Cipla(シプラ)

Cipla(シプラ)



シプラ社は1935年の設立の株式も上場している80年以上の歴史をもつ製薬会社で主に抗癌剤、抗生物質、呼吸器・心血管疾患・関節炎・糖尿病・うつ病などへの1500種類以上の治療薬を製造販売しています。

株価:Cipla

ケンブリッジ大学で博士号を取得したユスフ・ハミード博士により設立され、新興国のHIV患者のために1日1ドル未満の低価格のエイズ治療薬を製造するなど世界的にも有名な会社でもあります。
ジェネリック医薬品をインドで生産し、開発途上国の多くの人々に安価な医療を提供するだけでなく、AGA治療薬のフィンペシア、ED治療薬タダシップ等でも知られています。

世界10ヶ国にある製薬工場に全てにおいて、医薬品の国際標準品質規則であるWHOGMPの承認がなされているので、高い安全性、信頼性からも支持されています。

製薬会社名 シプラ (Cipla)
本社 所在地 インド、ムンバイ
設立年 1935年
取締役 ユスフ・ハミード博士(Dr.Y K Hamied)
公式サイト https://www.cipla.com
年間売上高 およそ325億ドル (2020年)
従業員数 20000人





参考:
シプラ社(会社情報)

シプラ-Wikipedia

【インド・シプラ】日本市場への参入で着々と準備(薬事日報)

インドの製薬企業シプラ社がエイズ治療薬を安価に提供