ED治療薬を輸入すると逮捕される事例

購入方法

ED治療薬が海外メーカーから購入で、とても安価に輸入が出来ます。ですが、海外ジェネリックというと何か非合法な行為で逮捕されたりするのでは?とご心配されるかもしれません。
少なくとも当店は経由でのお求めならば問題はありません。当店は正規の認可を受けておりますし、取り扱い商品は全て本物です。

海外医薬品の個人輸入は厚労省も許可していますが、毎年のように海外から医薬品を輸入し逮捕される人がいます。決められたルール中での個人輸入ならば問題はありません。以下、ご参考にして個人輸入をお楽しみください。

医薬品の海外輸入で逮捕される事例

いくつかの過去にありましたバイアグラやシアリスの国内販売等での逮捕事件を列挙しました。
どれも逮捕自由は違法に医薬品の販売をしているために逮捕されています。
海外医薬品で問題になる自由としては以下のような形で取り締まりの上で逮捕されるようです。

1.偽物:バイアグラなどの商品名(パッケージなど)を偽って製造・販売
2.模造品:偽物と同様であるが通常の成分より多くした強力(危険)な製品を製造・販売
3.無許可販売:販売医薬品の販売許可がなく販売し金銭を得る

検挙されているは一部ですが、捕まると分かっていやってるんでしょうね。
購入した側も問題なく効果を感じられれば、警察に訴える事もしないですからね。

無許可で偽シアリス販売容疑、数倍の成分量入り。2人を書類送検―警視庁(2022/05)

模造品としてシアリスの成分(タダラフィル)を使用したキャンディを販売して逮捕されたようです。

無許可で偽シアリス販売容疑、数倍の成分量入り。2人を書類送検―警視庁(2022/05)
無許可で偽ED薬販売容疑 有効成分数倍、2人を書類送検―警視庁(2022/05)

偽の男性機能不全(ED)治療薬を無許可で販売したなどとして、警視庁生活環境課は25日までに、医薬品医療機器法違反容疑で、会社員の男性(56)=さいたま市=ら2人を書類送検した。いずれも容疑を認めているという。




同課によると、2人は国内で承認されているED治療薬「シアリス」と比べ、有効成分の含有量が数倍の「ハマーキャンディ」と「キャンディ5150」をマレーシアから輸入。 フリーマーケットサイトで3粒3280円で販売するなどし、2019年8月~21年4月、計約900万円を売り上げていた。

バイアグラ模造品販売容疑で逮捕(2021/12)

偽造品ではなく模造品を押収したとされているので、恐らく本物より1錠あたりの成分量が多い製品でしょう。

バイアグラ模造品販売容疑で逮捕(2021/12)
性機能改善薬「バイアグラ」などの模造医薬品を販売したとして、近畿厚生局麻薬取締部は、いずれも韓国籍の飲食店経営、梁京叔(ヤンキョンスク)(49)=大阪市住吉区庭井1丁目=と無職、浅野恵子こと李恵順(リヘスン)(66)=同市浪速区恵美須西2丁目=の両容疑者を医薬品医療機器法違反(模造医薬品の販売、販売目的貯蔵)の疑いで逮捕し、1日に発表した。容疑を認めているという。
 同部によると、両容疑者は9月17日、大阪市中央区のビル内に入る店舗で、客を装った同部の麻薬取締官に、性機能改善薬「シアリス」の模造品計30錠を販売した疑いがある。見た目は本物の錠剤に似ていたが、同部がメーカーに問い合わせたところ、偽物とわかったという。
 同部は10月に李容疑者をこの容疑で逮捕。店舗などを捜索し、シアリスやバイアグラなどの性機能改善薬を装った計6万2883錠の模造品を押収した。梁容疑者もその後、同容疑で逮捕。李、梁両容疑者は模造品を貯蔵した容疑でも再逮捕された。大阪地検は11月、販売・貯蔵の両方の罪で起訴した。

バイアグラ成分薬を販売 鉄工会社社長らを逮捕(2017/06)

バイアグラ成分薬を販売 鉄工会社社長らを逮捕(2017/06)
バイアグラ成分薬を販売 鉄工会社社長らを逮捕(2017/06)

