健康ひろば

運動や食事制限しても実は痩せない!? オベリットで気軽に肥満を解消しよう!!

運動や食事制限しても実は痩せない!? オベリットで気軽に肥満を解消しよう!!

ダイエットは、「全然痩せない」「食事制限がつらい」などといった言葉をよく耳にします。

そこで注目してほしいのが「オベリット」です。

今回は、オベリットはどのようなく薬なのかご紹介します。

オベリットは、脂肪吸収抑制剤で体内に脂肪が吸収されるのを防ぐ働きがあります。

どうして肥満になってしまうのか、肥満により発症しやすい病気からオベリットのメリットや体験談について解説します。

特にダイエットに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


<目次>

1.そもそも肥満とは?

2.肥満が関係する病気とは?

3.肥満が原因の病気になったらどうすればいい?

4.肥満解消に効果的な「オベリット」とは?

5.オベリットを服用するメリット

6.オベリットの効果は本当?服用した体験談

7.個人輸入が難しい場合は個人輸入代サービスの利用がおすすめ

8.まとめ



1.そもそも肥満とは?


比較的肥満な人が少ない地域であったアジア圏でも、近年では肥満が急増しているため問題視されています。

日本では、成人の肥満割合は約30%以上と多く、以前に比べて増加傾向にあります。

そのため、日本肥満学会では肥満症の診断基準を見直し、「BMI25以上」であることやウエストが「男性:85cm以上・女性:90cm以上である基準は変えず、BMI35以上の方は高度肥満と定義しました。

BMIとは、体格指数を示し、「体重(kg÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。



<どうして肥満になるのか>


「あまり食べていないのに太る」といった方もいれば、「人より食欲旺盛なのに全く太らない」といった方もいます。

人によって、肥満になりやすい・なりにくいという体質があり、太りやすい体質の方は「脂肪細胞が多い」可能性があります。

自分が太りやすい体質なのかは、思春期の頃を思い出してみましょう。思春期ごろまでに太った経験がある方は、脂肪細胞が多く太りやすい体質になります。

脂肪細胞の中でも、余分なエネルギーを脂肪として蓄える「白色脂肪細胞」が、肥大化しすぎることで肥満になります。

実は、この脂肪細胞は一度増えてしまうと基本的に一生減りません。

そのため、同じ量・同じ運動をしていたとしても、肥満になるかどうかはその人の脂肪細胞の数に左右されるということになります。


2.肥満が関係する病気とは?


肥満によって、さまざまな病気が引き起こされることは、ご存知の方も多いでしょう。

そこで、日本肥満学会によって示される、肥満によってどのような病気になりやすいのか、主な病気をご紹介します。


<脂肪肝>


脂肪肝は、非アルコール性脂肪性肝炎といい、その名の通りアルコールを飲まないのにも関わらず、肝臓に脂肪がついた状態をいいます。

脂肪肝を放っておくと、肝硬変や肝がんになってしまうこともあります。

自覚症状がないため、脂肪肝であることに気づきにくいのが特徴です。肥満を解消し蓄積された脂肪をなくすことが大切になります。


<がん>


肥満になることで、大腸がんや乳がん、胆道がん、子宮内膜がんが発症しやすくなるといわれています。

肥満にならないよう予防することで発症リスクを軽減できるとされ、予防法や治療の一環として減量も含まれています。


<肥満関連腎臓病>


肥満によって、尿にたんぱくが出て腎障害が起きることが近年わかってきました。

病状が進行してしまうと、末期の腎不全へ侵攻してしまう可能性のある病気です。

この肥満関連腎臓病には、内臓脂肪が大きく関係し、脂肪肝と併発するケースも少なくありません。



3.肥満が原因の病気になったらどうすればいい?


基本的に肥満が原因とされる病気になった場合、まず肥満の解消が治療として求められます。

薬と併用したとしても、これまでの生活習慣を見直し適切な食習慣の改善と運動を行い、肥満状態から脱却するしかありません。

しかし、簡単に脱却できないので悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そこで注目してほしいのが、「オベリット」です。



4.肥満解消に効果的な「オベリット」とは?


