健康ひろば

防止率95%のアイピルとは!?アフターピルを通販で購入する方法と併せてご紹介

防止率95%のアイピルとは!?アフターピルを通販で購入する方法と併せてご紹介

パートナーがいらっしゃる多くの皆さんは普段からセックス時にはコンドームなど避妊道具を使用していると思いますが、現代の日本においては、まだまだ性に対する意識が弱いことも事実としてあります。

日本の若者で10代の妊娠中絶は1日で約53件にものぼり、例えば、コンドームのゴムアレルギーの方や意図的にコンドームを装着せず行為に至る無責任なケースが見受けられます。

また、若者以外でも不倫や浮気によって望まない妊娠をするケースもあります。

性に関する教育不足も原因ですが、予防以外に対処法として知っておくべきことはあります。

そのようなケースでは多くがアフターピルを求めるのですが、どのようにして購入すればいいのかわからない、通販での購入だと専門家による助言もないので不安に感じる方もいらっしゃいます。

そしてそもそもアフターピルいついてもよく知らず、周りに言われるがままというケースもあります。

本記事ではアフターピルとして妊娠防止率が95%と高い「アイピル」について、どういった避妊薬なのか、通販で購入する際のポイントなどをご紹介していきたいと思います。


アフターピルであるアイピルとはどんな薬なのか


性行為時において望まない妊娠をした場合などといった理由でアフターピルを使用しますが、アフターピルとして扱われるアイピルとはどんな避妊薬なのでしょうか。

アイピルは緊急避妊ピルと呼ばれ、高確率での妊娠を防ぎます。

そして日本で承認されているアフターピルとして、ノルレボのジェネリック医薬品になります。

その避妊防止率は服用するタイミングが72時間以内だと58%、また24時間以内だと95%と高い防止率になります。

アイピルの服用が早ければ早いほどその効果は大きいのですが、120時間程度での服用も効果があるとされています。

しかし、アフターピルを服用したとしても妊娠する確率を100%防ぐことができない点には留意する必要はあります。


アフターピルの成分と効果について


アフターピルであるアイピルの成分は「レボノルゲストレル」であり、効果の強さからも妊娠している可能性のある方は注意しなければなりません。

また、胎児に悪影響を及ぼす可能性が高く、中絶薬ではないので中絶する効果はありません。

その他の薬を服用されている方は服用する前に医師に相談するようにしてください。


アイピルによる避妊について


アフターピルであるアイピルを服用するとアイピルに含まれた多量の女性ホルモンによって、体内にあるホルモンバランスが大きく変化し、強制的に妊娠しない状態を作り出します。

これはアイピルに含まれた多量の女性ホルモンを一度に体内へ取り込むことによって、排卵後と同じ環境を作ってしまうからです。

そうなると、子宮内での受精卵着床の妨げとなり、精子の侵入を防止してしまうのです。



副作用について


服用後の副作用については、主に吐き気や頭痛、倦怠感、不正子宮出血や下腹部の痛みなどがあります。

また、服用後50%以上の確率で次の生理の時期がズレる可能性がありますので注意してください。



アフターピルの通販での購入


アフターピルを購入する場合、保険が適応されないため価格帯が医療機関によって違い、診察料や処方代を含め、15000円~30000円ほどかかります。

また、アフターピルは医薬品のため、薬局での市販はなく、通販として購入する場合でも楽天やAmazonでの取り扱いは禁止されており、購入することができず、メルカリなどのフリマアプリでも取引することは禁止されています。

薬機法という法律によって国内での医薬品の通販は禁止されているのです。

しかし、個人輸入代行から海外輸入する場合はジェリック医薬品として4000円~5000円前後で購入することが可能です。


メリット


アフターピルを通販で購入する場合、前述した通り、価格としては通常の医療機関で購入するよりかなり安価に入手することが可能となっております。

また、国内での入手には医療機関に行く必要があり、手間がかかります。

海外での個人輸入では正規な方法およびきんとしたプロセスから安心して購入することができるのがメリットです。



ヤッぺ法について


若い方で望まない妊娠をした場合、産婦人科へ行くケースもあげられますが、費用が高額となるので、避妊薬の使用が多くなっています。

また、一般的な緊急避妊方法としてアイピルのほかに、もう一つ「ヤッぺ法」というものがあります。

ヤッぺ法については1974年にカナダの婦人科医であるアルバート・ヤッぺさんが発表した避妊法で、ヤッぺ法は重用量ピルといい、「卵胞ホルモンと黄体ホルモン」の成分を含むピルを内服することで緊急避妊を試みる方法です。

日本でも実際に行われていた避妊法ですが、その効果はアフターピルと比べると低いです。

避妊をしなかった場合の性行為から24時間以内に服用すると77%、また、48時間以内だと36%という数値がでています。

性行為後の早い服用が大事ですが、服用してから3週間以内もしくは生理予定日を1週間を過ぎても生理がこない場合には妊娠検査薬で確認しなければりません。


ヤッぺ法の副作用


ヤッぺ法の副作用で多いのが嘔気と言われています。また、それ以外でも下腹部痛や頭痛、だるさ、下痢などがあります。


ヤッぺ法とアフターピルの違い


ヤッぺ法とアフターピルの違いについて大きいのは前述したように、避妊率になります。

アフターピルであるアイピルは24時間以内の服用で95%と高い防止率があるのに対して、ヤッぺ法では77%の防止率になっています。

また、防止率を除いてもアフターピルはヤッぺ法に比べ副作用が出る確率も低いことが違いとしてあります。

副作用として起こる嘔気、下腹部痛、頭痛などヤッぺ法よりもアフターピルのほうが低く、副作用対策でもアイピルのほうが安心して使用することができます。

嘔吐してしまえばせっかく服用しても十分な効果を得られないことから、今ではヤッぺ法よりもアフターピルの使用が主流といえるでしょう。

また服用方法としても、アフターピルは1回で済みますが、ヤッぺ法では2錠を2回も服用しなければなりません。

副作用を考えてもヤッぺ法は人によってとても苦痛なものでもあるでしょう。

ヤッぺ法よりアフターピルの使用が高くヤッぺ法を行う病院はまれですが、今でもヤッぺ法は行われています。


ヤッぺ法のメリット


ヤッぺ法は副作用を起こす確率も高く、効能もアフターピルと比べても劣りますが、唯一のメリットとして価格の安さがあります。



まとめ


ここまでアフターピルやヤッぺ法についての効能や注意点、通販での購入を中心にご紹介してきました。

結論としてはご紹介してきた通り、アフターピルの購入については国内での購入より、通販での購入のほうが安価で手間なく購入できるのでいいと思います。

まだまだ海外の医薬品だから色々と心配というあなた、アイピルなど様々な海外医薬品を個人輸入代行している三越屋は長年の実績と信頼があります。

また、正規に海外医薬品を取り扱いしているサイトになります。

誰でも望まない妊娠はしたくありません。

万が一の時の予備のため、またもしそういった状況に陥った時のために手元に置いておきたいものですね。

もっと読む