性機能改善薬「バイアグラ」の偽物を持っていたとして、愛知県警は、大阪市生野区新今里3丁目、自称自営業高宗玄容疑者(44)=韓国籍=を商標法違反(商標権侵害)の疑いで現行犯逮捕し、27日発表した。容疑を認めているという。  生活経済課によると、高容疑者は26日、自宅で、ファイザー社製「バイアグラ」の模造品30錠を譲渡目的で所持していた疑いがある。ほかに、バイアグラなど性機能改善薬の模造品約10万錠もみつかった。  県警は昨年8月、県内の電柱に貼られた「バイ○グラ」などと書かれたチラシを発見し、捜査を開始。今年1、2月に愛知県や大阪市の模造品の密売人の男女4人を逮捕し、4人に商品を供給していた高容疑者を特定したという。  このうち、愛知県の密売人は、模造品の販売で2010年ごろから約1億8千万円分売っていたという。県警は、高容疑者が模造品を仕入れて密売するグループの中心人物とみて調べている。

「バイアグラ」模造薬を無許可販売、大阪の男を逮捕(2015/01)

バイアグラを模造した未承認薬とあるので海外のジェネリック薬品を許可を得ずに販売をしたのでしょう。海外ジェネリックの輸入自体は違法ではありませんが日本国内では許可なく販売はできません。

「バイアグラ」模造薬を無許可販売、大阪の男を逮捕(2015/01)
「バイアグラ」模造薬を無許可販売、大阪の男を逮捕(2015/01)
医薬品販売の許可を得ず、性的不能治療薬「バイアグラ」を模造した未承認薬を販売、保管したとして、兵庫県警生活経済課などは21日、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反などの容疑で、大阪市浪速区日本橋東の自称健康食品販売業、鈴木敏博容疑者(63)を逮捕した。容疑を認めているという。


逮捕容疑は平成26年10月~同12月、医薬品販売業の許可がないまま、尼崎市や姫路市などの55~77歳の男性3人に、バイアグラを模造した未承認薬計22錠を計2万3100円で販売した上、大阪市天王寺区の健康食品販売店で同薬169錠を保管したとしている。  同課によると、鈴木容疑者は昨年6月以降、スポーツ新聞の広告などを通して販売し、40人以上から数十万円を売り上げたという。薬は大阪市内の業者から仕入れたとみられ、県警は流通ルートの解明を急ぐ。

バイアグラを無許可販売容疑 警視庁、男逮捕(2010/09)

薬効成分が通常より多い国内未承認のタイプとあります。
注意したいのは日本国内では1錠の仕様が50㎎とされていますが、海外では100㎎/錠の仕様です。

バイアグラを無許可販売容疑 警視庁、男逮捕(2010/09)
バイアグラを無許可販売容疑 警視庁、男逮捕(2010/09)
性的不能治療薬「バイアグラ」の偽物を販売していたとして、大阪府警生活環境課などは7日までに、山口組系組員、谷本秀信容疑者(34)=大阪市鶴見区横堤=ら2人を薬事法違反(医薬品の無許可販売)の疑いで逮捕した。 同課は2月、偽バイアグラを販売していたとみられる3人(いずれも同法違反罪で起訴、公判中)を逮捕しており、谷本容疑者らがこの3人に指示を出していたとみて捜査を進めている。
逮捕容疑は2009年9月、谷本容疑者らが共謀し、大阪市福島区の路上に駐車した乗用車内でバイアグラと同一の成分を含む薬など約500錠を保管していたほか、大阪府や兵庫県などの男性7人に計84錠を約7万4千円で郵送し、無許可で販売した疑い。
販売したのは薬効成分が通常より多い国内未承認のタイプ。看板には「バイ6グラ」などと薬名の一部を数字やギリシャ文字などに置き換えて伏せ字にしていた。

偽バイアグラ販売容疑で2人逮捕 大阪府警(2010/05)

「バイアグラと同一成分を販売」とあり、海外では2010年ごろに既にバイアグラの製薬特許が終了している国もいあるので、もしかしたら海外版のジェネリック品かもしれません。