オベリットとは、体の脂肪吸収を抑えそのまま排出するよう促す肥満治療薬であり、「ゼニカル」のジェネリック品です。

主にダイエット効果が期待できますが、肥満による糖尿病といった生活習慣病の予防も期待できる医薬品になります。

そこで、オベリットとはどんな医薬品なのかご紹介します。


<オベリットに含まれる成分>


オベリットはゼニカルのジェネリック品であり、含まれる主成分も「オーリスタット」です。

日本では、肥満への治療薬として美容整形を専門としたクリニックで「ゼニカル」が処方されることが多いです。

ゼニカルの主成分は「オーリスタット」で、オーリスタットは、体内に入れた食べ物に含まれる脂肪分を、吸収分解しないよう働きかけます。

そのため、食べ物の脂肪分は分解されずに体外へそのまま排出されるのです。

その結果、必然的に吸収されるカロリーは減り、今までと同じ量を食べたとしても太りにくくなることが期待されています。



<オベリットとゼニカルの違い>


同じオーリスタットを主成分とする「オベリットと「ゼニカルの違いは、どこにあるのでしょうか。

オベリットとゼニカルの違いは、大きく分けて「オーリスタットの含有量」と「入手方法」にあります。

オベリットに含まれるオーリスタットの量は、ゼニカルに比べて半分程度の量になります。

ゼニカルでは強すぎて体調を崩してしまう方でも、できるだけ安全に服用することが可能です。

また、ゼニカルは処方薬ですが、一般的な内科では処方されにくい薬です。

肥満に悩み、美容クリニックなどを訪れた方に処方されることが多いゼニカルに比べ、オベリットは日本ではまだ未発売の医薬品になります。

そのため、輸入をしなくては手に入りません。


5.オベリットを服用するメリット


輸入してまでオベリットを服用する主なメリットは、主に以下の3つです。


弱い効き目から試せる

美容クリニックに行かなくても手に入る

無理な食事制限する必要がないため続けられる


それぞれ解説しましょう。


<弱い効き目から試せる>


初めて脂肪吸収抑制剤を使う方は、その薬によってどのような反応をするのか未知数です。

オベリットやゼニカルは吸収しなかった脂肪分をそのまま排出させるため、中にはお腹がゆるくなったという方もいます。

効果が低めのオベリットから試せるのも魅力といえます。


<美容クリニックに行かなくても手に入る>


ゼニカルの難点は医薬品であるとともに、取り扱っている病院やクリニックが限られている点にあります。

しかし、オベリットは個人輸入で手に入るため、自宅にいながら自分のタイミングで手に入れることが可能です。

病院の診察や処方せん代といったコストもかかりません。


<無理な食事制限する必要がないため続けられる>


ダイエットが続かない原因の一つに、食事制限があります。

好きな物を食べられないというのは、どんな方でも苦痛に感じやすいものです。

その結果、ついスイーツや油の多い物を食べてしまった経験がある方は多いでしょう。

オベリットを服用することで脂肪の吸収が抑えられ、摂取カロリーも少なくなるため、普段の食生活を崩さずに済みます。

もちろん、過剰に食べすぎていた方はある程度の食事制限が必要ですが、それでもオベリットは強い味方になってくれるでしょう。



6.オベリットの効果は本当?服用した体験談


ダイエットにいいとされる食品や薬はたくさんあります。

しかし、すべてのものが本当にダイエットに効果が期待できるのかといえば、そうではありません。

そこで、実際にオベリットを服用した方の体験談をご紹介します。


食べ過ぎてしまった後も体重の変化がほとんどない


20代女性

ダイエット中でもたまに食べすぎてしまうことがあって罪悪感でいっぱいだったけど、オベリットを使ったら体重の変化がほとんどなくてびっくりした


毎日飲まずに必要なときだけ飲むようにしています


30代女性

焼肉とか揚げ物とか、あぶらっこい食事をとるときに飲んでます。

そのおかげか、そこまで食事制限にこだわらなくても、現状維持できてます!


体重は減るが・・・


30代男性

飲み会も多く、社会に出るとダイエットがしにくい環境でみるみる体が丸くなった。

オリペットを飲み始めてから確かに体重は減少。だが、油がそのまま出てくるので、下着が汚れることも。


オベリットだけではなくゼニカルなど脂肪吸収抑制剤の多くは、副作用として脂肪性便や排便回数の増加などといったものが挙げられます。

個人によって副作用が全くない方もいれば、強く出てしまう方もいるため、様子を見ながら服用しましょう。



7.個人輸入が難しい場合は個人輸入代サービスの利用がおすすめ


オベリットは、先述したように日本の病院や薬局では手に入りません。

個人で輸入をして手に入れる方法がありますが、輸入に不安を感じる場合は個人輸入代行サービスを利用しましょう。

個人輸入代行サービスは、オベリットの購入から自宅到着までをすべて行ってくれます。

商品未着など輸入時に発生した問題にも対応しているので、注文後は他のネットショッピング同様に自宅に商品が届くのを待つだけです。

次の個人輸入代行サービスでは、オベリットも販売しています。



8.まとめ


肥満を解消するためには、食生活の改善や制限、運動が必要です。

しかし、「どんなに頑張っても痩せない」「食べていないのに太る」といった方は、オベリットの服用を検討してみましょう。

オベリットとは、脂肪吸収抑制剤でありゼニカルのジェネリック品です。

脂肪の吸収を抑えそのまま排出するため、摂取カロリーを抑えることができます。

日本ではまだ発売されていないこともあり、輸入するしか入手方法がありません。

もし、個人輸入に不安を感じる方は、個人輸入代行サービスの活用がおすすめです。

ただし、脂肪吸収抑制剤は、体内に取り入れた油を分解せずにそのまま排出します。

そのため、意図せず下着が汚れてしまう、軟便になるなどといった副作用もあるため、よく検討した上でぜひ肥満脱却のため服用してみてください。

もっと読む