリとした作用が働きますが主目的とは異なる作用がおきるのは仕方がない事です。一般的にはそれは気にならない程度ですが稀に強く副作用が出る場合があります。

低血糖

糖分を体外に排出するため低血糖(血糖値が下がること)が起きることがあります。
低血糖になると、汗をかく、脈が速くなる、震え、顔が青白くなるという症状から始まり、頭痛、目のかすみなどが現れ、最終的にけいれんや昏睡状態に陥ることもあります。

低血糖症状が現れた場合には、糖質を含む食品を摂取するなど適切な対応を行いましょう。ただし、他の糖尿病治療薬などと併用しなければ低血糖を起こす可能性は低いとされています。

ケトアシドーシス

ケトアシドーシスとは、体内にケトン体が増え、体液が酸性に傾いた状態のことです。昏睡状態に陥ることもあるため、倦怠感など異常を感じたら服用を中止し、必要に応じて医療機関を受診しましょう。

頻尿・喉が渇く・脱水

糖が尿により排出する時に身体の水分もいつもより多く排泄されるようになります。
これにより、尿量が増えて頻尿になったり、体が乾燥し喉が渇きやすく、脱水症状などが起きやすくなるようです。
対策としてはフォシーガ錠を利用中はいつも以上に水分補給を多くとるようにしましょう。
普段よりも、1日あたり500mlくらい多く水分をとりましょう。

体調がすぐれない時は無理せずお薬を休みましょう。

尿路感染症・性感染症

尿路感染症や稀に膣カンジダ症などの性器感染症が起こることがあります。
特に女性の場合は、尿路感染症に注意が必要で、膀胱炎などの尿路感染症を繰り返しやすい方は特に注意が必要です。予防策としては、水を多めに飲んで、おしっこを我慢しないことが大切です。

フォシーガの費用はどれくらいかかるか?

フォシーガ錠は病院でも処方が可能ではありますが、保険適用条件としては「糖尿病・心不全・腎臓病」などの治療薬となります。
つまり、ダイエット目的では全額自己負担となります。

美容系クリニックなどを含めて相場では2万円/月~位が目安ですが、自由診療とは、つまり定価が無いわけですのボッタクられないように配慮は必要ですね。

その点、海外ジェネリックならば明瞭会計ですので、お金に余裕がない人は通販フォシーガもご利用ください。

ダイエット
健康クラブ-KENKOclub

コメント

タイトルとURLをコピーしました