偽バイアグラ販売容疑で2人逮捕 大阪府警(2010/05)
偽バイアグラ販売容疑で2人逮捕 大阪府警(2010/05)
性的不能治療薬「バイアグラ」の偽物を販売していたとして、大阪府警生活環境課などは7日までに、山口組系組員、谷本秀信容疑者(34)=大阪市鶴見区横堤=ら2人を薬事法違反(医薬品の無許可販売)の疑いで逮捕した。
同課は2月、偽バイアグラを販売していたとみられる3人(いずれも同法違反罪で起訴、公判中)を逮捕しており、谷本容疑者らがこの3人に指示を出していたとみて捜査を進めている。
逮捕容疑は2009年9月、谷本容疑者らが共謀し、大阪市福島区の路上に駐車した乗用車内でバイアグラと同一の成分を含む薬など約500錠を保管していたほか、大阪府や兵庫県などの男性7人に計84錠を約7万4千円で郵送し、無許可で販売した疑い。

上記のように医薬品の輸入して逮捕される人がいますが、基本的に当店扱いの製品でしたら、ED治療薬においても国内で販売さえしなければ問題はありません。
仮に効果(成分)が数倍の模造品を間違って?購入されても、それ自体は法律には違反にはなりませんが、税関で発見されれば没収、破棄となり受け取りができなくなる事もあります。

2010年前後は偽物バイアグラがネット経由で流通した

バイアグラは米国では1998年3月に流通が始まり、日本では1999年から販売がされていました。これより、数年後の2014年には日本国内でのバイアグラの成分の製薬特許の保護期間が満了し、正規のジェネリック品の販売が出来るようになりました。しかし国によっては2010年頃に既に特許が失効している国があったりインドにおいては特許自体を保護しない政策があるなどがありました。

「VIGOUR」という製品として販売。
偽造品ではなく危険な模造品の類ですね。

製品名は微妙に違うので偽物ではなく模造品の部類ですね。
ただし、標準的な100㎎/錠の8倍?の用量なので身体が爆発しちゃいそうですね。


当初は偽物を製造するにしても成分の入手が難しい状況でしたが国によっては製薬特許保護期間が終了した事もあり正規に成分の製造ができるようになり偽物業者でも成分の入手ができるようなってきました。

このようにバイアグラ自体の主成分(シルデナフィル)が入手できれば容易にジェネリックの製造が可能でもあり国外では早々に非正規のジェネリックが流通がしておりました。
同時に商標権(コピー品)など規制が緩い国からはパッケージを偽装した「効果がある偽造品」が出回り始めたのが2010年以降なようです。

ED治療成分の入手が難しかった当時は効果がないなどの偽物が多かったのですが、次第に効果が正規品と同じ、そして、より強力な模造品が出始めてました。実際に、これらの危険な強化版は効果が強いのは確かですが、同時に副作用が強すぎるとしてされています。

成分が2倍、3倍の無茶な製品は中国製が多かったようです。

営利目的のバイアグラクリニックが増えた時代

バイアグラなどのED治療薬は保険の仕様が出来ない高額医療品です。
ED治療薬の入手には医師の診察(問診)を経て処方箋が必要な上、疾病の治療ではなく生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を改善する生活改善薬であるため、勃起不全薬の処方は健康保険の診療報酬が適用されない自由診療扱いとなる。

そのため、各医療機関が診療費から調剤薬価まで、自由に価格を設定することができる。そのため、多くのED専門クリニックが生まれ暴利をむさぼっていました。

2000年以降の日本のバブル崩壊後に普及したバイアグラでもありますが、私の記憶している限りでは1錠1万円前後でも取引がされていました。
ですが、現在ではネットから適正価格がすぐに調べることもできるので「ボッタクリ」なクリニックも淘汰されてきた状態でしょう。

最近はEDクリニックも自社のサイトで価格表を提示しているようです。
通販可能な正規のジェネリックとの価格競争となっているのでクリニックでも海外ジェネリックを取り扱い始めているところも出てきているようです。

それでもED治療薬で毎年、逮捕者が現れる

ED治療薬に限らず海外のお薬を購入するのは少なくとも日本国内では禁止はされておりません。
*一部、禁止薬品はありますのが当店取の商品は全て正規品で輸入可能な成分です。

ニュースとなるのは一部ではありますが、医薬品の輸入に関する逮捕者が出ております。
これは日本国内で海外医薬品の通販購入は「個人輸入」で「個人使用」という制限があります。
つまり、輸入した医薬品の転売や譲渡は禁止されております。利益を得なくても人に譲渡はできません。

「医薬品の違法な転売行為の罰則」は以下です。
薬機法24条1項に違反して、医薬品販売業の許可なく医薬品を転売した場合には、薬機法84条9号によって、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらを併科されることがあります(薬機法84条)。

稀にフリマサイトなどで、海外で購入した薬を販売する人もいます。知ってか知らずかではありますがある日、急に逮捕状をもって連行される可能性もあるのでご注意ください。

ED治療薬の購入で逮捕や面倒な事にならないためには?

その他、ED治療薬の個人輸入で注意したい点としては輸入量(通販通販)として1か月分の輸入制限があります。この制限を超えて後で発覚すると問題になる事もありますが、通常は税関で見つかり受け取りが出来なくなったり送り元へ返送されてしまいます。
また、未承認医薬品や偽造品医薬品は麻薬や覚せい剤犯罪の捜査官も取り締まりに行うようですので、知らずに怪しい医薬品を輸入すると面倒な事になるので注意が必要です。

恐らく一般の人では本物と偽物や模造品の区別はつかないはずですので購入先には十分注意が必要です。国によっては日本では違法な品が違法ではない場合もあるので商品到着してから面倒なことに巻き込まれない様にしたいですね。ですので、当店(三越屋)のような正規品のみを取り扱ってるサイト経由で購入する事を推奨します。

バイアグラなどのED治療薬は、個人使用の前提で輸入が許可されているので1か月分を超えて輸入が出来ません。

ED治療薬(バイアグラ vs カマグラ)は何個買える?

通販でED治療薬を購入する場合は、様々なメーカーから同成分の製品が販売されております。
また、ゼリータイプやトローチタイプなど、異なる製品だから1度にたくさん通販できると誤解されるかもしれません。
バイアグラとジェネリックをそれぞれ試しに買ってみたら受け取りが出来なくなってしまった。というのはよく聞きます。例えば、バイアグラとバイアグラのジェネリックのカマグラゴールドをそれぞれ同時購入したところ、合計で1か月分以上となっていた。

バイアグラとカマグラは全く同じ成分なので輸入制限(1か月分)は合計数で1か月分として注文をしてください。

まずはバイアグラとカマグラゴールドは異なるメーカー製ではありますが成分は同じで1錠あたりの成分量も同じものがあります。比較する対象としては「メーカー」以外は全て同じ仕様となっています。

製品名:バイアグラ100㎎
成分:シルデナフィル100㎎
メーカー:ファイザー製薬
内容量:4錠/箱
商品参考:バイアグラ100㎎

製品名:カマグラゴールド100㎎
成分:シルデナフィル100㎎
メーカー:アジャンタファーマ社
内容量:4錠/箱
商品参考:カマグラゴールド100㎎

確認するポイントとして以下のようになります。

・1ヵ月は30日分にする。

・1か月分の成分シルデナフィルの量で計算

・シルデナフィルの服用最大量は100㎎/日

・バイアグラもカマグラゴールドも主成分は同じ

・1箱4錠入りなので7箱が1か月分

上記を踏まえて通販注文をする場合は製品ごとに違いはなく、成分を目安としてください。

例えば、バイアグラを3箱(12個)」と「カマグラは4箱(16個)」で合計7箱(28個)で1か月分(30個以下)と計算できます。

カマグラゴールド50㎎ならば2倍の量の注文

1日何MG飲みますか?

カマグラゴールド100㎎ならば7箱を1度に注文できますが、これはカマグラゴールド50㎎ならば、2倍の14箱の注文が可能です。
*ご自身が100㎎/錠を使用するという前提です。

カマグラゴールドの成分シルデナフィルの用量は1日100㎎が上限とされていますので、50㎎の錠剤ならば1日2錠を100㎎として服用が出来ます。

つまり50㎎ならば「15箱 x 4錠 = 60錠/2錠 = 30日」ですので15箱を一度に注文が可能です。

税関から稀に確認の連絡がある場合がありますが嘘の申告はしないようにしてください。
カマグラ50㎎/日で利用する予定ならば、1か月分の量は7箱です。

これらの考えは全ての医薬品の個人輸入に適用します。

購入方法
健康クラブ-KENKO

コメント

タイトルとURLをコピーしました